ファミリーベッド、家族の人数とベッドサイズは?

2台並べるベッド

「ご夫婦の夢家族全員ひとつのベッドで」が叶います
二台のベッドを連結して家族一緒に寝るベッド
一人寝するまでの数年間、パパママ兄弟姉妹と一緒に並んで寝ることがお子さんの優しい人格形成につながりますね。

たかゆかすのこ連結ベッド

家族一つのベッド、200~280㎝ワイドのファミリーベッド

連結ベッド、ファミリーベッドはベッド2台をくっつけて一つのベッドとして使うベッドです。
一般的には二人用3人用にシングルベッド2台の連結、3人から4人用にセミダブルベッド2台の連結、4人から5人用にダブルベッド2台の連結サイズになっています。目安となるベッドの組み合わせ例とサイズは

お子様1人との3人家族にはシングルベッド2台の連結200㎝、
お子様2人との4人家族にセミダブルベッド2台の連結240㎝、
お子様3人との5人家族にダブルベッド2台の連結280㎝

シングル2台並べるのと、シングル2台の連結の違いは、単に2台並べるのと違って、連結ベッドは並べたベッドが離れないよう2台のベッドの脚またはフレームを固定します。
お子様が一緒の場合、一人寝ができる頃には連結を外して2台それぞれに分離して使えます。

連結ファミリーベッド、おもなベッドサイズ

一般にシングルに一人で寝るのは当たり前の広さですが シングルベッドに一人で寝るときはほとんど使わない休眠ゾーンがあるんです。
シングルベッドは100㎝幅、成人の肩幅はおよそ55~60㎝。寝がえりを見込んでもほぼ2/3しか使っていません。残り1/3のこのスペースが2台連結で活かされます。

ベッドサイズと人数の目安

ベッドの両端の休眠スペースを二つ足せば真ん中にお子様が寝るためのスペースが生まれます。

ベッドにより組み合わせが異なりますが通常200㎝、240vm、280㎝が基準になっています。

家族一つのベッドにあらかじめ2台連結できるよう設計されているのがファミリーベッドです。
ベッドのよりセミシングル2台の170㎝幅からありますが平均的には

シングル2台の200㎝、
セミダブル2台の240㎝、
ダブルベッド2台の280㎝が基準的なサイズになります。

一応の目安として

200㎝は3人家族のベッドに、
240㎝は4人家族のベッドに、
280㎝は5人家族のベッドにおすすめしています。
40㎝間隔になっていますがそれぞれの中間サイズの220㎝、260㎝もあります。

連結ファミリーベッド

240㎝ワイドは通常セミダブル2台になりますがベッドにより ダブル(140㎝)とシングル(100㎝)の組み合わせがあります。
ベッドによっては正確なフレーム外寸で表示している場合もあります、下一桁を四捨五入して概寸としてください。

どのサイズでも将来は1台ずつの2分割できます。お子様が成長し、子ども部屋に移るときベッドはどうするかも含めて、サイズをお決めください。また、必ずしも連結仕様のベッドではなく通常のベッドを並べてもいいのですが、並べただけでは少しずつベッドがずれる・離れることになりますので2台をくっつけて固定できるファミリーベッドがいちいち直す手間が省けます。

シングルベッドだけで揃えるのがやりやすい

親子5人のベッドとなると上の子が6歳前後と大きくなってダブルベッドでも5人は狭く感じるというご意見もあります。寝れないことはないがちょっと窮屈かもしれません。

ベッド2台をダブル路シングル、ダブルとセミシングルのようにサイズの違うベッドで並べると、近い将来お子さんが一人寝するときどうするかで困ることがあります。

今使っているベッドをいつでも子供部屋に移せるようシングルベッド3台にしておくのもいいかも。新婚当時から第一子まではシングル2台でOKです。

第二子が生まれて2歳になるころにはシングル2台では少し狭いかも。ここでシングルベッドをもう一台プラスして3台に。親子4人ゆったりの300㎝ワイドで第三子が生まれても大丈夫の広さ。このころは第一子も5歳6歳、近々一人で寝る!と言い出すころです。

個人的おすすめとしては第三子が生まれるまでシングル2台で第三子が生まれたら3台目のベッドは2段ベッドにするのもいいアイデアだと思います。子供たちだけで寝ることができるなら2段ベッドを子供部屋に移して上の二人は子供部屋で寝る。ご夫婦と一番下の子でシングル2台を使うってのはどうでしょうか。

子供二人が個別のベッドで寝たい年代になったら2段ベッドを分離してそれぞれのベッドで使えます。

連結ファミリーベッドタイプによるそれぞれの特徴

一般のベッドと同じように連結ベッドにも4脚ステーションベッドの連結、フロアベッドの連結、ローベッドの連結、すのこベッドの連結があります。

ベッドタイプによってそれぞれのメリット、デメリットがありますのでベッドタイプごとの使いやすさ、使いにくさを覚えておいてください。

フロアベッドの連結ベッドの特徴

構造が簡単で価格的に安上がりで人気なのがフロアベッドの連結ベッドです。単品2台のフロアベッドはフレームがマットレスの外になっているためマットレスがくっつけられません。

連結仕様のフロアベッドはセンターの邪魔になるサイドフレームをはずして連絡します。これで一つのベッドになり、マットレスも2枚も一つにくっつきます。

ご注意いただきたいのは、床板をフロアに置いてそこにマットレスを載せますので湿気拡散があまりできないこと。シングルサイズとの組み合わせで97㎝幅マットレスをセットにするとフレーム内に隙間が空くこと、簡単な造りなのでフレームが頑丈ではないことです。

詳しくは別記事をご覧ください。

フロアベッドのデメリットも教えてくれなきゃ!
ベッドにもいくつか種類がありますがベッドの中で一番売れているのはフロアベッドです。 まずは価格が安い、これが大きなポイントですね。 スタイリッシュなデザインのロースタイル、低い位置に寝る安心感と安定感、そして買いやすい価格帯で人気の...

ローベッドの連結ベッドの特徴

ローベッドはフロアベッドに似た低いベッドですが、マットレスを床に置かず、平均的に10㎝の高さの床板にマットレスを載せます。床板はフラットな床板の場合とすのこの場合があります。

おやすみになる方の重さを支える構造なのでグラグラすることはありません。
たいていは床上10㎝の高床すのこになりますので湿気の心配もありません。
マットレスとフレームはピッタリサイズで、ベッドの外側にフレームがはみ出ることにはなりません。

家族のベッドをフロアベッドにしようかな・・とお考えでしたら、ローベッドの連結ベッドも含めてお探しいただくのがおすすめです。

こちらの記事が参考になると思います

安いベッドはだめよ、とは言わせない、高床すのこローベッド!
安かろう、悪かろうというのは定説ですが、中には例外もあります。それがフロアベッドの弱点をなくした高床すのこのローベッド。フロアベッドのように低く、すのこベッドのような湿気拡散のすのこ床板とベッドの10㎝の空間。激安ですが高品質の高床すのこベッドです。

収納ベッドの連結ベッドの特徴

収納できるベッドのご家族向け連結ベッドは200㎝を超える大きなベッドの下が収納になるので部屋はすっきり片づけられるおすすめの連結ベッドです。

衣類やリネン、小物など、寝室にあるほうが便利なものは引き出しに収納で、半年着ない、使わないものは引き出しの反対側のフリー収納スペースに収納で来ます。なんだか知らないうちに溜まってくるあれこれは収納ケースに入れてベッド下へ、これで部屋はいつもすっきり!

ご注意いただきたいのは、抽斗は開け閉めするスペースが必要なこと。ベッドサイドに抽斗を引き出すスペースと収納を出し入れする人がかがむスペースが必要になります。

寝室が6畳でも8畳でもベッド2台の横はほぼほかの家具は置けないことになります。
ご参考記事はこちら

4人家族のベッド。連結240㎝ベッドと寝室レイアウト
親二人と子供一人の4人家族、一つのベッドで寝たいときベッドの広さはどれくらいが必要でしょうか、また寝室は6畳ですが8畳でなければ無理でしょうか。 ネットのご相談サイトにこんな質問・ご相談は多いですね。 もとも...

すのこステーションベッドの連結ベッドの特徴

ベッドの基本形、4脚がベッドフレームを支えるタイプです。ベッド下は床上20㎝ほどの空間です。マットレスを置く床板はほとんどの場合すのこになっていますので「すのこベッド」と呼ばれます。

立地や建物の構造で湿気の多い部屋でお使いの連結ベッドでしたらすのこベッドがおすすめです。2台の大きなベッド下は何もない空間で湿気拡散はこのベッドが一番です

あまり詰め込まないように気を付けて、ベッド下の空間を収納に利用することもできます。

デメリットになる要素がほとんどない、おしゃれなデザインの多いベッドです。

機能とコスパで、総合的にはローベッドの連結ベッド

ショップからのおすすめを参考にしていただけるなら、ベッドの高さが低いのでベッドから落ちても大事にはならない、湿気の心配がない、フレームがしっかりしてるという点でローベッドの連結ベッドがおすすめです。

収納ベッド、4脚すのこベッドより価格的に買いやすい価格帯で、フロアベッドとあまり変わらない価格からございます。それで湿気が安心の高床すのこでフレームもしっかりしてる。ローベッドタイプならファミリーベッドとしても期待を裏切ることはないです。

3人家族にはシングル2台連結の200㎝


シングル2台に3人は狭くないかな?と思いますか?

小学高学年になるまで一緒に寝るってことはないでしょうから、小学の低学年で一人寝ができる頃まではシングル2台の200cm幅で親子3人川の字でおやすみになれます。

お部屋の広さや家具の数も関係しますが、シングル2台連結なら6畳の広さでも大丈夫ですよ。
イメージとしてはかなりギチギチの感じがするかもしれませんが家具が多くなければ寝室としては充分です。
360cmの壁にベッドのヘッドを着けて部屋のセンター配置、窓際配置など支障なくレイアウトできます。

入口ドアから室内に入っても視界を遮る家具がないように、家具は入口の壁に寄せれば、余裕のある開放的な印象の6畳の寝室になります。窮屈な感じはしません。

現在お子さんが二人、または子供は二人欲しい!って時は初めの赤ちゃんができたとき240cmワイドか260cmワイドの連結ベッドをお考えください。

親子3人一緒に寝るシングルベッド2台200㎝幅!
親子3人のファミリーベッド200はシングルベッドを二つ連結したベッドです。シングルに一人だとほとんど使われないベッドのヘリ部分が二つ合わせるとお子様のスペースになって200㎝連結ベッドに親子3人は予想以上にゆったりです。

連結ファミリーベッド200cmを6畳の寝室に置く

6畳の部屋の基本サイズは360cm×270cmです
ただし実際には内寸法で、壁の厚さがありますから355×265cmぐらいになります。
ここで表示している寸法は便宜上360cm幅での概算です。

連結ファミリーベッド200㎝

無理なく動ける幅が確保できる200㎝

200cm連結ファミリーベッドの配置
6畳のセンター配置です。

壁に寄せることもできますが、ベッドへの出入りやシーツ取り換え、マットレスの風通しやローテーションの作業のことを考えるとベッドの両脇は空いているほうがいいです。

200センチですから真ん中に置いてもベッドの両脇に80cmずつのあきがあります。
お掃除もベッドケアもラクラクこなせる80cmのがあります。

壁際に収納家具を置いても余裕です。収納家具の幅(奥行き)はほぼ50cmです。
ベッドを窓側にもう少し寄せて家具を置いても余裕のスペースおよそ50cmのあきが確保できます。
連結ベッド200cm幅、シングルベッド2台の幅は6畳でも余裕のレイアウトになります。

6畳部屋に200cm連結ベッドを置くと、
・6畳のセンターに配置するとして、ベッドの両サイドに80cmのあき。
 掃除、ベッドメイクもラクラクの広さが確保できる。
・収納家具を一つ置くとしてベッド両サイドにはおよそ50cmのあき。

4人家族にはセミダブル2台連結の240㎝

4人家族の連結ファミリーベッド240cm

連結ファミリーベッド

ファミリーベッド240㎝、収納タイプのイメージ

連結ベッドの中で200cm幅に次いでお買い上げが多い連結サイズの240cm。
ゆったり3人家族で、平均的に家族4人で眠るベッドとしておすすめしています。
連結パターンはセミシングルベッド(120cm)2台の連結か、シングルベッド100cm+ダブルベッド140cmの連結になります。
240cm幅の連結ベッドで、セミダブルの120cmは大人一人80cmとして空きスペースは40cm。セミダブル2台あわせると80cmものスペースができます。小さいお子様二人真ん中で両脇にパパとママ、ちょうどいいです。

240cmに連結の場合、セミダブル2台か、シングルとダブルの連結になるのかはベッド種類によって異なります。
使いやすいのはセミダブル2台のようです。お子様が一人寝するようになったら2台に分離して子供にシンブルベッドを、夫婦はダブルのベッドを使おうとお考えでしたらダブルとシングルの連結をお探しください。

少し余裕を持って260cmにすることも視野に入れて、連結240cmと連結260cmのベッドでご検討いただくのがよろしいかと思います。

4人家族のベッド。連結240㎝ベッドと寝室レイアウト
親二人と子供一人の4人家族、一つのベッドで寝たいときベッドの広さはどれくらいが必要でしょうか、また寝室は6畳ですが8畳でなければ無理でしょうか。 ネットのご相談サイトにこんな質問・ご相談は多いですね。 もとも...

連結ファミリーベッド240cmを6畳の寝室に置く

連結ファミリーベッド240㎝は6畳も余裕です

連結ファミリーベッド240㎝は6畳には余裕です

240cm幅の連結ベッド、ゆったり3人家族のファミリーベッド、少し狭くなりますが4人家族でもいけます。

家具を置かない専用寝室では240cmベッドも余裕です。ベッドの両脇には60cmのあき!
通常50cmは空けたほうがいいと言いますので60cmのあきはベッドへの出入りやシーツ取り換え、マットレスの風通しやローテーションの作業もラクにできます。

家具がなければ余裕と書きましたが、お子様の着替えなど何かと収納家具は寝室にあったほうがいいときは収納機能のある連結ベッドがあります。
ベッド下に収納できるベッドは引き出し付き収納ベッドとチェストベッドがあります。

引き出し付き収納ベッドはタンス式引き出しとは違いますが通常の使用状態では普通の引き出しとして使えます。また、引き出しの反対側はフリー収納スペースで、かさばる物箱物などが収納できます。

240cmのベッドを6畳に置くなら、8畳でも360ですから10畳より狭い部屋なら収納ベッド、チェストベッドの連結ベッドがいいですよ。

6畳部屋に240cm連結ベッドを配置すると、
・6畳のセンターに配置するとして、ベッドの両サイドは60cmのあき。
 掃除、ベッドメイクも支障のない広さが確保できる。
・収納家具を一つ置くとベッド両サイドにはおよそ30cmのあき。
 家具を置くと両サイドのあきがかなり狭くなります
・収納家具を置くより収納付きベッド、収納可能なベッドにしたほうがいい。

4人家族におすすめの240㎝連結のファミリーベッド
4人家族の連結ベッド

5人家族に連結280cmのファミリーベッド。

連結ベッド最大級の280cmはダブルベッド2台の連結幅、
親子5人もちろん大丈夫です!

親子5人一つのベッドでしたらまず、280cm連結ベッドでご検討ください。
連結幅260cmのベッドでも5人寝れないことはないですがちょっと窮屈です。
5人ゆったりの連結最大幅300cmのベッドもございますが6畳の部屋、8畳の部屋でもベッド左右に余裕がなくなります。ベッドの両脇に移動できるスペースがなくていい場合はシングルベッド3台の連結300㎝も!

280㎝ベッド、気になるのが寝室の広さです。

5人家族には280cm連結ベッドですが、6畳、8畳とも部屋の横幅は260㎝です
360cmの6畳の部屋に入らないことはありません。ベッドの両側に計算上40cmのあきがあります。
50cmのあきが欲しいところですが、40cmならベッドメイクやシーツ取り換え作業、毎日のベッドへの出入りも窮屈ながらもできますね。

ですが6畳の部屋に280㎝の連結ベッドだと家具を置けるスペースはありません。
8畳だとベッド横に家具は置けませんがベッドの裾から壁まで90㎝の幅がありますので家具がここに置けます。

しょうがない布団にするか、と言うことになっても布団は3枚敷くことになり部屋に占める寝具の面積はほぼ同じです。
5人家族の連結ベッド280㎝、家具を置かないなら6畳でもセーフ!
家具を置くなら8畳の部屋、ってことになりますね。

連結ファミリーベッド280cmを6畳の寝室に置く

連結ファミリーベッド280cm

5人家族には連結ファミリーベッド280cm

5人家族には280cm連結ベッド、やっぱりこれでしょ!!

360cmの6畳の部屋に入らないことはありません。ベッドの両側に40cmのあきがあります。
50cmのあきが欲しいところですが40cmならベッドメイクやシーツ取り換え作業、毎日のベッドへの出入りに大きな支障はありません。ちょっと狭いけど・・・。
260cm連結ベッドと同じことになりますが、収納家具を置く余裕はありません。

部屋が8畳ならベッドから手前の壁までの55cmが145cmになりますので8畳部屋では家具を置いてもゆったりになります。寝室が6畳なら、家具は別の部屋に置いて、ベッドルームには家具を置かないことが必要です。

6畳部屋に280cm連結ベッドを配置すると
・6畳のセンターに配置するとして、ベッドの両サイドに40cmのあき。
 ベッドメイクもなんとかできる広さが確保できる。
 家具は無理。
・引き出しを開けるスペースがないから収納ベッドは置けない。

【お願い】
これらの連結ベッドはスプリングマットレスを乗せてご使用いただく事を前提に設計されております。
ご使用の際には必ずスプリング入りのマットレスでご利用ください。それ以外の方法でご使用頂いた場合、製品上重大な破損を及ぼす危険がございます。
というのも、お子様はベッドで遊ぶのが好きです。飛んだり跳ねたりします。マットレスを置いて寝る強度で作られていますので、マットレス以外の寝具で飛んだり跳ねたりはさせないようにお願いします。

売れ筋のファミリーベッドがあります

お値段だけでチョイスするならフロアタイプの連結ベッドです。
ですが、フロアベッド特有の構造的弱点(フレームとマットレスのサイズが違う、フレームがくねくねする、そして床板が板一枚、フレームがマットレスの外側になるなど・・)があり、積極的におすすめしにくいのです。

お買い上げいただく以上はショップとしてもこれなら大丈夫ですというベッドをお届けしたいです。フロアベッドタイプより少しお値段が変わりますが少しです、大きなさではありません。

ベッドの作りが丈夫、フレームとマットレスがジャストサイズ、床板がすのこで湿気対策ができているなど、これは安くていいベッドですと言えるベッドをご紹介します。

お店のおすすめはどれ?と聞かれたら・・これ!

フロアベッドの連結、ローベッドの連結、収納ベッドの連結などまだまだたくさんのファミリーベッドがありますがあまり多過ぎてどれがいいのかわからないときのショップのおすすめはこれ!高床すのこローベッドベッド。

店長として一番おすすめはどれ?子尋ねられればまずはこの二つ。高床すのこベッドで低価格、高品質
是非詳細もご覧ください。おすすめるるにはワケがあるベッドです。
  • 一押しの連結スノコベッド
    連結ベッドのおすすめ

フロアベッドの弱点である湿気対策にすのこをフレームの高さに上げました。
フレームとマットレスサイズを統一してバガバをなくしました。
サイドフレームをコの字型ワイヤーで連結したクネクネを補強しました、それでもなお低価格のローベッドです。
フロアタイプで収納機能が不要ならこのベッド!販売者としても安心して届けできるベッドです。

ファミリーベッド、家族一つの連結ベッドをお探しでしたら必見のベッド。
グラグラしない、低価格、高床スノコのローベッド。
この連結ベッドは100%安心してお届けできます。
お客様は200%安心して届くのをお待ちください

安心しておすすめできる連結ベッドおすすめポイント

安心しておすすめできる連結ベッド

高床すのこ連結ベッド

おすすめのワイドキング200~280㎝ベッド、詳しくはここからご覧ください。

家族一つのベッドで寝るシアワセ。3人家族、4人家族、5人家族の連結ベッド200㎝ワイドから280㎝ワイド。お子様が一人寝するようになったら2台に分離できます。それぞれのベッドの詳細でベッドサイズ、ベッドカラー、マットレスが選べます。詳細はここからどうぞ。価格は20204月現在です。

CELLNAのブログ内連結ベッド、ファミリーベッド関連ページ

連結ファミリーベッドはいずれも、お子様が一人寝する頃は2台のベッドに分離して使えますので無駄にはなりません。親子で川の字、3本川、4本川、5本川でおやすみ下さい。

連結ファミリーベッド240㎝ワイド
子供二人と家族一緒に寝るベッドは240㎝幅が基本的サイズになります。240㎝のベッドはセミダブル2つ、またはシングルベッドとダブルベッドの2つを連結して大きな一つのベッドにします。連結はいつでも2台に分離できますがお子様がひとり寝する頃のことを考えればシングルとダブルで240㎝の組み合わせがおすすめです。
4人家族のベッド。連結240㎝ベッドと寝室レイアウト
親二人と子供一人の4人家族、一つのベッドで寝たいときベッドの広さはどれくらいが必要でしょうか、また寝室は6畳ですが8畳でなければ無理でしょうか。 ネットのご相談サイトにこんな質問・ご相談は多いですね。 もとも...
親子3人一緒に寝るシングルベッド2台200㎝幅!
親子3人のファミリーベッド200はシングルベッドを二つ連結したベッドです。シングルに一人だとほとんど使われないベッドのヘリ部分が二つ合わせるとお子様のスペースになって200㎝連結ベッドに親子3人は予想以上にゆったりです。
あなたの家族はまだ布団?ファミリーベッドがあるのに?!
新婚の頃からシングル2台におやすみでしたら、お子様が一人増えても一人寝する頃まで親子三人シングル2台の200㎝幅のベッドでおやすみになれますね。もう一人誕生で家族4人の場合は 200cmでは無理ですね。少なくともあと50㎝ぐらいは広くなけれ...
フロアベッドの連結ベッドはおすすめですか?
若いご夫婦の夢、家族一つのベッドで眠ること、を叶えるベッド! 連結ファミリーベッド。フロアベッドタイプ。フロアベッドを2台連結してクイーンベッドやキングベッドより大きなベッドにします。 3人家族、4人家族、5人家族用に 連結幅200...
ファミリーベッド、家族の人数とベッドサイズは?
布団の時代にはあまり気にならなかった寝具と人数ですが、ベッドになると高さがありますので人数とベッドの広さは相関関係があります。3人家族、4人家族、5人家族にふさわしい広さとベッドの組み合わせのヒント満載です。
激安でコスパ最高のベッドをご覧になるならここから
ベッドショップCELLENA Yahoo店
タイトルとURLをコピーしました