4人家族のベッド。連結240㎝ベッドと寝室レイアウト

4人家族のベッド。連結240㎝ベッドと寝室レイアウト

親二人と子供一人の4人家族、一つのベッドで寝たいときベッドの広さはどれくらいが必要でしょうか、また寝室は6畳ですが8畳でなければ無理でしょうか。

ネットのご相談サイトにこんな質問・ご相談は多いですね。

連結ベッド240

もともと寝ていたダブルベッドにシングルベッドを買い足してて並べて寝ています。セミダブルベッドにシングルベッドを買い足して寝ています、うちはベッドをやめて布団にしました、というのも少なくありません。

ベッドの広さから先に言うと、親子4人では240㎝は必要ですとお答えできます。
お部屋は6畳、8畳とも、ベッドを並べた左右の寸法は変わりません。6畳でも8畳でも大丈夫です。基本的には。

基本的にはというのは一般的なベッド寸法での計算上は、ということで、ヘッドボード付きベッドか、収納ベッドか、また、部屋に収納家具をどれだけ置くかによって変わります。

寝るだけの問題なら布団3枚連ねてもいいんですが、毎朝畳んで押入れへ、毎夜3枚敷き直す手間も大変でしょうし、それ以上に布団の埃を一晩中吸い込んでしまうことになります。ホコリが栄養になる物質なら全面的に賛成しますが例のアレルゲンを大量に含んでいます。なので、幼児を含む親子の寝具にお布団は賛成しかねます。

あんな場合、こんな場合を想定して、部屋のどこにベッドを置けばいいのかもご提案していますのでお付き合いください。

フロアベッド、ローベッドの連結ベッドならこれがイチオシです
一押しの連結スノコベッド
連結ベッドのおすすめ

目次

家族4人親子寝るベッドサイズは

高床すのこ連結ベッド
LED照明付き床上10㎝の高床すのこローベッド、4人家族にこれがおすすめ連結ベッド!

4人家族のベッドは少なくとも240cmから260cm、ゆったり寝たいなら280㎝のサイズになります。

3人家族におすすめは200㎝。2台並べるファミリーベッドで200cm幅に次いでお買い上げが多いのが240cmです。
200㎝はシングルベッド2台の広さです。シングル100cm×2の連結になります。

4人家族におすすめの240㎝はセミダブル2台、またはダブルベッドとシングルベッドの二つを並べた広さです。この広さでしたら親2人に、子ども2人の4人でもメッチャ窮屈ってことにはなりません。

一つ考えておくべきことは子供はやがて一人寝すること

240㎝と260㎝の2台ベッドの話に移る前に、子どもが一人寝するようになったらベッドはどうするかを考えに入れといたほうがいいかも知れません、それによってベッドの組み合わせが違ってきます。

平均的に上の子が小学校に上がる頃が一人寝を始める適齢期のようです、年齢で言えば5歳・6歳のころ。下の子は上の子と一緒に子供部屋に移ることが多いようですね。お兄ちゃんお姉ちゃんと一緒だからわりとすんなり子供部屋デビューするようです。

ダブルとシングル2台の場合、一人寝するようになったらお子様に新しくシングル一台買い足して子供部屋にシングル2台、パパとママはダブルでおやすみになりますか?シングル2台新しく子供用に買って、パパママはダブルとシングル2台にゆっくり寝ますか?

セミダブルの場合、子どもにセミダブルベッドを持っていかせても広すぎるし、パパママがセミダブルに二人は狭すぎますね。今よく言われる睡眠負債が膨れ上がります。

4人並んで寝なくていいなら2段ベッドという方法も


3人家族のベッドでもご提案していますが。シングルベッド2台の200㎝で親子3人寝て、二人目が誕生したら2段ベッドを買いそろえてベッドの横に置くのはどうです?

上の子は2~3歳ぐらいで最初は別のベッドで寝ることを寂しがりますが、すぐ横にパパママはいますから次第に慣れるでしょう。慣れないうちはぐずり始めたら2眼ベッドで寝付くまでしばらくお相手してあげてください。

パパママと赤ちゃんは3人で200㎝のベッド、上の子は一人ですぐ横の2段ベッド。これなら狭くない、寂しくない。

上の子が5歳・6歳になって一人寝する頃までには下の子も2段ベッドで寝ることになれて、そのまま、または分離して子供部屋に移せます。パパママもそのままシングルベッド2台夫婦のベッドでゆっくり寝ることができます。

ご相談投稿サイトなんかでも「ウチはダブルベッドに夫婦と二段ベッドに子供二人」「シングル2台に夫婦で二段ベッドに子供二人」のケースは多いようです。

こんなお手頃2段ベッドがあります。
パイプ二段ベッド 【Larch ラーチ】 ブラウン - 拡大画像2段ベッド/すのこベッド 【ライトブラウン】 耐震仕様 『Perroquet』 木製 上下分割構造 梯子付き 木目調 - 拡大画像おしゃれ2段ベッド/すのこベッド 【ダークブラウン】 耐震設計 『Asina』 木製 セパレート可 梯子付き - 拡大画像
2段ベッドを見るならここから
2段ベッドを見る

家族4人並んで寝たい派の240cmベッド

親子4人の240㎝はシングルとダブルまたはセミダブル2台の240cm

240cmに連結の場合、セミダブル2台か、シングルとダブルの連結になるのかはベッド種類によって異なります。一部の連結ベッドではダブルとシングルの240㎝がない場合もあります。

上で書きましたようにお子様が一人寝するようになったら2台に分離して子供用ベッドにするか、その必要はないのかも選択のポイントになります。

では、親子4人並んで寝る240cmベッドを6畳の寝室に置くとどんな感じかをご覧ください。

これからベッドサイズと部屋のサイズついて、6畳の場合と8畳の場合でご記憶いただきたいのは6畳は360㎝×270㎝の長方形、8畳は360㎝×360㎝の正方形だということです。

ベッドを並べて置く横方向のサイズは6畳も8畳も同じ360㎝です。縦方向(ベッドの足元)の広さがが畳一枚の幅の90㎝、8畳が広くなります。

激安自信作の連結ファミリーベッド
部屋の広さも6畳の標準サイズは江戸間の360㎝×270㎝ですが、京間、中京間など地域により異なる場合があります。
また、360×270は壁の芯から壁の芯のサイズなので実質有効内寸は355㎝×255㎝ぐらいです。

ここではわかりやすいように6畳360㎝×270㎝ 8畳は360㎝×360㎝としています。ミリ単位で細かい数値が必要な場合はメジャーで実測をお願いします。

さきにどんなベッドがあるのかご覧になるなら家族4人の連結ベッド240㎝の一覧をご覧ください

4人家族のベッド240㎝を6畳部屋に置いた場合

親子4人で寝る240㎝の幅のベッドがどのくらいなのかおよそのイメージはわかると思いますが、部屋の真ん中に置くか、窓に寄せるかの配置で使い勝手も変わります。

6畳に240㎝の4人ベッドを配置してみました。
空き寸法など入れていますのでイメージが具体的になるかと覆います。

親子4人のベッド240㎝を部屋の中央配置ではこうなります

連結ファミリーベッド240cmは6畳も余裕です
お部屋の広さや壁から窓まで360㎝、シングル2台連結なら6畳・8畳も大丈夫です。
240㎝のベッドというとイメージとしてはかなり部屋が狭くなる感じがするかもしれませんが家具がなければ寝室としては充分です。

単純計算で360㎝-240㎝で120㎝のアキ。部屋の中央にベッドを置いて、ベッドの両脇には60cmのあき!
通常50cmは空けたほうがいいと言いますので60cmのあきはベッドへの出入りやシーツ取り換え、マットレスの風通しやローテーションの作業もラクにできます。

単純計算で両サイドに60㎝のアキは家具は置かないということなんです。お子様の着替えなど何かと収納家具は寝室にあったほうがいいですね。

中央に配置したらベッド横に収納家具を置くのが難しい

でも家具を置くとベッドの両脇のアキが狭くなってベッドの出入りやメンテナンス作業も大変。家具の幅(奥行)は45㎝幅が一般的なサイズです。となるとベッドの横に家具を置くと両サイドのあきがかなり狭くなります。家具を置けても扉や引き出しを開けるスペースが・・。

この配置で収納家具を置くとすれば左右のベッドのヘッドボードに幅50㎝程度の収納家具が置ける計算になります。どの高さにするかにもよりますが、子供二人分の着替え、シーツやパッドの取り換え用の収納は可能です。

親子4人のベッド240㎝を部屋の窓寄せ配置ではこうなります

親子4人並んで寝る240㎝を部屋の中央に置くと家具がなければ余裕、ベッド横に家具を置くと余裕がないということになりました。

そいじゃ、ベッド2台を窓際に寄せると?

激安自信作の連結ファミリーベッド

ベッドを窓に寄せると単純計算で120㎝が入り口からベッドまでの広さになります。広いスペースができますね。これならベッドの横に家具が置ける!上の図みたいに壁際とベッドの横が家具スペースになりますね。

窓際のベッド、たいていはパパの寝るベッドになりそうですが、ベッドに出入りがやや不便でベッドの足元からだけになりますが。親子4人一緒に寝るためです。シーツの取り換えやベッドメイクも足元からになります、親子4人一緒に寝るためです。

240cm連結ベッドを6畳部屋の中央に配置すると左右のベッドのどこからでもベッドに入る、ベッドからで出ることができます。シーツの取り換えやベッドメイクも何の不都合もないのですが家具が置けない。

6畳の部屋で収納家具を寝室に置かなければならない場合はベッドの窓寄せ配置をお考えください。

4人家族の240㎝ベッドを8畳部屋に置いた場合

240cmのベッドを6畳に置くなら、おすすめは窓寄せレイアウトになります。

4人ベッドの部屋が8畳なら?
8畳も部屋の幅は360㎝ですから両脇の空き寸法は同じです。

ただ、8畳は360×360の正方形になりますから上の図でベッドの足元の余裕が55cmから90cm広くなってベッドのフットから壁までおよそ140cmのアキになります。
もう一度ご覧ください
激安自信作の連結ファミリーベッド

8畳でしたら家具が多くなってもベッドの足元の壁に並べて置けますので問題ないです。

6畳に4人家族の240cmベッドを配置する、のまとめ

・4人ベッドを6畳のセンターに配置するとして、ベッドの両サイドに60cmのあき。
 家具を置かない場合は掃除、ベッドメイクも支障のない広さが確保できる。
・収納家具を一つ置く(幅50cm)とするとベッド両サイドにはおよそ30cmのあき。
中央配置では家具を置くのは難しい。

・4人ベッドを窓際レイアウトにすれば家具も置ける。
 窓際レイアウトにすると入り口からベッドまで120㎝のスペースができる。

親二人子供二人の4人で寝るベッド240㎝ワイド、こちらでどうぞ
親子4人で寝るベッド240㎝

親子4人並んで寝たい派のゆったり260cm連結ベッド

親子4人家族一つに並んで寝るベッド260㎝幅。
260㎝のベッドにするにはダブルベッドとセミダブルベッドをくっつけることになります。

ダブルベッドは140㎝幅、セミダブルベッドは120㎝幅です。
240㎝で見ていただいた配置に倣って、6畳に260㎝のベッドを置く場合、部屋の中央に配置する場合と部屋の窓側に寄せる場合を検証してみます。

親子4人のベッド260㎝、部屋の中央配置ではこうなります

260cm連結ファミリーベッドの配置
6畳の広いほうの壁にベッドのヘッドを着けて260㎝ベッドを配置すると360㎝-260㎝で100㎝のスペースが空く計算。ベッドを中央に置くとベッドの両側に50㎝ずつのスペースということになります。

50㎝のスペースは大人一人通れる幅なので左右のベッドとも不自由なくどこからでもベッドに出入りできます。シーツ交換、ベッドメイクする場合もどこからでも作業できる配置です。

主にシーツ取り換えやベッドメイク、お掃除をする奥様にとっては動きやすい、仕事がしやすい配置ですね。

ベッド横に収納家具を置くのが難しい

この配置でも240㎝ベッドの場合と同じく左右のベッドのヘッドボードの横に幅50㎝程度の収納家具が置ける計算になりますが、実際には掛布団の被さりがありますので実際には40㎝弱のスペースだと思ってください。人が通る分には大丈夫な幅ですが、物を置くには無理な寸法です。

家族4人のベッド260㎝を窓寄せ配置にする

親子4人並んで寝る260㎝を部屋のアド際に寄せる配置にすると部屋の入り口からベッドまで100㎝の空きスペースができます。


4人家族の260㎝ベッド、6畳部屋の窓に寄せた場合の寸法です。

360cmの部屋の壁にヘッドを着ける配置で260cmのベッドを置くと余裕は100㎝。
図のように入口の壁側に家具を置くスペースができます。

240cmの場合とほぼ同じで2台のベッドを窓側に寄せれば部屋の入り口側に家具が置けますね。
ドアに位置はほとんどの場合真ん中になることはありませんのでドアの横にはおよそ180㎝の壁になっています。もしかしたらここに作り付けのクローゼットがあるかも知れません。

寝室になる部屋の状況で造り付けのクローゼットがあれば小さな家具一つだけでいいですよね。

4人家族の260㎝ベッドを8畳に置く場合

260cmのベッドの場合も6畳なら窓寄せレイアウトがおすすめです。

260㎝幅のベッドを8畳に置く場合でも部屋の幅は360㎝ですから空きスペースは6畳と同じです。
ただ、8畳は360×360の正方形になりますから上の図でベッドの足元の余裕が55cmから90cm広くなっておよそ140cm×360㎝のスペースがあります。(右図、このスペース の部分)
激安自信作の連結ファミリーベッド

4人家族の260cmベッドを6畳に置く、のまとめ

・6畳のセンターに260㎝ベッドを配置すると、ベッドの両サイドに50cmのあき。
ベッドの出入りやベッドマイクなどに不都合はない
 家具を置くと両サイドの掃除、ベッドメイクが困難。

・収納家具を置きたい場合は窓寄せにする。
 家具を置けるスペースはおよそ100㎝の幅
 窓際になったベッドの出入りやベッドメイクがやりにくい

親二人子供二人の4人で寝るベッド260㎝ワイドの一覧、こちらでどうぞ
親子4人で寝るベッド240㎝

広さだけで選んじゃダメ!ベッドタイプで注意すべきポイント

上のシミュレーションでは4人家族のベッドにベッドタイプは考慮せず一般的なベッドでの2台連結した広さで、家族4人で寝るのに必要なベッド幅と、6畳、8畳でのレイアウトと飽き寸法などを説明しています。

4人家族なら240か260㎝の連結でいいんだな、窓寄せ配置にすれば家具も置けるんだなとお分かりいただけたかと思います

でも広さ240、260で気に入ったデザインがあったと、広さで連結ベッドを決めるのはまだ早いです。
ベッドが届いて組み立て完了してみたら、失敗したかな・・ということになりかねないことがあります。

もし、ご希望のベッドが収納ベッド(引き出し付きベッド、チェストベッド)の場合、フロアベッドの場合などベッドタイプで注意しておきたいポイントがあります。

あらあ、そこは考えてなかった、マズイなあ、ってことになるのは収納ベッドの場合
安さだけで選ぶんじゃなかったなあ、ってことになりやすいのがフロアベッドの場合です。

ご希望ベッドが収納ベッド2台連結の場合

もし、ご希望のベッドが収納ベッド(引き出し付きベッド、チェストベッド)の場合はベッド幅+引き出し開け閉めの幅が必要になります。

多くのベッドの場合引き出しの奥行は45㎝ほどですからまず45㎝は必要です。それに着替えやリネンを出し入れする人の作業をする幅が必要になりますので少なくともベッドの横に60~80㎝程度の引き出し開け閉めのためのスペースが必要になります。

部屋がすっきり片付く、寝室に必要なものがベッド下に収納できることで脚付きベッドの2台並べが一番いいのですが使いやすい引き出しがスペース的なネックになるんですね。

引き出し収納ベッド2台の260㎝はかなりきつい

ベッド幅260㎝の量ベッドが引き出し収納の場合、両方の引き出しを引き出した幅は部屋の幅と同じ360㎝。引き出すに入れる、引き出しから取り出すヒトの入る場所がありません。

引き出しはたいてい2杯なので片方の引き出しを出して収納し、次にもう一つ開けて収納することで作業ができなくもないですが窮屈な姿勢になります。

あらかじめそれをご承知いただければ、収納ベッド2台でほかの家具は置かなくても、家族の着替えやリネンはベッド下に収納できるでしょう。

ただし、引き出し収納ベッド2台にするならベッドは部屋の中央配置に限定されます。
引き出し収納ベッド2台で窓寄せ配置にしたら、窓際のベッドの収納の出し入れはベランダからってことになっちゃいます。実質窓際になったベッドの引き出しは使えませんね。

壁寄せ・窓寄せ可能な収納ベッド

ベッド下を収納に利用できる引き出し付き収納ベッドです。ベッドを窓際や壁際に着けて配置しても窓際、壁際のベッドでも引き出し収納が使えるベッドがあります。

引き出し付きベッドの右半分は引き出し、左半分はかさばる物や長いもののフリー収納のパターンが多いです。寝室に家具を置くスペースがない場合にはこの収納ベッドが助かります。多くの場合、引き出しは2杯、2台だと引き出しは4杯で家族4人分の日常の着替えなど、寝室にあったほうが便利な衣類やリネンが収納ができるベッドです。

ただ、窓寄せ、壁寄せでは片方の引き出しが使えなくなります。そこで登場したのは、片方のベッドはスッとに引き出し!

引き出し収納ベッドを連結にしたい場合のおすすめはこれ。壁に付けるベッドはフットに引き出し、入り口側のベッドはフットとサイドに引き出し。全部で引き出し4杯、これならたっぷり収納できますね。

収納ベッドもこうした引き出し付きベッドと、まとめてどっさりの収納ベッドと2タイプがありますが、日常の収納は小分けができて簡単に足入れができる引き出しがいいですね。!

このタイプのベッドなら壁寄せ・窓寄せ配置にしてベッド下にたっぷり収納ができて、必要なら部屋の入り口にまだほかの家具も置くことができますね。

構造と収納機能がしっかりしていてお値段も高めになるのが「玉に瑕」ですが、寝室にもできるだけ収納できたほうがよろしければこのベッドはおすすめです。

窓際でも困らない引き出し収納ベッドご覧ください。
連結ベッド収納タイプの一覧

ご希望ベッドがフロアベッドの場合

親子4人のベッドにフロアベッドをご希望の場合のポイントです。
フロアベッドはほかのベッドとは構造的に別種のベッドです。一般にベッドはおやすみになり方の体重とマットレスの重さとベッド自体の重さを支える強度でフレームが作られています。

フロアベッドのフレームは重さを支える構造ではありません、簡単に言えばマットレスを囲うだけ。
なのでフレームそのものが頑丈ではないことになります。

また、一般的にベッドはフレームの上にマットレスを載せますが、フロアベッドはフレームの中にマットレスを置きます、フレームがマットレスの外になっている唯一のベッドです。

個別に2台か連結で2台か

ご希望のフロアベッドは個別に2台お求めの場合と連結ベッドで2台の場合、ご注意ください。

連結ベッドの中で格安でお買い上げも多いのがフロアベッドタイプの連結ベッドです。ほぼマットレスの厚さの20cmがベッドの厚さになりますのでお子様がベッドで遊んでいてベッドから落ちても、ベッドのヘリで寝ていたパパママベッドから落ちても大事には至りません。

連結ベッドはあらかじめ連結することを前提に設計されていますので2台のベッドがピッタリくっついて一つの大きなベッドのように金具部品で連結固定します。金具で固定しますので二つのベッドが離れたりずれたりすることはありません。

個別にフロアベッドを2台お求めになるとフレームはくっつきますがマットレスがくっつきません。

フロアベッドはフレーム内にマットレスを置く構造です。マットレスの外側にフレームgありますので2台をくっつけてもサイドフレーム2枚分の厚さがあり、マットレスとマットレスの間におよそ4~5㎝のフレーム板の溝ができます。

親子一つのベッドにしたいとベッド2台購入しても真ん中に隙間があれば意味ないですね。たいていはベッドの中ほどはお子さんが寝る位置なので溝にはまり込んじゃいます。

家族4人のベッドにフロアベッド2台がご希望でしたら単独での2台ではなく連結ベッドの2台がおすすめです。

フロアベッドで気になるベッドのコーナー

親子4人のベッドでフロアベッドタイプの場合、ベッドの角にご注意ください。

フロアベッドタイプの場合はベッドフレームがマットレスの外側になります。ほかのベッドではフレームとマットレスが同じサイズで重なりますのでベッドの角も左飛度気にならないのですが、フロアベッドだけマットレスの外側にフレームが出ています。

気になるのはサイドフレームとフットフレームの組み合わさる角です。90度の角でフレームの角が露出することになります。

小さいお子様はベッドで遊ぶのが好きですね。飛んだり跳ねたり転がったりして遊びますがもし、バランスを崩してベッドの角に倒れたら、またベッドの横で遊んでいてベッドの角で転んだら「痛かったねえ、よしよし」では済まないことになりかねません。

フロアベッドの場合お子様が遊ぶことを考えて常にフットに寝具をかけてコーナーをカバーしておくようにしてください。
お近くのホームセンターに「コーナークッション」を販売していると思います。濃ーなクッションを貼り付けておくのもお願いしたいです。

フロアベッドで気になるベッドのグラグラとクネクネ

親子4人のベッドでフロアベッドタイプは格安です。ファミリーベッドもできれば安く買いたいです。親子4人のおすすめサイズの240ワイドはフロアタイプは8万とか9万とかの価格。フロアベッドの連結240なら5万円前後です。

フロアベッドは構造的に丈夫な造りではないと申しました、お買い上げユーザー様のご指摘が多いのがサイドフレームのグラグラ、クネクネです。サイドフレームは2枚にフレームをネジ留めで一枚のサイドフレームにしています。ほかにどこにも固定してないのでここがグラグラします(下の左図)。

シングルサイズではフレームとマットレスのサイズがピッタリでなく隙間が空くとのご指摘もあります。フロアベッドにはこす下構造的な弱点があることをご承知ください。

改良型すのこフロアベッドは床板がスノコでフレームを固定したベッドになっています

改良型ベッドでサイドフレームを固定、高床すのこになった連結ベッドがこれ!

4人家族のベッドにすすめするならこのベッド!

販売者として100%安心してお届けできる連結ベッド
お客様は200%安心して届くのをお待ちください


激安自信作の連結ファミリーベッド

マットレスを置く床板がスノコのローベッドの連結ベッドです。低価格ベッドに多いフレームがクネクネする、マットレスとフレームの間にに隙間ができる、フレームの角が出ていて危ないというお客様のご指摘をすべて改善しました。

お子さんは汗っかきです。フロアに板一枚でマットレスのフロアベッドでは家族4人の湿気が拡散しにくいです。せめてすのこ、できれば高床すのこが必須!FLACCOはフロアから10㎝の高さにすのこ。マットレスから降りてくる湿気が拡散しやすいベッドです。


フロアから10㎝の高さのあるすのこ。

このベッドなら安心してお届けできます。
将来2台に分離するのも簡単なベッドです。

ダブルとシングルの240ワイドで
ダブルとセミダブルの360ワイドで
マットレスはボンネルコイルとポケットコイルから選べます。

親子4人におすすめベッドご覧になるならここから
一押しの連結スノコベッド
連結ベッドのおすすめ

収納ベッドでのおすすめ

収納ベッドでは事例でもご紹介した壁寄せ・窓寄せできるベッドがいいです。同じ壁寄せできるベッドでも、日常よく使うもののが仕入れが簡単で使いやすい引き出し付きがいいですね。

もし寝室が8畳や10畳なら左右のベッドとも引き出しタイプを2台並べても問題ありませんが、6畳の寝室でしたら壁寄せできるベッドが使いやすいです。



画像では左のベッドを壁に付けるようになっていますが、引き出しの位置は左右反対でもOKですので右側の壁でも壁寄せできます。

部屋で一番大きな家具のベッド2台とも収納に使えればほかの家具を置く数も減らせて機能的、お寝室もすっきり。

部屋の隅に置くしかなかったかさ張る物もベッド下に収納できます。頻繁に出し入れするものは引き出しへ、半年使わわないものはベッドのフリー収納に入れておきましょう。

申し訳ありませんがこのベッドは240㎝サイズまでとなります。
240㎝サイズをご案内します

収納ベッド ワイドK240(SD×2) A+Bタイプ 【プレミアムボンネルコイルマットレス付】 フレームカラー:ホワイト マットレスカラー:ホワイト 連結ファミリー収納ベッド Weitblick ヴァイトブリック - 拡大画像
収納できる連結ベッドはこちらからどうぞ

2段ベッドが気になるなあということがあるかも知れませんのでもう一度ご案内しておきます。

パイプ二段ベッド 【Larch ラーチ】 ブラウン - 拡大画像2段ベッド/すのこベッド 【ライトブラウン】 耐震仕様 『Perroquet』 木製 上下分割構造 梯子付き 木目調 - 拡大画像おしゃれ2段ベッド/すのこベッド 【ダークブラウン】 耐震設計 『Asina』 木製 セパレート可 梯子付き - 拡大画像
2段ベッド一覧はここから

連結にしたらシーツやパッドはどうします?

シングルにはシングルのシーツとパッドセミダブルにはセミダブルのシーツとパッドのように個別にシーツとバッドにするほうが簡単な場合もあります、お子様のおねしょとか、ね。

連結サイズにちょうどいいサイズがあるなら大きいのにしたい方にお知らせ、連結200㎝、連結240㎝に合うシーツ、パッドが出ました。一覧で並んでるとサイズがわかりにくいので、ワイドキングは200㎝用、ファミリーサイズは240㎝用と覚えて置いてください。

サイズ別、種類別で分けていますので240ファミリーサイズのシーツ一覧をご案内します。
そこにほかの200㎝ワイドキングへのリンクもございます。
260、280サイズ用はまだなんです、ごめんなさいです。


ブログ内ベッド関連記事

連結ファミリーベッドはいずれも、お子様が一人寝する頃は2台のベッドに分離して使えますので無駄にはなりません。
親子で川の字、3本川、4本川、5本川でおやすみ下さい。

家族のファミリーベッド カテゴリーページへ移動します

ファミリーベッド、家族一つの連結ベッドをお探しでしたら必見のベッド。
グラグラしない、低価格、高床スノコのローベッド。
この連結ベッドは100%安心してお届けできます。
お客様は200%安心して届くのをお待ちください

安心しておすすめできる連結ベッド
おすすめして恥ずかしくない高床すのこ連結ベッド
お値段以上の品質、ベッドに期待される品質レベルを満足する高床すのこのフロアベッド、ローベッドです。
安心して発送できます、安心してお待ちください

一押しの連結スノコベッド

連結ベッドのおすすめ