フロアベッドのデメリットも教えてくれなきゃ!

フロアベッドのデメリットも教えてくれなきゃ!

ベッドにもいくつか種類がありますがベッドの中で一番売れているのはフロアベッドです。
まずは価格が安い、これが大きなポイントですね。

スタイリッシュなデザインのロースタイル、低い位置に寝る安心感と安定感、そして買いやすい価格帯で人気のフロアベッドですが、フロアベッド特有の欠点というべきポイントがあります。

ほかのベッド関連ブログ記事でもあまり突っ込んで書いてない、フロアベッドを買う前に知っておくべきデメリットと選び方のポイントをご紹介します。敢えてフロアベッドのデメリットをご案内しておきます。

フロアベッドのメリットとデメリット

フロアベッドのメリット

フロアベッドのメリットは上にも書きましたように買いやすい低価格ですね。それに寝る位置が低いので部屋が広く感じます。ベッドが低いので圧迫感もありません。ベッドとフロアの間に隙間がないのでベッド下のホコリが溜まる心配がありません。また、ヒトの重さをベッドで支える構造ではないのでギシギシきしむこともありません。

シングルベッドでも、ご夫婦のダブルベッドでもこうしたフロアベッドのメリットは共通なんですが、ちょっと気に留めておいていただきたいいわゆるデメリットになる部分もあります

フロアベッドのデメリット

フロアベッドは簡単に言うと床板一枚をフロアに敷いてそこにマットレスを置き、四方をフレームで囲むものです。フレームといっても板で囲むだけなのでがっしりした強度はありません。

この下でフロアベッドの構造的デメリット「フレームがグラグラ」について掘り下げてご説明しています。

同様に構造的なことでシングルサイズのフロアベッドによくあるご意見として「フレームとマットレスのサイズが違い過ぎる」というものがあります。この下で詳しくご説明していますが、このご意見もフロアベッドのマットレスを囲う構造によるものです。

床板一枚でマットレスということになりますので寝ている間の汗の水分はマットレスの底から蒸散しにくい構造になります。どのベッドも湿気とカビの問題はありますが、フロアベッドは特にマットレスの底に溜まり易いということになります。

 

これからフロアベッドを買おうかなというお客様にとってはメリットについて長々と説明するよりフロアベッドのデメリットになる部分についての解説と対策が知りたいとこですよね。フロアベッドの選びかた、デメリットになるのはどういうところでどう対策をとればいいのか、イカをご覧ください。

フロアベッドの特有のデメリットとは

ベッドの種類はすのこベッド、収納ベッド、ローベッドなど機能とスタイル違いで10種ほどありますが、一番多く流通しているのはローベッド・フロアベッドです。

フロアベッドのフレームはマットレスを囲むためのフレームです。構造が簡単で低価格、ここが人気のポイントです。
低価格でスタイリッシュ、でもフロアベッド特有の気になることがあるんです。お買い上げレビューでご指摘の多い、いわばデメリットにもなる部分はほぼこの3点です。

・フレームとマットレスのサイズが違い過ぎるのはなぜ?
・フレームがグラグラゆがむのはなぜ?
・床板一枚でマットレスを置いて湿気は大丈夫?

ローベッドはフロアベッドと同じのように思われますが、実はフロアベッドとローベッドはちょっと違iいます。
ローベッドは低床ベッド、フロアベッドは床置きベッドです。

上がフロアベッド、中と下がローベッドです。どちらも低床ベッドですからマットレスは床に近い位置に置くことになります。

つまりマットレスの置き方に違いがあるのです。ローベッドはマットレスとフロアの間に空間があり、フロアベッドはマットレスの下は板一枚で空間はありません。ですが、厳密な区別と言うものはなく低いベッドで同種のベッドとして扱われることが多いです。2番目のタイプはスノコフロアベッドとも呼ばれます。

同種のデザインのベッドですが、実際にフロアベッド、ローベッドをお求めになるときにはローベッドとフロアベッドの違い、形状、強度、マットレスサイズ、湿気対策について覚えておいてください。

マットレスは板一枚で床に置くの?まさか!

 

フロアベッドの構造
平均的なフロアベッド。マットレスを置く前

フロアベッドはフロアにマットレスを置きます。実際には床板を並べてそこにマットレスを置きます。

ベッドフレームはそのマットレスを囲むだけで、マットレスやおやすみになる人の体重を支える構造にはなっていません。マットレスとフロアとの間に板を一枚挟んでいます、板と板との間にはわずかな隙間しかありません。(上の図の①)

すのこフロアベッドやローベッドはマットレスを載せる床板がすのこ床板のベッドと、床から離してフレームで支えて床板を高くしたベッドがあります、

床板を板一枚からすのこにして湿気の逃げ道を作る、これだけでも湿気のとどまりは随分解消されますしフレームがスノコを支えて床から離れた構造になるとベッドの構造も強化され、フロアと床板の間の空間で湿気は蒸散しやすくなります。

ベッドはほとんどの場合、敷きっぱなしになります。蒲団だと毎日畳んで、敷いてを繰り返しますが、ベッドは基本的に敷いたまま、意地悪な言い方をすれば「おしゃれな万年床」なんです。

日本が大陸性乾燥気候ならせんべい布団の万年床でもいいのですが、湿気の多い日本、布団の敷きっぱなしはもちろん、板一枚のフロアベッドは特に湿気要注意です。

スノコといえどもマットレスと接した面があります。スノコ板とマットレスの接した部分にカビの事例は多いです。フロアベッドのマットレスは床板とほぼ全面密着なので湿気が溜まり易くなります。通常のお掃除、シーツの取り替え時にマットレスを立てて風を通す、除湿をするなど、乾かすことをお忘れなく。

湿気対策はこの後に。

カビないすのこフロアベッド一覧
カビないすのこフロアベッド一覧

フレームがグラグラするんですけど。

床板が板一枚については、商品説明画像に載っていますので説明ができていないこともないのですが、フレームがグラつく、クネクネするご指摘は説明されていないのがほとんどで、ペッドが届いて組み立ててみて初めて気が付きます。

フロアベッドで一つご了解いただきたいのがベッドフレームの強度です。

フロアベッド購入者のレビューを見ていると多いのが「フレームがクネクネする」「フレームとマットレスがガバガバ」です。
ガバガバについては後で触れますが、「フレームがクネクネする」はフロアベッド特有のウィークポイントです。

ベッドを買う、でイメージするものはカシッと形になった丈夫そうなベッドですよね。
でも通販のベッドのほとんどはお客様組み立てベッドです(組立設置付きベッドもあります)。
フロアベッドの梱包を開けて、パーツを各部に並べてネジで組立ていくと「なにこれ、やばい、フレームがぐらぐらする」というご意見があります。
フロアベッドとローベッドの違い

上で書いたように、フロアベッドは床に置いたマットレスを囲むだけのフレームです。
重さを支える強度は必要ありませんのでサイドフレームも本来の重さに耐える200㎝の丈夫な一枚板である必要がなく、中央で2枚の板(およそ2㎝厚)を金属板で接合して一枚のサイドフレームにします。接合金属は分厚い鉄板ではなく薄いものです。

フレームを組み立てている間はグラグラします、フロアベッドで言われる「クネクネ」がこれです。
組立が終わってベッドをお使いになる段階ではマットレスが入ってますので気にならないのですが、組立の段階でこんなんでいいのかな?と思われるようです。

マットレスを囲むのが役目のフロアベッドフレームの構造ゆえにおこるグラグラです。

ローベッドはマットレスを載せる床板をフレームで支える構造になるので、サイドフレームは一枚の長い板、または2枚接合でもスノコを受けて支える強度の造りになり、ぐらぐらするという指摘はありません。
フロアベッドとローベッドの違い

ベッドとマットレスの間に隙間が・・

ゥネくね、ガバガバに続くもう一つの「なにこれ、やばい」がベッド両脇の隙間!
ベッド両脇のフレームとマットレスのあいだの隙間があってガバガバなんですけど、とのレビューも多いです。特にシングルサイズに。

これもベッドフレームの内側にマットレスを置くフロアベッド特有の現象です。ベッドの寸法で確認していただけるのですが、フロアベッドの内側の寸法は101cmで100㎝幅のシングルマットレスにピッタリサイズになっています、ところがメーカー側でセットにしているマットレス幅は97㎝。これじゃガバガバですよね。

実はマットレスはJIS規格などによるによる統一サイズがなく、シングルマットレスは97cmのものと100cmのマットレスがあります。
マットレスの幅はメーカーによって異なるため、どのマットレスでも問題なく内側に入るよう、フレーム内寸は101cmになっています。

マットレスを買い替えたらベッドに入らないってことがないようにしているんでしょうが、内寸101㎝とわかってるのに97㎝のマットレスをセットにするってのはなんなんでしょうか。100㎝のマットレスをセットにするか、97㎝のマットレスを使うならベッドを98㎝の内寸で作ればいいのに!

でもよく見れば、シングルサイズマットレスも97㎝幅のマットレス2タイプ、100㎝幅のマットレス2タイプから選べるようになってたりするんです。ベッド内寸とベッド幅までチェックしないですもんねえ。そこが説明されてないからクレームになるのも当然です。

片方およそ2.5㎝の隙間ぐらい気にならないという方もあれば、2㎝は空きすぎという方もおいでになります。私は気になるという方は丁度ピッタリサイズのフレームとマットレスもありますのでフレーム内寸とマットレス幅を確認したほうがいいですね。

丁度のセットでなければ、ベッドフレームだけと別に探したマットレスと別々に買うのもアリです。

フロアベッドのデメリットを失くしたベッド後ほどご覧ください

フロアべッドは湿気・カビが心配なんですか?

フロアベッド・ローベッドをネットでお探しになるとき「フロアベッド 通気性」「フロアベッド 湿気」「フロアベッド カビ」「フロアベッド 湿気対策」と、通気性、湿気、カビ というワードで探す人が多いようです。

フロアベッドの弱点は湿気とカビといえますが、フロアベッドもほかのベッドもマットレスと床板の接面には要注意なんです。
フロアベッドは構造が簡単で、フロア面に板一枚でマットレスを直置きすることになります。マットレスとフロアの接する面に空間がなく湿気が溜まりやすくなります。

ヒトが寝ている間の汗・湿気はマットレスの中を通ってマットレスの底面へ。ここが板と隙間なく接していたら湿気が留まりやすく、そのまま放置していたら温暖な季節にはカビが生えやすくなります。
スノコのローベッドはマットレス底面とフロアの間に空間がありますのでマットレスから降りてきた湿気がマットレスと床板間に溜まりにくくなります。ただし、この場合も100%湿気がないわけではありません。

フロアベッドはマットレスの底から湿気が逃げにくい、マットレスの四方をフレームで囲うタイプですのでほかのベッドから見れば湿気が拡散しにくいベッドです。どのベッドもそうなんですが、フロアベッドは特に湿気にご注意です。

神経質になるほどの問題でもないのですが、ある日マットレスを上げてみたら「おおっ!」はまずいですよね。

ではどうしたらいいんでしょう

湿気とカビからマットレスを守るには

ベッドの配置を陽の当たる窓際にすればあれこれやらなくても大丈夫なんですが、湿気をとばし、カビを生えさせないためにはできれば梅雨時は週に一度、お掃除のときにマットレスをたてかけて陽に当てる、風を通すようにしてください。

今時の暮らしではエアコンや除湿器などが使える環境にあるかと思います。エアコンを吸湿モードにする、または除湿器を使うこともできますね。エアコンや除湿器がないときは扇風機をかけるのも効果ありです。

フロアベッドに限らずほかのベッドでもマットレスと床板の接面は「要注意ゾーン」です。

エアコンのドライ運転、除湿器を利用します。なければ扇風機が使えます。月に1・2度でも風を送る、これで湿気は心配ありません。
ものぐさな方はベッドを窓際に配置しておいてください。天気のいい日はレースのカーテンにして、掛布団は足元に畳んで置いておけば日中、お日様が窓越しにベッドにあたってベッドの湿気をとってくれます。

クネクネしないすのこフロアベッド

一番売れているフロアベッドもこんなウィークポイントがありますとご案内しました。
初めから知ってれば気にならないポイントなんですが、知らなかった・・でクレームになったりします。フロアベッドシングルを買うとき、以上を思い出してください。

実は、こうしたウィークポイントを改善・改良したベッドが登場しました。


クネクネしないフレーム、ガバガバしないマットレスとフレームサイズ、湿気対策に床板はスノコ。
これだけ改善されても低価格、文句のつけようのない進化したフロアベッドです。
お時間ございましたら是非ご覧ください!これはおすすめに値するベッドです。
2018年トップセールスベッド

クネクネしないフレーム、ガバガバしないマットレスとフレームサイズ、湿気対策に床板はスノコ。

ブリーズに続くフロアベッド特有の難問解決ベッド投入!

ヘッドボードのデザイン違いで3種
・床板を間隔の広いすのこ板にしました。
・左右のサイドフレームをコの字型鋼線で固定しました。
・フレームとマットレスはピッタリサイズだけでセットしました。

すのこフロアベッドとすのこ高床ローベッド必見!

クネクネしない、ガバガバしない、湿気対策すのこ床板のお買い得ベッド

すのこフロアベッド すのこフロアベッド照明付き すのこフロアベッド、高床すのこヘッド すのこフロアベッドヘッドボード付き すのこフロアベッドヘッドフラットパネル すのこフロアベッドヘッドレス

ブログ内ベッド関連記事