インダストリアルチェアの代表作マリンチェア

インダストリアルチェアの代表作マリンチェア

かつて爆発的に大ヒットして、現在でも売れ続けているメタルチェア。
インダストリアルチェアと言えばこの形、《マリンチェア》。
今でもおしゃれな店のテラス席でよく見る椅子ですね。この椅子が外に置いてあるだけで、お店のこだわりがわかる、そんなヴィンテージチェアです。

メタル素材を知り尽くしたフランス人、グザビエ・ポシャールが1934年にデザインした、亜鉛メッキ鋼板を使用したメタルチェアです。

グザビエのマリンチェアリプロダクト

グザビエは、屋根職人の家に生まれ、元々は鍋や釜などの金属日用品を作っていた金属細工職人でした。
鉄が錆びない亜鉛メッキについては熟知していて、錆びない鉄製品の制作技術を独特のデザインや家具の製造に取り入れました。安価で長持ちする、錆びない鉄の家具商品化のためにまず自分の工場で使えるような椅子を造りました、それがAチェア、後のマリンチェアです。

無駄なな装飾のないシンプルで丈夫、実用本位のAチェアは室内のほか、庭でも使える耐久性があり、瞬く間にフランスでの大ヒットチェアになり、グザビエが創立した会社Tolixはインダストリアルファニチャーを量産し、成長していきます。

豪華客船、フランス海軍の採用で国民的チェアに!

トリックスの椅子は外に置いても錆びないので、はじめ海辺のレストランやおしゃれなカフェなどで特に多く使われ、新しいおしゃれなメタルチェアとして知られるようになります。

その後、豪華客船ノルマンディー号の乗組員用の椅子として選ばれ、次いでお客様用にデッキチェアとして使われるようになりました。
またフランス海軍に長年に亘って採用され、名実ともにインダストリアルチェアフランスのトップメーカーになります。

Tolixマリンチェアは豪華客船が採用した椅子、フランス海軍が採用した錆びない丈夫な椅子として人気を集め、錆びないだけでなく軽い、スタッキングできる椅子として海岸に近いカフェ、リゾートのカフェ等から、やがて都市部のカフェ、一般市民家庭にも屋外でも使用できる身近な椅子として使われるようになりました。

90年経っても愛されるヴィンテージチェア

オープンカフェなんか天候やお客様の数で店先の席数変えなきゃいけないので、軽い、スタッキングできる、錆びない、丈夫なチェアは大歓迎ですね。アンティーク・ビンテージなデザインがまた効果的!

デビューしてほぼ90年経った今でも売れ続けています。
発売開始から生産しているオリジナルTolix社のマリンチェア、現在はアメリカが最大の輸出先だとか。
そういえば、アメリカンバーのテーブル席に似合いそうですね。
オリジナルのマリーンチェアは、ニューヨーク近代美術館やポンピドゥー・センターなどにコレクションされています。

お買い得、リプロダクトのマリーンチェア!

こちらでご案内するのはトリックスチェアのリプロダクトです。
トリックスチェアは現在もオリジナルがトリックス社から販売されています。

オリジナル正規品は一脚6万円前後です。
リプロダクトは一脚7000円から1万円ほどです。

7000円ほどのマリンチェは座面もスチールのみ、1万円のマリンチェアはウッドシート(木の座面)になっています。

どこにでもあるようながイニングテーブルにダイニングチェアではなく、個性的なビンテージアイアンチェアで、ダイニングをまとめていただけるよう、ご覧のセットになるテーブルもご用意しました。

チェア単品またはテーブルセットでも

モダンダイニングや北欧ダイニングは椅子に合わせやすいテーブルも多いのですが、マリーンチェアに北欧風やモダンなテーブルは違和感ありますね。テーブルとチェア別々に、またはテーブルとチェアのセットでも揃えられます。
上のウッドシートマリンチェア、小テーブルとの3点セットで5万円台 3点セットを見る
下の150㎝幅のテーブルとの5点セットでは14万円ほどになっています。5点セットを見る
ウッドシートにこだわらなければ2脚セットのチェアと別売りのテーブルで揃えたほうが安くなる場合もあります。

椅子用のクッションを置けばいいのでしょうが、スチールのままだと冬はお尻が冷たくなりそうです。
女性の方は分厚いクッションをご用意ください。

画像を見ると鉄製で重そうですが一脚の重さはほぼ4㎏と軽いのです。

マリーンチェアリプロダクトを見る

ブログ内リビングダイニング関連記事