ソファーの広さは内寸を確認しましょう

格安で人気のソファー

ソファーは車と同じで、初めはコンパクトでお値段も手ごろな1シート、2シートのソファーに始まり、家族が増えて、また巣立って、年代とともにデザインが変わり、2・3度買い替えて最後にはずっと密かに憧れていたソファーになりますね。

ソファを検索する際のキーワードに「ソファ 2人掛け」「ソファ 3人掛け」というのがあります。もちろん「ソファ 1人掛け」とか「1人用ソファ」もありますがソファ単体でのお求めはほぼ2人掛け、3人掛けです。

届いてみたら意外と狭かった、思っていたより広かったなどのご感想をいただきますがそもそも2人掛け、3人掛けって何を基準にしてるのでしょう。

ソファ一の広さは1人あたりおよそ50㎝

デザインにもよりますが、ソファーの一人当たりの広さはおよそ50㎝。
一人用ソファのシート幅は50㎝前後、2人掛けは100㎝前後、3人掛けは150㎝前後になっています。

商品棚の表示で1P、2P、3Pの表示になっている場合があります。
「1P=1人用ソファ」「2P= 2人掛けソファ」「3P=3人掛けソファ 」です。

一人50㎝って広い?狭い?

一人当たりの広さが50㎝前後って実際にはどう?
二人掛けソファーを買った、二人で座ってみたらちょっと窮屈というご感想が多いかもしれません。
例えば通勤電車ののロングシート7人掛けの座席に座っている感じに近くないですか?電車のシートはちょっと狭いですよね。

電車のシートの一人当たりの幅はおよそ45㎝だそうです。
これだもの、狭く感じるはず、せめて50㎝でしょう。

女性の肩幅平均40㎝弱、男性の肩幅平均45㎝弱

日本人の平均的な肩幅は女性がおよそ40㎝、男性が45㎝といわれます。これは直立で腕を体に添えた状態ですね。普通直立不動の姿勢なんてしませんのでこのサイズで何人も座ることを想定したら電車のシートの一人45㎝はやっぱり狭い。

少し前の電車だと両端は鉄パイプだけだったので腕や肩をシートの外側にすることもできましたが、最近の電車はアクリルの壁の仕切りになってシート幅内に詰め込まれますから余計に狭くなりました。腕を前に出して肩幅を狭くしなければなりませんね。

ソファの一人50㎝も大きな余裕ではない

ソファの場合およそ50㎝幅は一人分のシート幅になっています。2人掛けソファに女性2人の場合はまあまあの広さかもしれません。でも2人掛けソファーに男性二人はちょっと窮屈です。

カップルで座るとしてもあまり余裕のない幅になります。
ま、通勤電車のシートのような仕切りのアクリル板がソファの両脇に立っているワケじゃないのでひじ掛けにもたれて体を少し傾けられますので極端な窮屈感はないかもしれません。

ソファーサイズの例、1P,2P,3P

実際に販売中のひじ掛け付き一人用ソファ、2人掛けソファ、3人掛けソファです。

ソファの幅の内寸チェックがポイントです。


このソファー一人掛けのサイズは幅76x奥行き73x高さ79.5cmです。
ソファーの幅は76㎝で、ひじ掛け幅10㎝×2でシートの幅は55㎝。
55㎝あれば一般的な大家の男子でもゆっくり座れます。

 


同じシリーズの2人掛けソファです。
全体のサイズ(外寸)は幅131x奥行き73x高さ79.5cm
シート面内寸は111㎝になっています。上の一人掛けシート2枚並べの幅ですから男性二人でもまあまあの余裕でしょう。

ベッドデザインによりシート幅が105㎝前後のソファもあります。ひとり50㎝より狭くなると窮屈な感じになりますのでひじ掛けの有無、ひじ掛けがリクライニングか、取り外しができるかなどのチェックしてください。


同じデザインのソファーの3人掛けの例です
ソファ本体外寸は幅187x奥行き73x高さ79.5cm
シート内寸は167㎝で3人座ってもまあまあの余裕サイズです。モデルさんが女性なので窮屈さはありませんね。

デザインによっては3人掛けで内寸145㎝前後のソファーもあります。
2人掛けで書きましたように、ひとり50㎝より狭くなると窮屈な感じになりますのでひじ掛けの有無、ひじ掛けがリクライニングか、取り外しができるかなどのチェックしてください。

実際は3人掛けだからいつも3人が座るってこともないでしょうから。3人掛けで140㎝でも大きな問題ではないかもしれません。ソファについての基礎知識の一つぐらいでいつは必要な時に思い出してください。

ソファサイズで忘れがちな壁とソファの間

ソファをお求めになる場合にソファ全体のサイズ、幅と奥行きと長さはたいていは気にされていると思いますが、忘れがちなのがリクライニングソファで背もたれを倒した時のサイズです。

ひじ掛けがリクライニングになっているソファは、壁のへこみ空間にピタリとはめ込むことはないので気にしなくていいですが、リクライニングで背もたれを倒すってことはうっかり忘れて背が倒れない、またほかの家具も移動させて配置のやり直しってことにもなりかねません。

リクライニングできるソファやソファーベッドは最大に倒したばあの寸法を忘れず要チェック!


例えばこの人気の2人掛けソファは背とひじ掛け共に5段階リクライニングでフラットにできます。
リクライニングを使わないなら壁にくっつけていいのですが、リクライニングだから買った場合、背を壁に着けたら倒すスペースがなくてリクライニングが使えません。

背もたれの高さ45㎝ですからフラットにしたら95㎝になります。動かし易い場所でしたらソファを手前に45㎝動かすだけで済みますが手前にほかの家具などがあればそれらの移動も大変。

せっかくのリクライニングです。機能が使えないってのももったいないですね。

ひじ掛けなしハイバックリクライニング、おすすめのソファ

リクライニングソファといえば、多くのソファがある中で、これはおすすめしておかなければというのがこのソファです。

ブラウンとブラック、モダンなデザインで14段階リクライニング、3部分のセパレートでレイアウトフリー。おすすめできるソファです。

おすすめのソファ。14段階リクライニング3点ソファセット
オシャレなリクライニングソファ。3点レイアウトフリーで買うと、対面、コーナーのレイアウトで使えます。ロータープ、フロアタイプで使えます。カラーはブラウンとブラック。これはおすすめできるソファーです。

10㎝ショート脚で、または脚を付けずにフロアソファとして使えます。
2人掛けソファ+1人掛けソファ+オットマンの3点セットです。
そのぞれの配置でカウチソファ、コーナーソファ、テーブルを囲んでの対面ソファーの3レイアウトにできるのがいいですね。

中型大型家具でお届けに少し時間をいただきます

宅急便・宅配便の規定サイズをオーバーしますのでカーゴサービスでのお届けになります。宅急便・宅配便のようなスピード配送ができません。九州・中国・四国ではおよそ5~7日 関西で6~8日、関東で7~9日ほどお届けにかかります。

発送後カーゴサービスの運送会社からお届け日時の打ち合わせの電話があります。
覚えのない電話番号だとスルーしないで自分の名前を先に名乗らず応答してみてください。

ブログ内ソファー関連記事

タイトルとURLをコピーしました