一人暮らしのシングルベッド!安くておしゃれなベッドさがしガイダンス

一人暮らしのシングルベッド!安くておしゃれなベッドさがしガイダンス
一人暮らしはたいていワンルームですよね
広さ6畳から8畳の一部屋に生活道具、生活用品を納めておかなければなりませんから部屋で一番大きな家具であるベッド選びは一人暮らしを快適にする第一ポイントです。

一人用ベッドにはセミシングルベッド、シングルベッド、セミダブルベッドがあります。
ベッドタイプとしては、フロアベッド、ローベッド、マットレスベッド、すのこベッド、収納付きベッド、チェストベッド、パイプベッド、ロフトベッドがあります。

自分の部屋はこんなイメージにしたいイメージがあるでしょう。でもそれぞれに使いやすさ、使いにくさの両面があります。あなたのイメージに合うベッドはどれ?そのベッドの特徴は?そのベッドでほかの家具はどうします?ここまで考えとかないと不便で窮屈な部屋になっちゃいますね。

まずはベッドタイプの種類と使いやすさ、使いにくさなどを知っときましょう。

目次

ガイダンス1。お探しのシングルベッドはどのタイプ?

シングルベッドでお買い上げが多いのはフロアベッド、ローベッド、マットレスベッド、すのこベッド、収納付きベッド、チェストベッドです。パイプベッドはあの歌「♪シングルベッド」がヒットしたころ一時的にお買い上げが多かったのですがその後あまり動きません。ロフトベッドも同じくです。

あなたが探しているシングルベッド、まずはベッドタイプ、ペッドの種類から

ローベッド
マットレスベッド
すのこベッド
フロアベッド

収納付きベッド
チェストベッド
ソファーベッド についてのダイジェストから。

一人暮らしのシングルベッド、ローベッド


ローベッドはフロアベッドと同じ印象のベッドで、ベッドフレームの高さにマットレスが載りますのでマットレスとフロアの間に10~15㎝程度の湿気を逃がす空間があります。低く寝るベッドが欲しい、だけど湿気の心配がないほうが良ければローベッドがおすすめ。

フロアベッドと同様にベッドに収納機能はありません。
マットレスはスノコに載せるようになりますのでフロアベッドに比べれば湿気対策にはなりますがベッドデザインによってはすのこもマットレスもフレームで囲うスタイルもあります。

一人暮らしのシングルベッド、マットレスベッド


ベッド用スプリングマットレスに台座を付けて一体化させたベッドです。マットレスサイズのレギュラーサイズとマットレスを上下に2分割したタイプがあります。4本脚が付いていますのでベッド下が収納スペースに利用できます。台座フレームなので軽い、模様替えや移動、お掃除もラク!

ベッドとフレームが一体化していますので、もしマットレスが破損したらマットレスだけ取り替えることができないことになります。ま、そんなに乱暴に扱うことはないでしょうし、独身のあいだ、数年使うベッドとすれば使いやすいベッドです。フレームとマットレスが別のニュータイプも出ました。

一人暮らしのシングルベッド、すのこベッド


ベッドの基本形4本脚ベッドです。マットレスを載せる床板が湿気対策のスノコになっているので通称すのこベッド、と呼ばれます。

すのこベッドには大きく分けてウッドベッドとステーションベッドがあります。いわゆる本流の4脚ベッドはステーションベッドと呼ばれる丁寧な造りで大人用。ウッドベッドは主にパイン材のスノコのシンプルな4本脚ベッドです。布団が使えるベッド、ベッド下が収納に利用できるベッドとして一人暮らし女子のベッドに好評です。


ウッドベッドには脚の高さが調節できてベッド下収納が収納量が変えられるベッドも多いです。実家を離れて一人暮らしを始めるとたくさんに荷物を一部屋の中に収納しなければなりません。備え付けのクローゼットも多分すぐに満杯になります。部屋で一番大きな家具のベッドの下を収納に使えるのは、部屋がすっきりする最善の方法です。

シングルのすのこベッドではウッドベッドのお買い上げが多いです。

一人暮らしのシングルベッド、フロアベッド

ローベッドシングル
すべてのベッドの中でお買い上げが多いのがフロアベッドです。フロアに近い低い位置でほぼマットレスの高さで寝るベッド。ベッドが低いので圧迫感がなく、部屋が広く感じます。またベッドのお構造が簡単なので価格的に大歓迎されるベッドで、シングルサイス、マットレス付きは1万円台後半からの安さ。

気になるポイントは湿気。床板一枚の上にマットレスを置くのでマットレスに湿気が溜まりやすいです。月に1・2度マットレスを立てかけておくのがいいです。できれば床板がスノコのすのこフロアベッドをおすすめします。

一人暮らしのシングルベッド、収納付きベッド


ベッド下が引き出し収納とフリースペース収納になっています。ベッド下を収納に使えるベッドはマットレスベッド、すのこベッドもありますが、マットレスベッド、すのこベッドは収納しているものが丸見えですね。収納付きベッドは引き出しなので生活感なしですっきり。

引き出しなので、普通の箪笥の引き出しをイメージしますが、収納付きベッドは引き出しをベッドの下に置くものでタンス構造ではありません。長く出し入れしないとホコリや湿気が溜まりやすくなります。日常出し入れするものの収納にお使いください。


引き出し収納ベッドには女性向けデザインも豊富です。

一人暮らしのシングルベッド、チェストベッド


チェストベッドはその名の通りチェスト(タンス)収納のベッドです。いわゆるローチェストをベッドに組み込んだベッドで、タンスと同じBOX構造でホコリや湿気の心配がありません。チェストの奥(反対側)は長いもの、かさばる物が収納できるスペース。チェストも収納スペースも開放部はありませんのでホコリが積もる心配はありません。

構造的にしっかり作られていますので、収納ベッドとしてはチェストベッドがおすすめですが、しっかり造られた分お値段もしっかり、です。

一人暮らしのシングルベッド、ソファーベッド


独身の方、部屋を広く使いたい方に人気なのがソファーベッド。オフにお部屋でゆったりゆっくりしたいとき、ふかふかのソファーはありがたい癒しの椅子になります。長椅子タイプ、折りたたみタイプがありますが、モダンなスタイルのパーソナルソファーで背もたれリクライニングカウチ、フラットにしてベッドになる3WAYタイプがお買い上げが多いです。

仲良しのお友達が遊びに来る日もソファーにしておけば部屋は広々。リビングのある部屋なら日ごろはソファーで使って、急なお泊まりのエキストラベッドにもなりますね。

ソファーベッドにはサイト内別記事がございますのでご覧ください。

 

ガイダンス2。一人暮らしのベッドで何を優先したいですか?


ベッドタイプでこんなベッドがいいかな、と思えるベッドがありましたか?

このベッドにしてよかったと思えるのは好みのベッドデザインと自分のニーズに合ってるかどうかですよね。

カッコいいデザインを優先したいか、部屋を広く使えるベッドにしたいか、とにかく今は安いベッドで寝られればいいのか。あなたが優先したいポイントにはこんなベッドがあります。

価格優先・・・・・・ウッドベッド、フロアベッド、マットレスベッド
ベッドサイズ優先・・マットレスベッド180㎝ショート、2段チェストベッド180㎝ショート
収納機能優先・・・・2段チェストベッド180㎝ショート、跳ね上げ収納ベッド
睡眠最優先・・・・・ダブルクッションベッド

安さ最優先、徹底的に安いシングルベッドがいい!

初めてのベッド、一人で使うシングルベッドですね。いきなり高価なフレームで高価なマットレスである必要はありません。

フレームもマットレスもある意味消耗品です。とりあえず4年5年使えばいいとお考えください。
学生1年生、社会人1年生も3年4年経つと生活環境も変わります。

新生活のスタートには支出が大きい。だから安さ最優先!
価格最優先となればすのこウッドベッド、マットレスベッド、フロアベッドから。

ご参考 徹底的に安いシングルベッドフレーム人気ランキング

マットレス付き1万円台後半から2万円台前半でいろんなデザインのベッドがあります。
さきにショップをご覧になる場合は画像クリックでお進みください

 

マットレスでなくて布団にしたい場合はウッドベッドの布団対応ベッド。今の布団も使える頑丈すのこベッドとマットレス専用ベッドがあり、布団が使えるウッドベッドがおよそ1万円、マットレス付きで2万円台前半から。

ウッドベッドは4本または6本脚ベッドなのでベッド下が収納に利用できます。低価格と低いスタイルが人気のフロアベッドはベッド下が収納に利用できません、

※これより個別ベッドには商品ページへリンクしております

価格優先で選ぶならこの順番(シングルベッド)

1、低価格優先!すのこ4脚ベッドフレームのみ およそ9000円~

激安のすのこベッド布団対応
一人暮らしのベッド、シンプルなすのこウッドベッド。マットレス使用のすのこベッド、マットレスまたは布団のどちらでも使える頑丈すのこのベッドがあります。ベッド下は収納スペースに利用できますので、ワンルームなどあまり広くない部屋でも収納ケースがたっぷりベッド下に置けます。
男女を問わず学生さん、社会人一年生さんに特に歓迎されているベッドです。
お布団を使うならフレームのみで1万円以内とありがたい安さ!

女子向けすのこウッドベッド
基本的にはウッドベッドに棚、コンセント付きヘッドボードなど、ベッドとしての機能を加えたものです。ベッド機能は上と同じようにベッドの下を収納に利用できます。このタイプのベッドでは収納量に合わせてベッドの高さを変えられるベッドが多くなります一人暮らしになると頻繁にベッドケアもできないでしょうから。ベッドの湿気を溜めないスノコのウッドベッドがおすすめ。
フレームのみでおよそ15000円~

2、コスパ最優先!フロアベッドベッドマットレス付き17,000円ぐらいから

一人暮らしのベッド、価格優先で選ぶかっこいいシングルベッド。フロアベッドは簡単に言うと床に置い他マットレスを囲むフレームです。ほぼマットレスの高さがベッドの高さになりますので部屋が広く感じられます。


フロアベッドでもフラットパネルヘッドボードで照明・コンセントなしはマットレス付きで16,000円ぐらいから、コンセント、照明付きはマットレスセット25,000円ぐらいからになります。フロアに板を敷いてマットレスを置くタイプですから湿気にご注意ください。日の当たる窓際に配置すれば太陽さんがが乾かしてくれることになります。

一番売れているベッド
フロアベッドで気になるのは一部のマットレスがフレームと合ってない、サイドフレームがクネクネするというのがあります。サイドフレームは真ん中で金属板で留めるだけなので多少グラつきやすくなっています。マットレスが合わない、サイドがグラつくのを改善したのがこのベッド。同時に床板を湿気対策のスノコにしました。フロアベッドでは一番人気がこのベッドです。

3、おしゃれで安い!マットレスベッド ボンネルコイル20,000円ぐらいから

一人暮らしのベッド、価格優先ならベッドフレームとマットレスが一体になったショートで軽い低価格帯で丈夫なベッド。マットレス一体ベッドなのでマットレスを買い足す必要はありません

マットレスベッド
自宅で洗濯ができるカバーリングパッドシーツ付き、またはパッド・ボックスシーツ付きマットレスベッドなどがあります。ベッドサイズは195㎝マットレスサイズと180㎝ショートサイズがあります。180㎝ショートは女子の一人暮らしにおすすめですが男性でも165㎝の身長ぐらいまでならサイズ的に大丈夫です。左右2分割タイプは模様替えや移動、お掃除でも軽く動かせるのでか弱い女子に好評です。

マットレスベッドワンルーム用
マットレスベッドはフレームの台座とマットレスが一体のため、もしマットレスが破損したらマットレスだけを交換することができません。このボトムベッドは台座とマットレスは分離しています。破損で交換、マットレスの寝心地を変えたくなっても普通のベッドと同じく入れ替えができます。台座から湿気が逃げやすい構造になっているので湿気も気にしなくて大丈夫。マットレスセットで2万円ちょっとと格安!

さて、どのベッドがあなたのご予算に合いそうですか? 25,000円のご予算ならどのベッドでもマットレス付きでお好み次第です!
今のお布団をそのままベッドで使うなら1万円内も。

低価格優先でベッドを選ぶ、の最期は・・すのこ?

一人暮らしのベッド・・・これをベッドとして紹介していいのか迷いますが、ベッド代わりに売れている寝床用のすのこです。
一人暮らしではベッドフレームなしにマットレスだけお使いの方も多いでしょう。フロアに直接マットレスでは湿気が心配です。朝起きたらマットレスは立てかけていますか?

マットレスだけのあなた、布団をお使いのあなた、せめてフロアにすのこを敷いてマットレス、布団でおやすみください。
ペタッとくっついた面にい湿気が溜まるとすぐにカビさんがやってきます。
一人寝のすのこベッド

ベッドサイズ最優先、一人暮らしにはコンパクトなベッドがいい!

一人暮らしの部屋は狭い、だからコンパクトなベッドがいい。ベッドサイズでは、通常のマットレス195cm+ヘッドボード20cmの215㎝長さのベッドが平均的です。シングルベッドの幅はほぼ100㎝。

6畳の1Kか1Rの部屋だと360㎝×270㎝ですからほぼ1/3がベッドスペースになります。

一人暮らしの部屋で一番大きな家具はなるべくコンパクトなほうがいいです。その意味で、ヘッドボードの厚みが20cmの半分の10cmか、いっそのことヘッドボードなしのベッドが部屋を広く使えます。窓際にベッドを置いたとしたら、ベランダに出るのに通常のベッドだとおよそ50㎝のあき、ヘッドボードなしのベッドだと70㎝のあきになります。

ショートベッドといっても一般的な215㎝のベッドより短い長さ全般か、195㎝マットレスだけの長さか、180㎝マットレスだけの長さのベッドか、ショートの定義が曖昧になりますので、ここでは180㎝マットレスのベッドをショートベッド・ショートサイスベッドとします。

180㎝のショートサイズマットレスのベッドでもセミシングルのショートベッドだけではなく、シングルサイズのショートもあります。
通常のヘッドボード付きベッドでセミシングルは85㎝幅×195㎝マットレスの215㎝、シングルサイズは100㎝幅×195㎝マットレスの215㎝
ショートサイズでは セミシングルは85㎝幅×180㎝マットレス、シングルサイズは100㎝幅×180㎝マットレスです。

ヘッドレスでショートサイズだと通常のベッドより35㎝も空間を広げられることになります。6畳の部屋で30㎝の余裕は大きいですよ!

コンパクトなベッド、マットレスベッドショートサイズ

一人暮らしのワンルームの部屋は必ずしも正方形や長方形じゃありません。斜めになってる、柱が出っ張ってるなどで凸凹型ってのも多いですね。

あ、ここにベッドが置けたら無駄なくすっきりできるのに、と思う場所に、ショートセミシングル、ショートシングルベッドがすっぽり収まったというのもよくある話です。180㎝マットレスのベッドは意外と使い勝手がいいんです!

マットレスベッドショート180
家の間取りは基本的に90㎝の倍数です。ドアの幅90㎝枠にドア枠を取り付けます、窓も180㎝に窓枠を取り付けます、
ですから195㎝や215㎝のベッドでは置けない180㎝にショートベッドは置けちゃうんです。

低価格ベッドのコーナーでも書きましたようにマットレスベッドの下は収納に利用できます。ベッドによっては脚の高さが選べるベッド、オプションで別の高さの脚が変えるベッドがあります。ワンルームをすっきり帆六使うには収納も大きなポイントです。

コンパクトなベッド、ベンチベッドショートサイズ

一人暮らしのベッド、なるべくお値段は安く、でもかっこいいベッドがいい。ですよね。
ショートサイズベンチベッド、これが売れてるんです。ベッドらしくない新感覚がお嬢様にもウケてます。

一人暮らしのベッド
広くて厚めの板をスノコ代わりの床板にした丈夫なベンチベッド。ベッドサイズと同じサイズのマットレスでなくてもいい、お布団でも使える自由度の高いベッドです。
シングル暮らしのシングルベッド

ベンチベッド発売当時はショートセミシングルがはじめでした。それが好評で今ではダブルサイズまで種類も多くなりましたが、今でもセミシングルショート、シングルショートがお買い上げの中心サイズです。

コンパクトなベッド、2段チェスト大量収納ベッドのショートサイズ

一人暮らしで収納は大きなポイントになります。部屋の中で一番大きな核のベッドを収納家具にしてしまおうという発想の引き出し2段となんでも収納スペースの2段チェストベッド。

チェストベッドセミシングルショート
マットレスの長さ180㎝のチェストベッド。凸凹の部屋のどこかに誂えた家具のようにはまってしまうことがあるのはこのタイプ。大小5杯のボックス構造引き出しとその奥はフリー収納スペースで、収納ケースも長いものも入ります。

チェストベッドセミシングル
180㎝マットレスと180㎝ローチェストに薄型ヘッドボードで190㎝の長さになります。あまり家具を置きたくない、家具が置けない部屋でも浅深5杯の引き出しとフリー収納できれいに片付きます。現実的に一人暮らしに一番役立つベッドはこの2段チェストベッドです。

ショートサイズのあるベッド
マットレスベッドショートサイズ
ベンチベッドショートサイズ
2段チェストショートセミシングル

収納できるベッドが最優先、収納機能付きベッドがいい!

 
6畳部屋で一人暮らしを始めると、最初ベッドとTVぐらいしかなかった部屋にどんどん「もの」が増えてきます。

整理ダンス、オーディオ、ラック、ファンシーケース、収納BOXなど。こうなると部屋は通路があるだけで壁際は物置状態。

収納できるベッドがいいです。ベッド下を使えばかなりの量が収納できます。
収納付きベッド、チェストベッド、そして収納物は見えますがすのこベッド、ウッドベッド、マットレスベッドでベッド下を収納に使えるベッドがあります。

大人の寝室でベッド下に収納したものが見えるとあまりいい雰囲気じゃないですが、独身者のワンルームでベッド下に収納はあたりまえ。ベッドの高さに合う収納ボックスに入れてのベッド下ならゴチャゴチャ感もないですね

収納機能つきベッドでは肌着下着も収納できるチェストベッドがいいです。ほかの収納ベッドだと肌着下着などのための整理ダンスや収納ボックスが必要になります。

収納できておしゃれ、引き出し付きセミシングル・シングルショートベッド

一人暮らしの収納ベッド

引き出し収納付き一人暮らしのベッド、セミシングル・シングルショートベッド。照明は付きませんが2口コンセント付き薄型ヘッドボード付き。180㎝マットレスのショートサイズです。ワイドな引き出し2杯とフリー収納。狭い部屋を広く使うには収納量の大きなべっどを活用しなきゃ!

一人暮らしの収納ベッド
180㎝マットレスベッド度に薄型ヘッドボードのフレンチカントリーデザインの女子ベッド。女子好みのあれこれをデザインに取り入れてほんのり華やかなベッドになりました。引き出しとその奥のフリー収納で女子部屋にあってはならない「乱雑さと生活感」とは無縁の部屋になります。片付け上手の一人暮らしのベッドです。

収納付きベッドセミシングル
収納付きベッドシングル

睡眠・寝心地最優先、気持ちよく眠れるベッドがいい!

寝心地でいえばやっぱりホテルのダブルクッションですね。ございますよ、ホテル並みのダブルクッションベッドがお手頃価格で。
一層目に硬めのボンネルコイルマットレス。2層目に柔らかいスプリングのポケットコイル。

ポケットコイルといえば、昨年からベッドとセットになるマットレスが新マットレスシリーズに入れ替えになって、これはいいポケットマットレスが出た!というポケットコイルマットレスがあります。
高密度細径ポケットコイル「プレミアムポケットコイル」

通常のシングルサイズですとポケットコイルは2.0㎜径で465個のコイル数です。プレミアポケットは1.4㎜の細い径で903個のコイルになります。しかもコイルの両側には3種のウレタン層を含む5層の詰め物、これで背中に触る柔らかさが増して寝心地をよくします。


優雅な独身生活を送るあなたには細径高密度ポケットコイルマットレス、これが最高!
スタンダードマットレスのおよそ2倍のコイル数。ただ2枚にしたらポケットコイルの良さがなくなります。通常2mm径の鋼線を1.4mmの細いしなやかな鋼線にしてコイル数を2倍。全体はしっかり、寝心地はポケットコイルらしいソフトなフィット感。

申し訳ないのですが、このプレミアムポケットコイルマットレスは単独で販売されていません、ベッドとセットのみです。またすべてのベッドに採用されているわけでもありません。


ベッド用マットレスのボンネルコイルマットレスやポケットコイルマットレスは標準流通用品でしっかりしたマットレスがあります。
ベッドとのセットでさらにお買い得価格になっているようです。

ベッドの寝心地でこのベッドがいい、このベッドはおすすめできないというものはありませんがベッドの寝心地はベッドフレームやベッドデザインではなくマットレス次第です。

かといって有名メーカーの30万円、50万円のマットレスがいいかどうかは別問題。無理なく買える範囲でのベッドマットレスではどのマットレスがいいのかが最優先ですね。好みのベッドタイプで「プレミアムポケットコイルマットレス付き」からご覧ください

ガイダンス3。一人暮らしにおすすめのシングルはこのベッド!

一人暮らしにおすすめするベッドの具体例、まずは収納付きベッドのシングルです。

住宅事情もずいぶんよくなりましたが、賃貸でも持ち家でも平均すると寝室は6畳から8畳がほとんどですね。

8畳なら家具置きスペースが広くとれますから家具をどうするかあまり心配はいらないのですが、6畳は360cm×270cm、6畳にあれこれ家具が入るとフロアに何もないのは通路部分しかないことに。だから収納家具を増やさず、ベッド下を収納に使えるベッドがいいです。

おすすめのシングル-1、引き出しとフリー収納スペースの収納ベッド

ちょっと狭い寝室をすっきり広くする第一の方策は、部屋で一番大きな家具のベッドを収納に利用することです。4脚ベッドでもベッドの下に詰め込むことはできますがベッドの下には荷物と一緒に生活感も詰め込まれます。

できればベッド下の収納丸見えは避けたいですね、
ご覧ください、ベッドの下に引き出しとフリー収納機能をもった「収納ベッドです。」

男性好みの収納ベッドもスタイリッシュなベッドが豊富です。
CELLENAの収納ベッドでご覧ください

おすすめのシングル-2、大量収納ができてコンパクトな2段チェストベッド

チェストベッドは横長タンスをベッドに組み込むベッド。タンスと同じ引き出しになりますのでホコリや湿気に強いベッドです。チェストの反対側はカーペットなどの長い物、トランクなどのかさばる物が収納できるスペースです。

一人暮らしのベッドにおすすめは2段チェスト。ヘッドレスまたは薄型ヘッドボードで、ドアト柱の間の200㎝以内のスペースすっぽり収まります。なんといっても肌着や下着も大丈夫なタンス引き出しが深方、浅型5はい。フリー収納には長物・かさばり物もOK。ワンルーム女子必見の大容量2段チェストベッドです!

 

チェストベッドセミシングルショート

▲180㎝のショートサイズベッド。ヘッドレスデザインでベッドの長さはマットレスと同じ180cmです。部屋によっては通常のベッドが置けない変形コーナーがあったりしますね。そんな時180cmならうまく置けるという場合も多いです。浅いチェスト4杯と深い引き出し1杯の5杯のチェストと反対側のフリー収納、広げておけば畳2畳ほどのあれこれがベッドの下に収納できます。シングルとセミシングルのショートベッド。

チェストベッドセミシングル

▲180㎝のショートサイズに薄型ヘッド付きベッド。ベッドサイズはほぼ190cmのです。ヘッドボートは照明とコンセント付きで小物が収納できるおしゃれなデザインです。浅いチェスト4杯と深い引き出し1杯の5杯のチェストと反対側のフリー収納。部屋で一番大きな家具のベッドが収納に使えてホコリも入らないBOX構造チェスト。これなら余分な家具をおくことなく部屋が広く使えます。

チェストベッドセミシングル

▲このベッドは180㎝ショートの1段チェストベッドです。高いのが苦手な方もおいでになるかもしれません。一段のチェストで一般的なベッドと同じ高さです。180cmマットレスのショートボディ+薄型ヘッドで圧迫感ゼロ、でもあなたの部屋をすっきりさせる大容量収納ベッドのセミシングル。マットレスセットでお買い上げの方にはショートサイズ用敷パッドとボックスシーツ計3点をプレゼント。

チェストベッドセミシングル

▲180㎝ショートマッドレスベッド+10㎝薄型ヘッドの2段チェストベッドです。2段5杯の引き出しと反対側は大きなフリー収納スペース。容量の大きなひきだしと高さのあるフリー収納で家具の少ないすっきりとした部屋になります。マットレスセットにはショート用敷パッドとボックスシーツが付きます。最寄り点であまり置いていないショート専用リネンはありがたいですよね。

セミシングルスノコチェストベッド

▲通常のベッドのマットレスを使うベッド。ヘッドなしのサイズで長さは199cmです。ホコリと湿気に強い2段チェスト、浅深5杯の引き出しのチェストとフリー収納はほぼどのベッドも同じ収納力ですが、マットレスを載せる床板がスノコになってマットレスに溜まり易い湿気も逃がします。つまり湿気に強いチェスト、湿気を溜めないすのこの湿気対策二重のベッドなんです。湿気に敏感なあなたはこのベッドになさいませ。

大量収納跳ね上げベッド

▲引き出しが必要ないなら圧跳ね上げ収納ベッドがあります。ガス圧ダンパーでマットレスごと持ち上げるベッド。ベッドの下は大きなロッカーみたいな一つの空間です。カーペットなどの長い物、トランクなどのかさばる物が、寝具、収納ケースなどがごっそり入ります。高さが3段階から選べるベッド多数!

なんでも入る収納ベッドですが、衣類は衣装ケースに入れる、または別に収納家具を買うことが必要になります。
長物・かさばりものや長期保管目的でしたらガス圧跳ね上げ収納ベッドも候補になります。

おすすめのシングル-3、ベッド下を収納に利用するマットレスベッド

収納ベッド・チェストベッド以外で人気のベッドはベッド下にクリアボックスなどの収納ができるタイプのベッドです。マットレスベッド 。

ヘッドボードがあってベッドフレームがあって・・・という「ベッドの概念」 を変えたベッド。初めて登場したときはなるほど、よく考えたなという感想でした。ベッドフレームがない、フレームとマットレスが一つになったベッド。

若い年代におしゃれなコンパクトベッドとして人気のベッド。新婚ご夫婦の2台ベッドでのお買い上げも多くなりました。奥様のベッドルームのお掃除がとってもラク!

シングルサイズマットレスベッド
▲180㎝ショートサイズのコンパクトなマットレスベッド。寝具は毛布と掛布団をそろえればいいだけ。ベッド用スプリングなので寝心地マ高級ベッド!ヘッドボードがなくていいなら部屋が広く使えるこのベッド。ベッド下は収納スペースに使えます。
一人暮らしのマットレスベッド
▲195㎝のレギュラーサイズマットレスを2分割してます。あわせて8本脚なので丈夫、ギシギシきしまない、軽い、と好評のベッド。ヘッドがない分部屋が有効に使えます。もちろんベッド下は収納ですよね。
カバーリングマットレスベッド
▲ベッドパットとシーツが一体になったカバーリングでシーツになっています。すぐに洗える、パッドを別に買わなくていいのが嬉しい!好みの色のカバーリングでお部屋のカラーコーデも馴染んだトーンにまとめられます。
一人暮らしの贅沢ベッド
▲最近検索で「ホテルのベッド ダブルクッション」などのキーワードも多いようですが、ホテルのベッドの寝心地を再現したマットレスが二重のダブルクッションも格安。やや古い言葉ですが、独身貴族様御用達。新婚さんの2台ベッドも好調ですよ。
一人暮らしのマットレスベッド
▲フレームとmattressが別になった進化系マットレスベッド。ボトムベッドとも呼ばれます。万一マットレスが破損してもどのメーカーのベッドでも取り替えられます。台座は2分割でしっかり支える8本脚、お買い上げの多いベッドです。

脚付きマットレスベッドショートサイズ 

脚付きマットレスベッドシングル

おすすめのシングル-4、ベッド下が収納に利用できるすのこウッドベッド

収納できるベッドが続きます。広くはないワンルームだからベッド下収納は必要ですね。

別ページでシングルベッドフレームの人気ベッドフレームをご紹介していますように。フレームのみのお買い上げではウッドベッドが上位を独占しています。買いやすい価格で、布団でも使えて、収納できて、ベッド一式なるべく安く上げたいご希望ならウッドベッドですね。


▲シングルフレームランキングでも一位でご案内したシンプルなすのこベッド。布団が使えるのでマットレスを買わなくていい、ベッド下にたっぷり収納できる、ウッドベッドの雰囲気もいい!いうことなしの独身用ベッド!

 


▲ベッドの高さが2段階に変えられます。コンセントが付いてます。布団が使えます。たっぷり収納できます。これだけ使いやすいベッドで布団が使えるからフレームのみ、マットレス付きどちらも好調です!


▲マットレス用と布団用があります。ご予算の都合で布団用フレームでしばらくお布団にして、先でマットレスに変えて使えます。マットレスフレームで布団使うのははスノコ板の強度が足りませんのでおすすめしません。


▲背もたれがリクライニングにでラクな姿勢ができる、布団が使える、安い、折りたためば部屋が広く使える、お掃除がラクと、一人グラスのベッドでは人気の折りたたみベッド。


▲フレンチカントリーデザインのかわいくてフェミニンなすのこウッドベッド。高さ3段階調節可能です、棚付き2口コンセント付き。おしゃれなデザインが人気の女子向けすのこベッド。

若い人に人気のすのこウッドベッドシングル

おすすめのシングル-5、低くてスタイリッシュなフロアベッド

収納できるベッドを優先でご紹介してきました。最後は、収納はできないけど低いデザインがシンプルモダンでかっこいい人気のフロアベッド・ローベッドから、一人暮らしにおすすめのベッド。色やスタイルから男子系になりますが、男子系女子(?)にもおすすめです。

マットレス付きでなるべく安く、なるべくかっこいいベッドからピックアップしました

オススメの人気ベッドマットレス付き1万円台
▲低価格ベッドのウィークポイントがなくなったすのこフロアベッド。マットレス付2万円台、カラーは2色です。

フロアベッドのヘナヘナ・グラグラお改善したすのこフロアベッド。ぴったりサイズ97㎝マットレスで隙間なし。今一番売れているすのこフロアベッドがこれ!

オススメの人気ベッドマットレス付き1万円台
▲CELLENAのシングルベッドでは最多のお買い上げベッドマットレス付き1万円台でもボトムプライスはこのベッド。格安シングルでは累計でトップのお買い上げ。マットレス付きシングルで最安価格のベッドです。パネルボードになります。棚・コンセントは付きません。

激安1万円フロアベッド
▲スカイラインの姉妹ベッドブラウンバージョンのシンプルデザインベッド、マットレス付きシングル2万円台からベッドカラーが2色になりました。人気の格安シングルベッド。シンプルでストレートなデザインのヘッドボードは小物置きの棚とコンセント付き。照明はつきません。

棚・コンセント付きフロアベッド【Geluk】ヘルック
▲お買い得なかっこいい低価格フロアベッド、マットレス付きシングル1万円台。棚・コンセント付きフロアベッドVerhil シングルからキングまでの全サイズ展開のベッドです。シンプルでスタイリッシュな人気のベッド。長期保証の新マットレスになってホワイトフレームも追加いたしました。

オススメの激安ベッド、マットレス付きシングル1万円
格安ベッドマットレス付きシングル1万円台。ブックスタンドタイプヘッドボードの棚とコンセント付き。オーソドックスな本棚スタイルのヘッドボードは棚とコンセント付き。延長コードでコンセントを持ってくる必要はありません。小物置き、寝ている間にスマホ充電に便利。

激安フロアベッドシングル一覧

おすすめのシングル-6、ソファーとベッドで使えるソファーベッド

一人暮らしのベッドで根強い人気なのがソファーベッドですね。平日は仕事に出かけるので部屋でゆっくりする時間はないでしょうが部屋に帰って一人分の食事作って、おしゃれなソファーでワイン一杯だけいただきながら映画でも見て、寝る時間になったら少しフロアを片付ければゆっくり眠れるシングルベッド。

狭苦しさを感じさせないのがソファーベッドの魅力ですね。今お買い上げの中心は3WAYソファーです。一人でもちょっと大きめのソファーにして寝るときはセミダブル・ダブルサイズのベッドで贅沢感を味わうのもアリ!

3WAYソファーベッドダブルサイズ
▲売れてます!ワイドタイプの3WAY、ベッドにしてもかっこいい!類似ベッドも多いのですがこの140㎝幅がが売れてます。ベッド時の長さは190㎝

3WAYソファーベッドシングル
▲一人掛けソファーから一折り戻してカウチソファーに。背もたれを倒してフラットにするとベッドになる3WAY。背が16段階リクライニングで好きな角度でゆっくりできるのが嬉しいポイント。ベッドにしてもかっこいい

 一人暮らしのソファーベッド
▲普段はロングソファー、背もたれを倒して100㎝×190㎝のベッドにするソファーベッド。クッション2個サービス付きです。部屋に入ったときこんなロングソファーがあるのもおしゃれです。

ソファーベッドシングル
▲横に並べておしゃれなロングソファ、テーブルを挟んでソファーセットに、フラットで並べてベッドに。決まりきった使い方がありません。あなたのお好きなようにお使いください。


▲ロングランの人気、背もたれも両サイドも14段階リクライニングのフロアカウチソファー。深スカフロアソファーからリクライニングでフルフラットのベッドに。洗えるカバーリングなので安心!

ソファーベッドをもっとご覧ください
サイト内ソファーベッド記事

 

最近の売れ筋ベッド 2018年ランキングから

おすすめのベッド関連記事から
フロアベッドシングルマットレス付きが安い!

180㎝越したら206㎝マットレスのロングベッド
ロングサイズ収納ベッド

シングルベッド関連記事