床暖房いらずの断熱効果、フロアが冷たくないジョイントマット!

床暖房いらずの断熱効果、フロアが冷たくないジョイントマット!

秋から冬へ寒さが増してくると暖房をどうしようか考えますね。
最近は冷暖房のエアコンが多くなっていますが、エアコンで解決しないのがフローリングの冷たさ!
ジョイントマットにする大きなメリット、フロアの冷たさを消す断熱暖房効果!

脚の冷たさを解消する対策には床暖房、ホットカーペット、毛足の長い絨毯やラグなどもありますが、電気料金の心配もない、ダニの棲家にもならないジョイントマットが床暖房代わりになるというとっておきのオハナシです。

ジョイントマットの断熱効果が素晴らしい!

ジョイントマット効果として挙げられるものは
・床音の防音効果がある
・お掃除がカンタン
・ダニやカビを減らせる
・転倒事故防止の安全効果がある
・ソフトクッション効果で足腰の衝撃を軽くする
そしてもうひとつ、
フロアの冷たさが消える断熱・暖房効果、です!

長らくコルクマット・ジョイントマットを販売していて、ユーザー様のレビューで「敷いてよかった」とのご感想が多いのですが、ジョイントマットで「床の冷たさがなくなった」というのはとても多いです。

防音のため、赤ちゃんのため、ペットのためにお求めになるケースが多いのですが、思いがけず暖房効果がある!と喜んでいただいています。フローリングは冬冷たすぎると思っておいでの方は多いのでは。

部屋が冷たい、床が冷たいのはなぜ?

暖房してるのに部屋が温まらない、足が冷える、フロアが冷たい、というのはいくつか原因があります。

・暖房しているけど暖かくなった空気が逃げている
・暖房しているけど外の冷気が部屋の暖気を冷やしている
・暖気が天井付近に溜まって床付近が温まってない などです。

暖房しているけど暖かくなった空気が逃げている

この場合は例えば天井近くに空気孔があって開いている、和室だと部屋と部屋の境に欄間があるなど暖かくなった空気が室外に逃げるケースです。

暖かくなった空気は上昇して天井に上がりまた下に降りてきます。そしてまた上昇して、を繰り返し(対流)て室内全体が温まりますが、暖かい空気が天井付近でよそへ逃げてしまうの部屋が温まりません。

暖房しているけど外の冷気が部屋を冷やしている

暖かくなった空気が室内で対流して部屋が温まる以上に室外の冷気によって暖気が冷やされることがあります。
換気口や欄間のない部屋で暖房してても温まらない場合は発熱量が低すぎるのが原因のことが多いです。大きな窓のある部屋、壁・壁の断熱材が薄い家はこうなりやすいですね。
出力の大きなエアコンやストーブにする。窓は二重サッシの窓にする必要があります。

暖気が天井付近に溜まって床付近が温まってない

このケースはエアコンや熱量の少小さいストーブに多いです。部屋の中で対流がおきていないんですね。
暖かい空気が部屋の上に溜まって下におりてこないと床は冷えたままです。

ストーブの熱量を上げる、エアコンのルーバーを下向きにする、室温設定を上げるなどの対策が必要です。
基本的に暖かい空気は上昇しますから足元はなかなか温まりません。

また、床材に断熱材が入っていない場合もあり、床が常に冷えていることがあります。
寒冷地にお住まいでしたらこたえますね。

足の裏、足の指が冷たい、フロアが冷たすぎる!

部屋全体が温まらないのは上に書いた3ポイントが原因ですが、足が冷たい、足の指がシモヤケになりそうというのは部屋全体の温度が上がらないのとは別の原因です。

寒冷地では床暖房や断熱構造の家ですからフロアが冷たい、足が冷たい、シモヤケになりそうというのは関東から西の地域に多いのではないでしょうか。足が冷たいの原因はフローリングです。温暖化傾向とは言え、冬では最低気温2度とか3度とかではフロアも冷え切っています。

経験者ですからこのパートは特に自信をもって断言できます、ジョイントマットを敷いてみてください。フローリングの冷たさが消えます。ジョイントマットを敷く前はカーベッドにボアのスリッパでしたがそれでも足の指が冷たい!

でもジョイントマットに取り替えたらホントに足の裏も足の指も冷たくない!スリッパをはくことを忘れるくらい、靴下だけで平気です。

ジョイントマットに発熱装置が組み込まれているワケではありません。1㎝厚、2㎝厚のジョイントマットのEVAクッションの無数の気泡が断熱効果を発揮してくれます、これが素晴らしいんです。

床暖房やホットカーペットの暖房ではなくフローリングの冷たさを断ち切るジョイントマットの断熱暖房効果。床が冷たくないから床暖房にしたい、ホットカーペットを買いたいと思うこともありません。

高額な聚富を伴う工事にかかる前に、電気代のかかるカーペットを買う前に是非お試しください。

床暖房工事かホットカーペットか敷物か!

床の冷たさをなくすにはいくつかの方法があります。
床暖房にする、ホットカーペットにする、絨毯にする、そしてジョイントマットで暖房効果やコストについて比較してみます。

床暖房にするなら

予算が潤沢であれば床暖房にリフォームするのも一つの方法です。足元が冷えていなければ体感温度は大きく違います。
でも工事費が・・ですよね。

電気の床暖房と給湯式床暖房がありますが工事費はおよそ6畳で電気床暖房で50万円、給湯床暖房で80万円から。
工事の手間は電気床暖房のほうが簡単なようですが、どちらも工事後も冬場の電気代は毎月上乗せになります。

大まかな計算で6畳だとすると、1時間当たり40円、8時間使ってひと月だと9600円ということになります。
だいたい10,000~13,000円ぐらいとの説明が多いようです。

ホットカーペットでは?

簡単に低予算で済ませたいならホットカーペットもいいですね。温度調整も簡単。全面、部分的の切り替えができるタイプなら電気代の節約もできます。電気屋さんから買って帰ればすぐ使える手軽さもいいのですが・・・

電気代も他の暖房器具とを比較しても割安・・・のような気もしますがそうでもないんです。
3畳用カーペットとして、電気料金は1時間およそ15~20円。
1時間当たりの電気代は、こたつはおよそ4円、エアコンの暖房は20円~50円、電気ストーブは10円~20円。
ホットカーペットを8時間使うと月間電気量は 15円×8時間×30日で3600円~4800円、2部屋(6畳分)で使うならこの倍、やっぱり10,000円ぐらい。意外と高いです。

電気代ゼロ円の絨毯では

毛足の長い絨毯・カーペットは厚みもあってフロアの冷たさを消してくれるかも知れませんが、暖かくしてくれる毛・繊維が困りものになる可能性が高いんです。困り物とは、そうです、ダニ。

人間の目には見えない繊維のジャングルはダニの格好の棲家になります。ダニのエサになる髪の毛・フケ・自然にはがれる皮膚などは繊維に絡まって掃除機でもなかなか取れません。

化繊100%ならまだマシなんですが混紡やウール100%はダニにためのエサと棲家を用意したことになります。
別記事でも書きましたが家の中でダニが多いものは布団、畳、絨毯です。しかも100や1000じゃない、想像を絶する数なんです。
床をハイハイしたり寝転んだりする小さいお子さんがおいでになればなおさら、毛足の長い絨毯、カーペットは敷かないほうがいいと言えます。

これが真打、ジョイントマットを敷く!

断熱暖房効果のジョイントマット

我が家もジョイントマットユーザーです。実は過去冬のフロアの冷たさに悩まされていました。家の中でボアのスリッパを履いていましたが足の裏、足の指先が冷たくてシモヤケになりそうでした。

でも、ジョイントマットを敷いてから、スリッパが要らなくなりました。シモヤケも心配なくなりました。
だから床暖房代わりにジョイントマットを敷くことは自信をもっておすすめします。

費用対効果の面でも、断熱効果だけを目的にジョイントマットを6畳に敷き詰めておよそ1万円。何年も使えます。その後の電気代などの上乗せコストはかかりません。初期費用のみ、これも嬉しい!
ホットカーペットの2ヶ月分、床暖房工事の1/50の費用でフロアの冷たさから解放されます。

暖房器具ではありませんが断熱効果は折り紙付き!

ちなみに床暖房、ホットカーペットの上に敷いても大丈夫です。ジョイントマットを敷いてみてください。フロアの冷たさをなくす断熱暖房効果はすぐに実感してもらえます。

ベッドだと部屋が狭くなって自由に使えなくなるのでフローリングに布団でおやすみのご家庭も多いと思います。

フローリングに敷布団一枚では背中が冷えます。冬は敷布団2枚にしなければ腰や背中が冷えて健康にもよくありません。布団の上げ下ろしも手間ですよね。是非ジョイントマットを敷いてください。2㎝の厚さのEVAクッションが床の冷たさを消します。

ジョイントマットの厚さとサイズ


ジョイントマット(コルクマットを含む)は厚さが8mm、11mm、20mm、サイズも30cm、45cm、60cmがあります。また断面構造で、EVAクッション一層のマットとEVAクッションにコルク層を貼りつけたコルクマットがあります。
(一般にコルクマットというのはこのEVAマットに薄いコルク層を貼りつけたものです)

どんな目的でジョイントマットを敷きたいかによってどのサイズ、どの厚さ、EVAかコルクかおすすめのマットが違う場合もありますが、敷くと敷かないでは大違いです。

お客様からのご感想の一部(ジョイントマット木目60㎝サイズ)

マットの厚さが2?あるので、子供が転んでも安心で怪我がなくなりました。
クッション性があり大人が膝をついて歩いても痛くなく、気持ちいいです。
汚れた部分だけを直ぐに洗えるのも嬉しい。気に入りました、追加購入予定です。

大満足のしたので 2度目の購入です。厚みが2?で 他にはない厚みで とても丈夫です。
多少の重みにも頑丈で 何よりも 保温効果が 半端ないです。
本当に購入して良かったです。
ずっと使っていきたいです。
今回は サイドパーツも購入したので 見栄えが良くなりました。

大、大満足してます。安定感があるし 夏はスベスベして気持ちが良いし、今から冬場に向かって あったかいのが間違いないので 安心です。何かをこぼしてもサッと、ふけます。冬場は この上にカーペットとこたつをします。もっと早く購入すれば良かったです。ありがとうございます。

とても厚くてクッション効いています。
歩いていると、ほどよい弾力があります。
色も落ち着きがあり、暖かいです。

厚さ2センチということもあり、3歳児の騒がしい動きも吸収してくれているように感じます。アパートの二階に住んでいるためこのマットを敷くまでは歩くだけでも静かにしなさい??と注意していたので、親子共々ストレスが減りました。
それと、保温効果もあり、寒い冬の時期はダブルで役に立っています。

子供の足音対策に購入。活動範囲が広がったので追加購入しました。相変わらず厚みはバッチリ!転んでも痛くないし、この時期寒くない。何よりこれをひいていると、マンション階下への、親の心の安心感(!?)が違います。助かっています。
残念なのはひとつ、前回と同じものを買ったのですが、色味が違っていました。ひいていると、見た目わかってしまうほど…
またリピートしたいので、色味の統一を期待します!

ジョイントマット木目60㎝から、お客様のご感想の一部です。自作自演ではございません、レビューをかいたらポイント10倍でもありません。
ジョイントマット木目60㎝のいずれか本体の詳細ページでご覧いただけます。

ジョイントマットのEVAの断熱効果、床暖房効果

ジョイントマット、コルクマットの断熱効果はEVAのクッション層です。

EVAクッション厚さ10㎜のコルクマットとジョイントマット

フローリングの冷たさをEVAの細かな気泡がなくしてくれます。
厚さ1㎝のコルクマット、ジョイントマットでフロアの冷たさは消える、これは敷いたらすぐわかる効果です。
マットの表面に温熱成分があるワケではないですが足を載せるとほんのり温かいんです。

寒い季節には敷く前と敷いた後ではこんなに違う、と驚くほどです。

ソフトクッションなので足の感触も心地よく、間違いなく敷いてよかったと思っていただけます。

断熱効果だけでしたら1cm厚のコルクマット、ジョイントマットで充分効果に納得できます。寒冷地にお住まいでしたら2㎝厚のジョイントマットをおすすめします。

寒冷地にはジョイントマット極厚20㎜。EVAの厚さ2㎝。

コルクマットやレギュラーサイズのジョイントマットの厚さ10mmでも断熱効果は実感できますが、地域によっては底冷えがする地域、またはスラブ直貼りのフロアで床が冷える建物があります。倍の厚さの20㎜です。2㎝厚のEVAが冷たさを消します。

足が冷たいとことさら寒く感じます。電気代要らずの断熱暖房効果、自分も敷いているので実感としておすすめできます。
ジョイントマット、コルクマットがフロアの冷たさを消してくれます。

コタツ、床暖房、ホットカーペットとの併用可能です。真冬のメッチャ冷え込む日は併用してください。真冬でもジョイントマットを敷いていれば床暖房やホットカーペットを使わなくていい日が多くなりますよ。

フローリングの冷たさが嘘のよう。防音やクッションマットとして購入したけど、思いがけず断熱効果もあってフローリングの床の冷たさがなく快適になった!というご感想が多いんです。

床暖房との併用について

ジョイントマットは床暖房、ホットカーペットと併用できます。
ジョイントマットはフロアの冷たさを消す断熱効果がすごい、ということは床暖房の上にジョイントマットを敷くと床暖房の熱を半減させることになります。EVAの気泡は冷たさをカットするということは温かさもカットするということです。すでに床暖房のされている部屋では床暖房の上にジョイントマットを敷く意味がないですね。

床暖房にしているけど床に熱を通さないでジョイントマットの断熱効果で充分な場合は床暖房の上に敷いてください。床暖房のランニングコストがゼロになって大助かり、ですよね。

ホットカーペットとの併用

ホットカーペットと併用する場合、ホットカーペットとジョイントマットはどっちが上でどっちが下がいいの?ってことがあります。
ホットカーペットの上のジョイントマットではホットカーペットの熱がジョイントマットの断熱効果で消されてしまいますので、敷く順番はジョイントマットが下、ホットカーペットが上ですね。

併用で心配なことはないですか?

ジョイントマットを敷いてその上にホットカーペットを敷いて使ってジョイントマットに影響がないか、熱ももたないかちょっと気になりますね。

通常の設定温度でのご使用では問題なしです。

ジョイントマットの常態耐熱温度は70℃です。70℃までは変化しない・変化しにくい材質です。
一方、ホットカーペットの設定温度は40~45℃になります。この温度ではジョイントマットに異変は起こりません。安心してお使いください。

ただし併用しても問題ありませんというのは「やさしいジョイントマット」「やさしいコルクマット」については、ということです。
他社製品については正確な情報がありません。床暖房併用可、ホットカーペット併用可の表示を確認してください。

「やさしいジョイントマット」「やさしいコルクマット」については床暖房・、ホットカーペット併用可です。


寒冷地で暖房効果を揚げるにはアルミ断熱シート

西日本や九州では設定温度は40~45℃でいいとして、北海道は床暖房があるとして、関東北部から東北にかけてホットカーペットの温度は50℃以上ということがあるかも知れません。熱量が高いと電気代に影響しますし低温やけどの心配も出てきます。

ホットカーペットの温度を上げないで暖房効果を上げるにはジョイントマットとホットカーペットの間にアルミ断熱シートをを敷くのがいいようです。フロアの冷たさをジョイントマットで断熱して、ホットカーペットの裏面からの熱の放出を防ぎます。

防災用具の断熱アルミシート、防寒ジャンパーの裏地アルミ加工などがありますように、熱を逃さない効果は抜群です。

広い部屋には大判60㎝サイズがいい!


ジョイントマットには30cm×30cmのレギュラーサイズと60mm×60mmのラージサイズとサイズがあります。サイズの違いは何に関係するかというと、敷きたい面積はもちろん、敷く枚数、つまり敷き詰める時間に関係します。

キッチンマットとして小さな面積に敷く場合はあまり関係ないですが、四畳半に敷き詰める、6畳に敷き詰める、またはまとめ買いが多い保育園や託児所など20畳に敷き詰める場合はサイズの大きなジョイントマットが枚数が少なくて済みます。敷くための時間が短時間で済みます。
広い部屋ほど言い版60㎝の広いジョイントマットを敷くほうがいいですね。

ご注意、二つのサイズはミックスできません
ご注意いただきたいのは30、60のサイズはミックスで敷くことがきないということ。マットのジョイント部分のギザギザのピッチと大きさが違います。厚さも違いますのでジョイントできません。

もしかして今、すでに床暖房ですか?それなら断熱効果でのジョイントマットは要りませんね。

でも、防音効果、クッション効果もあります、赤ちゃんやペットの滑り止めになり、ダニの棲家になりにくいジョイントマットを床暖房の上に敷くことをおすすめします。

ジョイントマット見る
ジョイントマット木目を見る

試しに敷いてみたいときは最小単位(約1畳分)をお取り寄せください。1500円~2000円ほどです。
1枚敷いてみた感じでの断熱効果やクッション効果、思った通りのイメージかどうか。防音効果は1枚の場合と、2枚重ねて敷いてみるとどれだけ違うか実感でお分かりいただけます。

敷くメリットの多いジョイントマット、これはおすすめ!

お試しジョイントマット

ジョイントマット・コルクマット関連「お悩み解決シリーズ」

毎日着けるダイヤモンドのLISA、Yahoo!ショップ

マット関連記事