シングル2台にするなら壁寄せできる収納ベッドがいい!

2台並べるベッド

シングル2台にするかダブルにするかご夫婦でお使いになるベッドでよくある質問です。

新婚でベッドを揃える場合とベッドを買い替える場合とで観点が異なるかと思いますが眠るためのベッドですから問題点はひとつ、どちらがゆっくりねむれるかな??ということなんです。結論から言えば、使いやすくて自由がきくシングル2台がおすすめです

もう一つシングル2台かダブルかでポイントになるのがベッドの大きさ。寝室は6畳ですがシングル2台は窮屈なのではというぎもんもあるかと思います。シングルベッドもいろんなタイプがありますがおすすめは部屋がすっきり片付く収納ベッドの2台。

ベッド2台に収納ができればかなりの大容量。2台同じタイプの引き出し付き収納ベッドだと引き出しの出し入れのためにベッドの両脇に引き出しの開け閉め用スペースが必要で、ほぼ部屋の中央に配置することになります。これが家具をもっと置きたいときちょっとした問題になるんです。

シングル2台にするなら、ベッド下に大量収納できてほかの家具を置く余裕もできる壁寄せできる収納ベッドがおすすめです。
寝室の広さに関係しますのでここではシングル2台を6畳に配置するケースで進めます。

基本的なベッドサイズの確認

ベッドを置きたい部屋の広さは8畳ですか?6畳ですか?ベッド2台だとシングル2台で200㎝、セミダブル2台で240㎝になります。

日本のベッドサイズは統一規格はありませんがほぼ基準となっているサイズは長さ196cm にヘッドボードの厚さが加わります、標準的には215cmというところです。

幅はシングル、100cm セミダブル120cm ダブル140cm クィーン160cm キング180cmです。
シングルサイズについては一般的にシングルベッドは100㎝幅が多いのですがベッドにより97㎝幅もあります。

ベッド2台6畳に置くとなると部屋がベッドに占領されそうな気がしますか?

大丈夫ですよ。この下でご覧いただきますが、平均値としての6畳の部屋の長い壁は360cmです、短いほうは270cmです。
例えば一般的に360cmにシングルベッド2台、200cmの幅は余裕ですね。
ピッタリくっつける、またはサイドテーブルを挟んでツインにするどちらのレイアウトでもお好みのまま、おしゃれな寝室になります

なぜダブルでなくてシングル2台なの!

新婚さんはダブルベッドにしたいでしょうね。でもすぐに悔やむかも知れませんよ。お二人ともお仕事がある場合、しっかり寝ないと翌日の仕事に身が入りません。新婚から2・3年も経つと抱き合って寝るよりゆっくり眠りたいようになるでしょう。 ひょっとして背中合わせになってるかも。(^^)v

ゆっくり寝るには少なくともシングルサイズの広さが欲しい!

140㎝幅のダブルベッドだと一人当たりでは幅は70cmですね、平均的な成人男性の肩幅が55~60㎝なので70㎝はギリギリの幅ということになります。

70㎝だと仰向けにまっすぐ寝た姿勢のままで動けません、実際には足を曲げる、手を広げる、寝返りをうつなどで現実的最小限の幅は肩幅+30㎝のおよそ85~90㎝だそうです、ほぼセミシングルベッドの幅ですね。日本人の成人男子の平均的な肩幅の55~60㎝+30㎝そのまんまです。

ですからセミシングル2台でも寝られないことはないのですが現実的最小限の幅ですので余裕の幅ではありません。

ゆっくり眠りたいときお隣の寝返りの振動で目が覚める、腕があたる、脚があたって目が覚めるなんてことがよくあります。

旦那様が夜のお仕事の場合など、ご夫婦の就寝時間がも違う場合ベッドが揺れて、おやすみになっている奥様を起こしてしまうこともよくあります。ダブルベッドの問題点、デメリットはここなんです。

シングルベッドを2台並べるメリット 。シングルベッド2台並べると100cm×2でキングサイズより大きな2メートル幅になります。 ゆっくり眠るためにはひとり100cmの幅は必要な幅。お隣の寝返りの振動に影響されることもありません。

結婚したころはダブルだったけど、今はシングル2台ですというご家庭は多いです。

メンテナンスもシングルがラク

それに、シングルベッドを2台お求めになればマットレスの好みで別々のが選べます。奥様は柔らかいマットレスが好み、旦那様は硬いマットレスが好みでもダブルは基本的に1枚マットレスでどちらかの好みに合わせるしかありません。

また奥様は寒がり、旦那様は暑がりの場合もダブルだと寝具の調節が難しいです。シングル2台ならそれぞれの好みの寝具にできます。

ダブルベッドならベッドケアの作業が1台で済むメリットはありますがマットレスもシーツもパッドもサイズが大きく、ベッドに風を通したり、ローテーションしたり洗濯したりするのが少し大変。  

ゆっくり眠るため、メンテナンスで骨をおらないため、シングル2台をおすすめします。

シングル2台におすすめの収納ベッド

ご承知のように、ベッドにはステーションベッド、収納ベッド、マットレスベッド、フロアベッドなどの種類があります。

フロアベッドはフレーム内にマットレスをはめ込みますので、2台並べるとマットレスとマットレスがピッタリくっつきません。

ツインのように離してお使いいただくことになります。(連結を前提ににしたファミリーベッドはサイドフレームを外してピッタリくっつくようになっています。)

脚付きベッド、収納ベッド、チェストベッドは2台並べてベッド本体もマットレスもピッタリくっつけられます。もちろん離してツインにもできます。フレームもマットレスもピッタリくっつくシングル2台を選ぶ場合はフロアベッド以外から選ぶのがよろしいかと思います。

シングル2台にしようかなと思うあなたに教えたい、シングル2台にするなら収納ベッドです。戸建てや4DKマンションになると納戸やサービスルームがあって収納部屋にする余裕があるかもしれませんがワンルームはもちろん2DK、2LDKでもどうしようと思うのは収納です。

こんなとき、収納ベッドならベッド下にたっぷり収納できます。しかもシングル2台! 200㎝のベッド下が収納に使えるか使えないか、これは大きいポイントです。

収納ベッド2台にするメリット

2台並べるベッドの最初に収納ベッドをおすすめするのは、200㎝×220㎝の広い面積が収納に使えるからです。
ほかのベッド、例えばローベッドではベッドフレームは床に着いていますので収納はできません。

4脚ステーションベッドやマットレスベッドはベッドの下に空間があり、収納スペースに利用できますがベッド下が丸見えで生活感丸出しということになります。収納ベッドは引き出し付きなのでベッド下の収納物が見えることはありません。

また、引き出しの反対側のフリー収納スペースは4脚ベッドやマットレスベッドと同様に、半年使わない物、季節ものの衣類を入れた収納ケースなどが置けるスペースです。部屋の隅に置くしかなかったり、無理してクローゼットに押し込むしかなかったものがベッド下にすっきり収納できます。

6畳にシングル2台200cmベッドを置いてみる。

シングルベッド2台はぴったりくっつけて200cmの大きな一つのベッドにする、またはサイドテーブルをはさんでツインにするというような使い方ができますが2台のベッドをくっつけ使うのが多いようです。

お部屋の広さや家具の数も関係しますが、シングル2台並べ、シングルのツインなら6畳でもさほどギチギチのイメージはありません。360cmの壁にベッドのヘッド両脇を開ける形で大きな家具一つあるという設定だと以下のイメージです。

2台のベッドをピッタリくっつけると

シングルベッド2台で200cm。360cmのセンターに配置するとベッドの両サイドは80cmずつのアキ。
収納家具があれば家具とベッドの間が30cmほどになってやや狭くなります。

上の配置例からどうしても家具を置かなければならないなら、ベッド全体20cmほど窓側に配置すればベッドに入る、ベッドから出ることも、シーツを取り替える、マットレスのメンテナンスをするにも両サイド50~60cmのアキで作業も楽です。

入口ドアから室内に入っても視界を遮る家具がないので余裕のある開放的な印象の6畳の寝室になります。窮屈な感じはないですね。

おやすみになる広さはまるまる200cm。2台のベッドの真ん中も有効ですからずいぶん広く大きなベッドとして使えます。

通常のベッドだと落下すると怖いのでベッドのヘリギリギリに寝ることはありません、15cm~20cmは余裕をもたせた使えない幅がありますがくっつけますので真ん中のスペースおよそ40㎝が活用できます。
ベッド2台くっつけた200㎝幅はお子さん、お孫さんがいるご家庭ではベッドの真ん中に子供を挟んで川の字も余裕です。

2台のベッドをツインにすると

いろんな投書や質問への回答を見ていても、シングル2台くっつけてますというのが増えているようですね。ちなみに、ご主人と奥様の就寝時間が違う場合は壁から離してベッドの両方からベッドに入れるようになさればいいかと思います。

くっつけた場合と比較しやすいようにセンター配置にしていますが、ベッドの両側にアキがあるので窓際にくっつけても大丈夫です。もし両脇にアキが取れなくてもベッドとベッドの間が空いていますのでお隣を起こす心配はありません
シーツ交換や、マットレスのメンテナンスもベッドとベッドの間が空いているから楽に作業できます。

引き出しを開け閉めするスペースが必要です

6畳にシングル2台は無理なく置けます。くっつけてもツインでも大丈夫です。シングル2台なら収納ベッドがお部屋がすっきりと広く使えておすすめですと書いてきましたが、一つ考えに入れておかなければならないのが、引き出しを開けたり締めたりするためのスペースが必要なことです。

引き出しの奥行はほぼ40~45㎝、それに手前に引き出す人の作業スペースを含めておよそ100㎝は空きスペースが必要ですね。
これが予想外に広いスペースをとることになります、ベッドの両側に約1メートル幅のスペースを遊ばせるのはもったいない。

もし、部屋の中央にベッドを置いて、左右に80㎝ずつのスペースがあっても、出し入れのためにそのスペース内にほかの家具は置けません。それじゃ窓側に寄せたら?窓側に寄せれば窓側のベッドの引き出しが開けられません。

結果的に6畳と8畳の寝室では引き出し収納ベッド2台の横(左右)にはほかの家具を置けないことになります。8畳の場合はベッドの足元に140㎝の余裕がありますのでそこのほかの家具が置けます。6畳の場合、ベッドの足元は50㎝ほどです。置けませんね。

どうしても寝室にほかの家具を置きたいとき

新婚さんなど住居スペースに余裕がなくクローゼットも小さいし、ベッドは収納ベッドにしても寝室にも家具を置かなければならないときはどうしましょう?壁に頑丈な棚を作る? いえ、そんなことしなくていいですよ。

ひとつのベッドは引き出し付きでもうひとつのベッドは引き出しのない収納ベッドにする、またはベッドのフットに引き出しのあるベッドにする。これなら2台のベッドを壁に寄せる、窓に寄せる配置にしても6畳の部屋に広いスペースができて、ほかの家具も置けます。

壁寄せ下ベッド2凱は200㎝。360㎝に200㎝ベッドで160㎝のスペースができます。
収納家具の奥行は平均45㎝。鍵からベッドまでおよそ120㎝の空きスペースですから、引き出しを引っ張り出す手収納物を入れ替えるにも余裕のスペースですね。

収納ベッドを2台置きたい、、ほかの収納家具屋ドレッサーなんかも置きたい時は、壁寄せできる収納ベッドを選んでください。

壁寄せ配置でもたっぷり収納できる2台ベッド

壁に寄せたら壁側の収納が出し入れ出来なくなる心配のないベッド4タイプをご紹介します。ベッドにより最大幅の違いがありますがシングル2台、シングルとセミダブりの2台、セミダヴルベッド2台の組み合わせが可能です。

この4タイプのベッドなら2台ベッドで壁に寄せても壁側のベッドの収納の出し入れができなくなることはありません。壁に寄せて空いたスペースに収納家具が置けるようになります。右のベッドも左のベッドも引き出しタイプだと壁寄せができなくなります。

壁側ベッドをフットの引き出し収納ベッドにする-1

壁側になるベッドを横の引き出しタイプではなく、フットの引き出しにします。
こうすると、壁側のベッドはベッドの幅で1杯、または2杯の引き出し収納ができます。

この2台ベッドの場合、右側はサイドとフットの2か所に引き出し収納が付いています。
引き出しのないベッド下はフリーのストックスペースです。しばらく使わない季節ものが。たっぷり収納できます。

引き出しはタンスと同じBOX構造でホコリや湿気に強い引き出しで丈夫な造りのチェストベッドです。
ヘッドボードとチェストは完成品でお届けなのでベッドの組みたても簡単です。

激安でコスパ最高のベッドをご覧になるならここから
ベッドショップCELLENA Yahoo店
関連記事
タイトルとURLをコピーしました