通販ベッド組み立てのポイント

住まいのお役立ち情報

通販のベッドは完成品でのお届けではなく、お客様で組み立てていただくものがほとんどです。
ベッドにより10個前後のネジで簡単に組み立てができるベッドややや複雑な構造で1時間以上かかるベッドもあります。

でも必要なパーツ、必要なネジはそろっていますので組み立て説明書をよく見て順番にやっていけば出来上がります。なんてこった・・・になるのは急ぎすぎるからなんです。

ヘッド部のパーツとネジ、サイド部のパーツとネジ、フット部のパーツとネジで分けて順番に進めてください。

プラスドライバー、マイナスドライバー、六角レンチのいずれかを使用します。六角レンチは特殊なので必要に応じ同梱されていますがプラスドライバー、マイナスドライバーは自前で用意しておく必要があります。

通販のベッドはお客様での組み立てがほとんどです。

通販でお届けするベッドはパーツでの梱包で発送、お客様の組み立てになります。
簡単な構造、シンプルなベッドはパーツも少なく、組み立ても簡単です。

多少パーツの多いベッドもネジの位置には下穴が開けられていますので初心者でも組み立てやすくなっています。
DIYの経験者はお分かりだと思いますが、椅子や箱など作るときはネジの位置にドリルで下穴を開けといてネジを締めます。下穴がないとネジが入りにくい、斜めになる、板が割れるなど面倒なことになりやすいですよね。

フロアベッドやステーションベッド、収納ベッドでヘッドボード付きの場合、ヘッドボードは組み立て済のベッドとヘッドボードもパーツで届く場合があります。ヘッドボードが簡単な構造でしたら短時間で済みますが、意外と時間がかかったりします。

ベッド本体のフレームではヘッドレスのすのこベッド、フロアベッドがあまり時間がかからないでしょう。
脚付きでヘッドボード付きの高床ローベッド、ステーションベッド引き出し付き収納ベッドは思ったより時間がかかるかも知れません。

組み立てが簡単なベッドとしてはチェストベッドがあります

チェストベッドはローチェストをベッドに組み込む収納ベッドです。
ローチェストは工場組み立て済み、ヘッドボードも組み立て済みがほとんどで、サイドフレームとフットフレームをチェストとヘッドボードに取り付けるだけ。電動ドライバーがあれば女子でも30分もあれば完成します。

ただ、完成品のローチェストですから大きくて重いです。組み立てが終わって予定の位置に動かすのは女子一人では無理・・ですね。

チェストベッドなら組み立て設置付きベッドもおすすめ

「組み立て設置付きベッド」というのはどのベッドでも追加料金で組み立ててくれるということではなく、チェストベッドのような組み立てが簡単なベッドに限定されます。

搬入、開梱、組み立て、配置、梱包ごみの持ち帰りまでやってくれますがどのベッドでもこのサービスが利用できるというわけではありません。あくまで30分ぐらいで搬入・組み立て・撤収ができるベッドが対象です。

通常の送料プラス5000円~8000円の追加料金になるようですが組み立てそのものは簡単なんです。通常ですと梱包家具の受け渡しは玄関口まで。「組み立て設置付きベッド」の場合は玄関から寝室までの移動、開梱、組み立て終了後梱包ごみの持ち帰りまでやります。

お任せでの料金なら5000円~8000円出していいです、というかたは「組み立て設置付きベッド」の利用もアリですね。

組み立てには電動ドライバーとビットセットがあったほうがいい

後程詳しく書きますが、ベッドの組み立てには多くのネジを使います。手でネジを締めていたら時間がかかるし手首が壊れそうになります。高性能な電動ドライバーでなくていいです、一番安い電動ドライバーでいいです。

また、ネジがプラス、マイナスの場合があり、六角レンチのこともあります。
一番安い電動ドライバーと取り換えビットをご用意ください。
取り換えビットはドライバーにセットになっている場合があります。

例えばこんなの。たいていはこれで間に合います。安いですね。

この場合六角レンチのビットがありませんが、六角レンチを使う場合は必要なサイズの六角レンチがネジと一緒にセットについているはずです(手回しになります)。六角レンチを使う箇所が多いようでしたらドライバー用六角レンチビットセットが販売されています。

低価格のドライバーセットはほかの収納家具、ラックやカラーボックスなど買い足した場合などにも使えますので無駄にならない必需品です。

ベッドの組み立ての基本

ベッドの組み立てはベッドによってかかる時間も違ってきますし一人では組み立てられないということもあります。

特に脚付きベッドは人の体重をベッドが受け止めますのでフレームの接続、固定箇所が多くなります。また組み立て途中で表裏を変えなければならないことがあります。組み立て途中でしっかり固定しきれてないところに大きな重いフレームを一人で動かすのは大変です。

基本的に二人で組み立てて簡単なベッドで30~40分
やや複雑なベッドでおよそ1時間~1時間半が目途かと思います。

男子の場合はいくらか慣れているかもしれませんが、女子は電動ドライバーなんで使ったことがないでしょうからもう少し時間がかかるかもしれません。

暇そうな男子をブッキングしといてください。

ベッドを組み立てる手順

ベッドが届いて梱包を解いたら配置予定の場所で組み立てましょう。
ベッドの頭側に使うパーツ、サイドに使うパーツ、フットに使いパーツに分けてネジの種類を確認します。
コーナー金具と連結金具、ネジは一種類だけというベッドもあれば、コーナー金具と連結金具、ネジが4種類というベッドもあります。

あるベッドの説明書の例です。ネジが7種あります。
ちょっと面倒ですがそれぞれどの場所で使うのか組み立て説明書で確認しておけば、完成間近になってあら?ネジが足りない、とかネジが余ってる、なんてことになりません。

取扱説明書を読む

早く済ませたいと、早呑み込みして組み立て始めるとネジが足りないとか、別のパーツを取り付けてしまったとかの事態になりやすいです。取扱説明書を読んで、ヘッドに使うパーツとネジ、サイドに使いパーツとネジ、フットに使うパーツとネジを確認、これが肝心です。

すべて同じネジなら問題ないですが、同じに見えるネジでも部分によって38ミリ、または45ミリの長さの違いがあったりします。ネジの頭が丸いネジ、平たいネジを使い分ける場合があります。

説明書をよく見てここではこのパーツとネジ、こっちではパーツとネジというのがわかったら取り掛かりましょう。

そうそう、ネジを締め始めたら、一つ一つきっちり締めるのではなく8分目ぐらい締めておき、あとで全ネジを締めていくのが基本。例えばヘッドボードの場合も8分目の締め具合で進めてヘッドボードが組み立て終わったら全部のネジを締めなおします。

カムロックって何?!

上のネジの図でを着けときました「カムロック」 というのがあります。
聞きなれない、使い慣れないと思いますのでカムロックについての解説です。

家具用カムロックは部材と部材を繋ぐ、組み合わせる場合の表からは見えない固定器具です。
金属板とネジだけの固定よりしっかりし、表裏もすっきり見栄え良くします。

固定部分にマットレスが接触するようなか所でネジや金具が浮いていたらマットレスを傷めますが、カムロックならその心配はありません。

家具用カムロックはボルトとナットのペアです。ボルトというほど大きくはないピンのパーツですが、片方ネジになっているものとピンの両側ともロックのヘッドになっているものがあります。このロックのヘッドにナットになるロック受けのカムを合わせて締めるということになります。

カムロックの使い方(片ネジ)図解。

ベッドや家具の場合、ネジで締める箇所には板に下穴が開いています。
・下穴に垂直にネジを回して止まる位置までねじ込んでください。(図1と2)
この場合直角にもう一枚の板を取り付けます。
もう一枚の板にも取り付け穴が加工してあります

ピンのついた板をもう一枚の板の穴に差し込みます(図3)

角が合うと横穴にピンの頭が見えます。
ここにカムロック受けを入れて右周りに回して締めます。


カムロックのナットの頭に▲のマーク、またはプラスのネジ頭の1辺が長くなっていると思います。この方向がロックピンを受ける空きになっています。

カムロック受けの開いた部分をロックピンのヘッドに向けて入れれば奥まで入ります。
入らないときは少し左右の廻してみてください。

この時点ではまだしまっていませんのでカムロックをドライバーで締めます。
90度~180度の範囲で回らなくなります。これで締め付けは完了です。

ベッドの組み立てのまとめ

ベッドの組み立てを無事終了にしたいときは急がないこと、あらあ、やり直さなくちゃ・・てなことになると意気消沈ですね。ベッドの右側と左側は同じことを同じパーツとネジで組み立てることになりますので手間はかかりません。

先に書きましたようにここにはこのパーツとネジ、ってことが分かるようにしておけば間違いなくスムーズに組み立てられます。説明書の字が小さいので確認するにも面倒です。必要なネジ番号など見やすい大きさで赤ペンで書き入れておけば確認もラクで間違えません。

休憩を挟んで2時間ぐらいで・・ぐらいのつもりで急がず慌てずやってみてください。

激安でコスパ最高のベッドをご覧になるならここから
ベッドショップCELLENA Yahoo店
タイトルとURLをコピーしました