床音騒音トラブル回避はスラブ厚と構造

床音騒音トラブル回避はスラブ厚と構造

これから新居にマンションを買うなら調べておきたいマンションの構造。厄介なことになりかねない床音の騒音トラブルを回避するにはマンションのスラブ厚、スラブ構造もチェック!

マンションは都心や駅に近く、防犯もカギ一つ、コミュニティーへの過度な参加義務もなく、売り出し時点では最新の設備が備わっていてマンションを選ぶメリットはいくつもあります。

とはいえマンションも集合住宅の一つで上に下も横も他人様が棲んでいます。
隣人トラブルを回避するためにも契約の前にチェックしておきたいことがあります。

外観、共用設備、所有区分、部屋の広さ、設備などはパンフレットや係員の説明、モデルルーム見学で確認できますが、スラブ構造やスラブ厚も確認したいです。

マンションを購入する前にチェックしておきたいポイントは「スラブ厚と構造」とフロアの「直貼りor二重床」です。
マンションの床音トラブルとスラブ厚

マンションのスラブ厚と構造

ジョイントマットの防音効果についてあれこれ調べていくうちに、マンションの床構造による防音効果の大小があると思い、多くの記事や本などで調べた結果、床音はスラブの厚さと構造に大きく影響されるという結論になりました。これからマンション購入をお考えの方、必見です!

スラブとは、鉄筋コンクリート構造で床になる部分です。
ボイドスラブ(中空スラブ)、ベタスラブがあり、直貼りフロアと二重床があります。
このスラブの厚さとマンションの遮音性は基本的に比例します。

マンションのスラブ厚と構造
特にドスンという感じの振動を伴う音(重量床衝撃音)の消音はスラブの厚さが関係します。遮音マット、遮音フローリングにしてもほとんど効果がありません!

後で防音対策を考えても防音工事は高くつきます。工事出来ない場合もあります。事前チェックでスラブ厚の薄いマンションは買わない以外の方法がありません。

スラブの厚さの目安としては、最低20cm以上。

最近のマンションはベタで20cm~25cmのスラブ圧が多いようですが、古いマンションだと、15cmとか18cmとかのマンションも多いです。
格安中古マンションを買うときは構造がわかるパンフレットもないですよね、不動産屋さんにご確認ください!

それにちょっと前のマンションは部屋の壁の天井部分にハリが出っ張っているケースがほとんどでした。スラブが20㎝以下で薄くてもハリがあるほうが床音の遮音効果も高くなるの20㎝以下でも問題ない場合もありますが最近のマンションは「ハリの出っ張り」 がないのが多いですね。

室内・天井をすっきり広くするために スラブと一体化して「ハリの出っ張り」が消えたようです。
一般的な知識としては低層マンションはスラブが厚く、マンション全体を軽くする必要から中・高層マンションはスラブが薄くなる傾向にあります。

フローリングは小さな音が大きく響く

例えばフローリングの床で、誤ってドレッサーから化粧品の小瓶が落ちた場合カーンと驚くほどの大きな音がします。ダイニングでテーブルからスプーンが落ちただけでもカーン、マグカップが落ちたら大きなガーンです。

こうした日常のちょっとした音 全般を「軽量床衝撃音」といいます。ドスンとかドスドスと言う音は「重量床衝撃音」です。軽量床衝撃音にはスラブ厚は関係ありません。極端に言えばフロア構造と床材の問題です。スラブ厚、スラブ構造は「重量床衝撃音」に関係します。

最近のマンションはほぼすべて床はフローリングですね。少し前、昭和の頃は、集合住宅もダイニングはフローリングでそれ以外の部屋は畳でした。スラブは薄かったけど梁(ハリ)があった、畳があった、梁や畳が床音の消音に役立ってました。これで床音でのトラブルは今ほど多くはありませんでした。

フローリングマンションではカーンという音、パタパタスリッパ音を消すには クッションになるカーペット、クッションマットを敷くしかないんです。それとも、大掛かりに大金つぎ込んで防音工事やってみますか?

遮音性に効果的なのは二重床?直貼り床?どっち

フロアの造りには2タイプあります。二重床と直貼り床です。二重床は遮音性が高いという内容の記事をネットでも見かけることがあります。実は、これ間違いです。直貼り床のほうが二重床より遮音性が高いです。

直貼り床と二重床ってなに?という方のために少しレクチャーしますね。
直床・直貼り床というのは、字の通り、コンクリートスラブ(床)に直接床材フローリングを張っている床のこと。

二重床というのはコンクリートスラブに脚付き床を載せたイメージで、床が二重になっています。

それじゃ床が二重のほうが防音効果も大きくなる!?ちょっと違うんですね、そこが。

こちらの図をごらんください!

マンションの床音トラブルとスラブ厚と構造
コンクリートスラブ(床)にパネルを受ける台座を置き、上にパネルを張って、その上にフローリングを張ります。コンクリート床とパネル床が二重になるので、二重床と言われています。

二重床は床が二重なので遮音性が高い、と思われがちですがスラブと床との間に大きな空気だまりがあり、フローリングが共鳴板になっちゃいます。

遮音性は共鳴板のない直貼り床のほうが高いです。

例えば、一つはコンクリートの床にベニヤ板を置く 、もう一つはコンクリート床に10㎝の桟を置いてその上にベニヤ板を載せたとします。
同じ高さからそれぞれにビー玉を 数個落としてみましょう。どちらが大きい音がしますか?
当然ベニヤ板のほうですよね。カンカンカンと響く音がします、一方コンクリートにベニヤのほうに落とした音は、小さくカツカツカツです。

生活全般の音はコンクリート(スラブ)にフロア材を貼った 直貼りが音を伝えません、音を増幅しません。

なぜ多くのマンションのフロアは二重床ですか?

床の遮音性については直貼りフロアが上なんですが、実際のマンションはほとんどが二重床になっています。手で軽く叩いてみればわかります。
床音トラブルとスラブ厚と構造

人が住むためのマンションですから二重床のほうが電気の配線、上水道下水道、ガスなど配管が容易、修理も簡単だからなんですね。それに厚いスラブだと建物の総重量がかなり重くなります。基礎や柱を頑丈なものにしなければなりません。こうなると建物の販売価格も高くなって同じ面積の部屋でも割高感が出て売りにくくなります。

AとBのマンションで同じ3LDK、ほぼ同じ最新設備で Aは3000万円、Bは3400万円としたら、Aの3000万円がお買い得だと思いますよね。
スラブの厚さがAは20㎝、Bは26㎝ということは関係なくなっちゃいます。

直貼り床はスラブの中に配管があるためコンクリートをガンガン壊さなければなりません。
入居後に配管や床工事が必要になった場合その部屋の住人も、階下の住人も、右も左も接する部屋の住人は工事の音で大変です。水道管やガス管の破損で緊急を要する場合以外は反対されるでしょう。

だから、二重床のフローリング仕上げがマンションでは一般的になっています。

  

騒音問題に大きくかかわるスラブ厚とスラブ構造

マンションの騒音は、スラブの振動だけじゃなく、壁とかを伝わってきます。
真上、真下、横隣りが発信源とも限らない音がきこえたりすることもあり騒音のの仕組みは複雑です。でも上階の床音はスラブ厚に関係すると言えます。

一般にスラブ(床コンクリート壁)は厚いほうがいいと言いますが、スラブ構造により必ずしもスラブの厚みと防音性が正比例しているとは限りません。

上で書きましたように昔風のマンションは、梁を入れてスパンを小さく(間隔を狭く)してスラブを薄く設計しています。 いまどきのマンションは、フラットな高い天井にするためにスラブを厚くして、梁をなくしています。

スラブは薄くても振動や音を止める梁がありましたが最近のマンションに多い梁のない構造になって騒音問題が出てきた、と言えるかもしれません。

最近多いのが中空スラブ(ボイドスラブ)構造

マンションのスラブ厚と構造

ボイドスラブとはコンクリートの床を中空構造にしてスラブを厚くして強度を持たせた床構造と思ってください。

基本的に梁をなくし広いスパンですっきりしたスペースを確保するための工法かと思われますが 単にスラブを厚くしたのではマンション全体の重量、強度、価格上昇に影響します、せっかくスラブを厚く床の強度を上げても、支える重さが上がり、柱の負担が大きくなって建物全体の強度が下がったのでは意味がありません。そこで、スラブの一部を空洞にしたというわけです。

建設会社により、中空管タイプ、球形タイプがありますが、共通するのはスラブ圧が厚いこと。
普通のベタスラブなら180~200mm程度のスラブ厚のところが250~300mmの中空スラブになっています。

スラブ厚が20から30に厚くなるなら 大歓迎!遮音効果絶大!と言えそうですが・・・必ずしも数字通りでもないんですね。

スラブの空洞が共鳴する

空洞があること、梁なしのワイドスパンになることから、逆にスラブの中の空間が共鳴孔になって騒音問題のある物件になりやすいということも言えなくはないんです。
そこで最近のボイドスラブ仕様では、空洞に消音材・防音材が詰められているマンションが増えています。
マンションの床、スラブ厚と構造

ボイドスラブなら30㎝厚を基準にする

あるマンションでボイドスラブ工法、厚さ25cmのスラブだとしたら、普通のスラブに換算するとおよそ80%の18cm相当ということになります。

25cmの厚さのあるボイドスラブ工法ですから遮音効果の高い床なんです、とセールスマンが言っても、100%真に受けてはだめです。中空スラブで25cm厚ということは、空間のないベタスラブで18cm相当。スラブとしては薄い部類です。

うちのマンションはボイドスラブでその厚さは30cmです、ご安心ください。と言えば。通常のスラブでほぼ24cmに相当。これぐらいは欲しいスラブ厚ですね。

スラブの厚み、梁間のスラブ面積(スパンの広さ)、スラブの種類(単に空洞か、消音材詰め込みか)、遮音性を左右する、ポイントはここです。

ベタスラブなら24㎝厚を基準にする

ボイドスラブは300mm、ベタスラブは240mm、これを基準にすると床音で迷惑をかける、かけられる心配はあまりなくなります。これくらいの物件なら、遮音性はまず間違いないマンションだと言えます。

数年前まではボイドスラブ厚250mm、ベタスラブ厚200mmは必要と言われていました。最近の標準厚は、ボイドスラブは300mm、普通のスラブは240mmが基準というところでしょう。

ベタスラブ厚200mm以下で騒音苦情が多く 230mm以上から苦情が減少し、270mm以上でほとんど苦情が出ないという調査結果もあります。

空洞部分に発泡系消音資材をつめたりして、ボイドスラブ25cm厚でも遮音性の高いマンションもあります。マンション内の騒音問題が多発する中、 遮音性能に工夫を凝らしているマンションも増えているようです。

スラブの厚さと構造、防音効果のまとめ

マンションの高層化に伴うマンション全体の軽量化のため、床音騒音の苦情、階下とのトラブルが増えている傾向にあるようです。

繰り返しになりますが、ベタスラブ厚200mm以下で騒音苦情が多く 230mm以上から苦情が減少し、270mm以上でほとんど苦情が出ないという調査結果が参考になります。

床音が気にならないマンションは
・ベタスラブのスラブ厚は最低24cmから
・ボイドスラブのスラブ厚は最低30cmから
・ボイドスラブで30cm以下でも中空部分に遮音材を詰めてあるのがいい。
・二重床のフロアでは、床下に遮音材を敷き詰めてあるのがいい。

契約前に予定に部屋の上と下に入室して大股で歩いてもらったりして実際に上階や階下の音の大きさがどうなのか確認できればいいのですが、上下の部屋が売約済み、契約済みなら入室できませんね。

せめて販売担当者にしつこいくらい聞くことです。マンションのパンフレットに外観、室内、立地のほかに構造もきちんとわかりやすく、数字も入れている会社のマンションはわかりやすくていいですね、
マンションの床音トラブルとスラブ厚と構造

目には見えない内部の構造までわかるようにしているマンションが建設会社も物件も安心できそう!

防音工事の前に試したい防音マット

スラブもチェックしたけど子供が走る、おもちゃを投げるんで、床音をなくしたいという場合はジョイントマット20㎜!
フロアの防音と断熱に効果があります。

ジョイントマット関連記事はジョイントマットとコルクマットカテゴリーでご覧ください

床音をなくしたいからジョイントマット20mm厚
床音トラブルとスラブ厚と構造
ジョイントマットショップ

防音できるおしゃれなフロアにしたい、東リアタックタイルカーペット

  

防音と断熱におすすめマット関連記事