6畳にベッドを2つ置くと余裕がある?ない?

6畳にベッドを2つ置くと余裕がある?ない?

ショップにどんなワードでお客様がいらしているのか、ショップマスターとしては常に気がかりなんですが、最近多くなっているのが「6畳 ベッド2台」「ベッド シングル2台」「夫婦のベッド 2台並べる」など、「2台 連結ベッド」「ベッドふたつ」というキーワードです。

実際にショップではシングル2台のお買い上げが増えています。また、お客様相談サイトを見てみると、ダブルがいいでしょうかシングル2台がいいでしょうか、とのご相談も多いですね。

結論を言えば、ダブルベッドよりクイーンベッド、クイーンにするならいっそのことベッド2台が絶対いい!

一度ダブルで寝ていた奥様もベッド2台にして、やっぱり2台ベッドがいい!と言われる方が大多数です。
なぜ2台ベッドがいいのかについては「新婚さんのベッド」「ベッドを組み合わせて家族べ寝る」をご覧ください。
ここではベッドを2台並べるとこうなります、と言うことで、ベッドサイズと余裕スペースについて確認してください。

6畳でベッドを2つにするシミュレーション

6畳にベッドを二つ置く
ご夫婦の寝室の多くは6畳か8畳かと思います。
6畳は360㎝×270㎝、8畳は360㎝×360㎝です。2台ベッドですから6畳でも8畳でも360㎝の壁にベッドのヘッドを着けることになります。実際の部屋は江戸間、京間、団地サイズなどで360×270になっているとは家具りません。基準として360×270で寸法を出しています。

ベッドの長さは棚付きヘッドボードのレギュラーサイズマットレス仕様の215㎝とします。
ベッドの長さの215㎝はセミシングルからキングまで、同じ長さです。

まずはベッド幅の寸法です。
・セミシングルベッド 85㎝
・シングルベッド 100㎝
・セミダブルベッド 120㎝
・ダブルベッド 140㎝
・クイーンベッド 160㎝
・キングベッド 180㎝

日本のベッドの場合です、外国ではまた別のサイズになります。

ベッドふたつによくある2台並べの幅
・セミシングルふたつ 170㎝
・シングルベッドふたつ 200㎝
・シングルとセミダブルのベッドふたつ 220㎝
・セミダブルベッドふたつ 240㎝
・ダブルベッドふたつ280

数字だけ聞いても部屋でどうなるのかピンときませんね。イラストにしました。これならわかりやすいでしょ!
6畳にベッドを二つ置くとき余裕はあるのか、どれくらいの空きになるのか、そこに家具は置く余裕があるのか、セミシングル2台の場合からダブルベッド2台まで連結2台ベッド、ツインにした場合などを寸法入りイラストで解説します。

6畳にセミシングルベッドふたつ

6畳にベッド2台、セミシングルの場合
一台のベッド幅85㎝のセミシングルベッド2台です。セミシングル二つで170㎝。360㎝の壁に付けるとベッドの両脇に95㎝の空きスペース。これならベッドを窓に少し寄せて右の壁に家具を置いても余裕。ちなみに家具の奥行幅はほぼ45㎝です。

セミシングル?狭いんじゃない?と思われるかも知れませんが85㎝幅2台の170㎝はクイーンベッドより大きくてキングサイズベッドより10㎝狭いだけの大きなベッドです。85㎝はあまり余裕がなさそうなイメージですが、二つ合わせるとベッド単独では使えないでいたベッドの横辺のスペースが二つ合体することになりますのでベッドの中央に2台合わせておよそ30㎝の有効スペースが生まれ、ベッド全体でクイーンベッドより広いスペースが使えるようになります。
6畳にベッド二つのメリット

どのベッドの場合も同じです。ベッド1台で使えなかったベッドのヘリが、2台合わせると有効スペースに変わる、これがベッド二つがゆったりできる秘密でもあります。お相撲さん体型のご夫婦には少し窮屈かも知れませんが、普通体型、痩せ型体型のお二人ならセミシングルでもオーライなんです。クイーンサイズより10㎝広いんですから!

セミシングルベッド二つは何の心配もない2台ベッドです。

6畳にシングルベッド二つ連結

6畳にベッド二つ、シングルベッドの場合
シングルベッド二つの場合はシングルベッドの幅が100㎝になりますので2台で200 ㎝、 キングサイズベッドより大きいベッドになります。6畳の部屋の360㎝の壁にヘッドを合わせるとベッドの両脇に80㎝の空きスペースができることになります。

上のセミシングルの場合と同じように45㎝幅(奥行き)の家具を置いてもまだ両脇に余裕はあります

夫婦のベッドを2台にしたとおっしゃる奥様たちのおすすめはシングルベッド2台が圧倒的に多いです 一人100㎝の幅はゆっくり眠るのに十分な広さ ひとつのベッドで困っていたベッドが揺れる、寝返りしにくいということもなくそれぞれ自分の好みの寝具が使えるのも嬉しいとのことです。

空きスペースを多く取るのにセミシングルベッドふたつでもよろしいのですが、セミシングルに合うベッドシーツやパッド、カバーなどの種類が少なく手に入れにくいということがあるようです、シングルベッドのシーツやパッドは多くの寝具店やホームセンターアなどで販売されており、色柄・種類も多いのでシングルベッドの方が良いとのご意見が多数です

シングルベッド二つが6畳にも余裕、2台のベッドの両脇におよそ80㎝のスペースです。

シングルベッド二つでも部屋が広く使える

6畳にベッド二つ、シングルベッドの場合
オーソドックスはレイアウトで、部屋の中央にベッド二つを置くパターンで進めていますが、寝室に家具を置く場合はベッドを中央に置くとどこも50㎝ぐらいのスペースしかない、なんだかせまいなあ、という印象の部屋になります。狭さを感じるのがイヤなときはベッド2台を窓に寄せましょう。

センター配置では左右のベッドのどこからでもベッドに入る、ベッドから出ることができます。シーツの取り換えやベッドメイクも何の不都合もないのですが、窓に寄せる配置では入り口のドアからベッドまで広いスペースが作れる反面、片方に寄せると片方の(この場合窓側)ベッドサイドが空きのない配置になります。ベッドに入る、出る、シーツの取り換え作業もやりにくくなります。

支障なく動けるにはベッドサイドに50㎝の幅が必要です。窓際にギリギリ動ける30㎝のスペースをあけることにしますか?奥様との相談が必要になりますね。

6畳にシングルのツインを置くとすると

6畳にベッド二つ、シングルベッドツインの場合
6畳の寝室にシングルベッド2台を置くパターンでツインにする場合もあります。50㎝幅のサイドテーブルをベッドで挟むとしてベッド全体の幅は250㎝です。6畳の360㎝の壁に250㎝だとベッドの両脇はほぼ50㎝の空きスペース。ベッドのセンター配置では6畳には家具は置けません。

ツインでベッドを窓側に寄せれば入り口からベッドまでに家具も置ける100㎝あまりのスペースが作れます。ツインですから窓際でベッドサイドにあきのない左のベッドも左右のベッドとベッドの間からベッドへの出入りができます。

シングルサイズ二つのベッドを置きたい、家具も置きたいというとき、ベッドに入る、ベッドから出る動きが制限されることもなく、メンテナンスの面でもそれぞれのベッドの横からベッド直し、シーツの取り換えができるツインの窓寄せ配置が奥様のお仕事がラクになります。

6畳にベッド2台、シングルのツイン

8畳部屋でしたらベッドのフットから手前に145㎝のスペースがありますから家具を置けます。ベッド二つ置くだけなら6畳でもノープロブレムですが家具を置くとなると工夫が必要になりますね。

6畳にシングルとセミダブルベッド二つ

6畳にセミダブルベッド二つの場合の余裕は
シングルベッドは100㎝幅、セミダブルベッドは120㎝で、二つで220㎝です。
旦那様が大柄な体格でこの組み合わせにされるご夫婦が多いようです。シングル二つに次いでお買い求めの多いのがシングルとセミダブルの組み合わせです。360㎝の壁に220㎝のベッドを着けるとベッドの両脇にはそれぞれ70㎝のあきスペースですね。

収納家具は置けますが置く場所によって収納が使いにくい場合もありそうです。というのも、収納家具ですから引き出しを開けての出し入れが必要になります。収納家具と同じ幅の40㎝ぐらいは出し入れの作業に必要ですね。ということは、収納家具と引き出しの出し入れスペースでおよそ100㎝占めることになりますので家具の配置をよく考えて置く位置を変えてください。

この場合も8畳部屋でしたらベッドのフットから手前に145㎝のスペースがありますから家具を置けますのでベッドの横に家具を置かなくてもいいことになります。6畳寝室にも家具を置きたい場合はシングルベッド2台かセミシングル2台が窮屈にならなくておすすめです。

6畳にセミダブルベッド二つ

6畳にセミダブルベッド二つの場合の余裕
360㎝の壁にセミダブルベッド二つの240㎝。ベッドを部屋の中央に置けばベッド左右の60㎝ずつのスペース、窓際に寄せれば家具を置けるスペースになる120㎝の広さが空きます。中央か窓寄せ配置かはベッドルームに家具を置く必要があるかないかによりますね。

セミシングル譜たち並べた広さの240㎝ベッドのセンター配置では左右のベッドのどこからでもベッドに入る、ベッドからで出ることができます。シーツの取り換えやベッドメイクも何の不都合もないのですが、セミダブル2台、ダブルとシングル二つでの240㎝になるとベッド横に収納家具は置けても出し入れができないことになります。この場合はベッド2台を窓寄せにしてください。

片方に寄せると片方、この場合窓側のベッドサイドが空きのない配置になります。ベッドに入る、出る、シーツの取り換え作業も右のベッドからまたはベッドの足元からと言うことになりますが。どうしてもほかの部屋に置けない家具があるなら窓寄せレイアウトでお考えください。

セミダブル二つと家具も置ける片寄せレイアウト

窓寄せ配置にすればセミダブルベッド二つの240㎝の大きなベッドでも6畳に家具が置ける余裕ができます。

ベッド二つの幅が240㎝以上になると家具をどうするかがポイントなんですね。
ひとつのご提案はベッドをヘッドレス(ヘッドボードのないベッド)かパネルボードのコンパクトなベッドにすること。

通常のベッドの長さは215㎝。ヘッドレスベッドだとほぼマットレスの長さの195㎝。パネルボードのベッドだと200㎝です。ベッドの足元に20㎝~25㎝のスペースが増やせます。上の図で足元の55㎝が80㎝になったら使い勝手のいい6畳になります。薄型収納家具が置ける、引き出しの出し入れもできるようになります。

8畳寝室ならベッドの横の寸法は同じで変わりませんが、足元に360㎝×145㎝のスペースがありますので家具も十分置ける広さです。
6畳は360㎝×270㎝、8畳は360㎝×360㎝です。下の左の図の6畳のベッドの足元に90㎝×360㎝のスペース(右の図の茶色い部分)が加わりますので家具を置くにも十分なスペースです。

6畳にダブルベッド二つの場合

6畳にダブルベッド二つの場合の余裕
ダブルベッドは140㎝幅ですから二つで280㎝。360㎝の壁にヘッドを着けてセンター配置にするとベッドサイドにはそれぞれ40㎝の空きスペース。ベッドサイドに収納家具は無理ですね。6畳の場合ベッドのフット方手前の壁までは55㎝です。家具の奥行はほぼ45㎝ですからここに家具を置くとベランダへに通路スペースがなくなっちゃいます。6畳寝室に家具は置かないプランでしたらダブルベッド二つの幅の280㎝も少し余裕で置けます。

両脇40㎝のあきはベッドに入る、ベッドからで出る、シーツの取り換えやベッドメイクもできるぐらいの余裕です。

6畳と8畳の広さはここが違う!

6畳と8畳の日理沙の違い、二つベッド配置
8畳ならベッドのフットから手前の壁に145㎝のスペースが・・と書いているのはこういうことなんです。上が6畳の部屋の配置例、下が8畳の配置例です。6畳だとベッド横に置くしかなかった家具類がみんなベッドの反対側も壁に寄せておくことができます。この配置でもベッドと家具の間にはおよそ100㎝のスペースが空いています。

下の簡略な図で説明すると、左が6畳にシングル2台の場合、右が8畳にシングル2台の場合です。
横360㎝は6畳も8畳も同じですが縦の寸法が6畳は270㎝、8畳は360㎝になります。
テレビ、ドレッサー、チェストを置いて、ほかの家具はどうしようかという場合に、6畳はほとんど余裕がないですね。
8畳はベッドのフット側に90㎝×360㎝のスペースがあります。ほかの家具を置けるスペースとしては充分な広さです。

6畳にベッド2台のレイアウト

もしも5人家族で280㎝~300㎝のファミリーベッドにしたら、6畳も8畳もベッドの横に家具を置くのは無理でしょう。6畳の部屋はベッド2台だけになります。280㎝~300㎝のベッドでも8畳なら家具はベッドのフット側にまとめて置けます。

参考図ではドアを内開きにしています。室内にドアを開けるスペースを考慮しなければならない場合の参考です。外開きドアでしたらドアスペースがいらないのでめいっぱい広く使えますね。ドアが内開きか外開きかで使い買ってが変わります。これから部屋を借りる、新築する場合は、ドアは外開きが何かと好都合です。

6畳に二つのベッド、どんなベッドがあるかご参考にご覧ください。画像リンクになっています。
6畳にベッド二つ、おすすめのベッド
2台並べにおすすめのベッドを見る

おすすめ関連記事「子供が増えても迷わないベッドの組み合わせ