収納ベッド4タイプの選び方とメリットとデメリット

収納ベッド4タイプの選び方とメリットとデメリット

収納ベッドはベッド下の空間に収納機能の付いたベッド全般を指しますが、収納ベッドと言われるものには4種類があってどんなものを主に収納したいかによって選ぶベッドが違ってきます。

ベッドという大きな家具を収納に利用することで、お部屋の整理が簡単、いつもお部屋ををすっきりさせます
床に散乱しそうな小物を収納したいですか?、毎日の寝間着やシーツなどを収納しますか?とにかく何でも収納できるベッドがいいですか?

少し長くなります。気になる項目は下の目次のリンクからお先にどうぞ。

収納ベッドの選び方

普通のベッドなら別に洋服ダンスが必要になるところも収納ベッドがあるから余分な家具は不要になるのでお部屋が広く使えます。
また廊下の壁や部屋の隅に立てかけてある冬物カーペットやラグ、旅行カバンやプラ収納ケースもベッド下に収納できます。

ただし、収納ベッドは4つの種類があって収納できるものの得意・不得意がありますのでどのタイプに何が収納できた何が収納できないか知っておかないと自分が収納したいものが入らない、開けてみたら大事なお洋服がホコリだらけ、てなことになります。

主に何を収納したいのか、収納ベッド4タイプはどんなベッドか、主にどんなものお収納したいかを考えて選んでください。

収納ベッド4タイプ、それぞれの特徴

収納ベッドの4タイプとは、
・チェスト収納ベッド
・引き出し付き収納ベッド
・2段チェストの収納ベッド
・丸ごと収納スペースベッド です。

チェスト収納ベッド


チェスト組み込みベッド・ホコリが入らない引出しと長物かさばりものもOKのフリースペースがあります。
BOX構造で「箪笥の引き出し」と同じです。埃や湿気が気になるかた、通常のご使用範囲でその心配はありません。

上の引き出し付き収納ベッドで申し上げた肌着・下着、素肌に着ける衣類やリネンなどの収納にもお使いいただけます。
チェスト組み込みの反対側は長物・かさばるものなどのフリー収納スペースです。
一般のご家庭の寝室に置く収納ベッドではこのタイプがおすすめの収納ベッドです。

引き出し付き収納ベッド


ベッドの下を区切って引き出しを置いたタイプの収納ベッドです。引き出しはワイド90cmが2杯のタイプが多いです。引き出しの反対側は長方形×ベッドの高さのフリー収納スペースです。

フリースペースも真ん中に仕切りの板があり頭部と脚部の大きな桝になっています。トランクや圧縮した布団、プラ収納ケースに入れた季節もののお洋服などの収納に便利な空間です。

下でご紹介するチェストベッドと違うのは、引き出しはベッド下に置かれた状態で、引き出しを囲う構造(整理ダンスみたいな構造)ではありません。ベッドによっては部屋の埃がベッド下に入りやすいものがあります。
肌着・下着、素肌に着ける衣類やリネンなどの収納には不向きかと思います。

ワンルームベッド(2段チェスト収納ベッド)


大人の寝室に合う引き出し1段タイプのチェスト収納ベッドのホコリや湿気の心配がない引き出し2段のベッド。
ワンルーム暮らしやコンパクトな収納ベッドをお探しの方のために、ベッドの長さが短めになっているのが特徴です。

段チェストベッドには一般ベッドと同じ195マットレスを使うベッドと、180cmショートマットレスを使うベッドがあります。ワンルームにおすすめは180cmショートマットレスを使う2段収納ベッド。

ヘッドボードレスまたは薄型ヘッドボードでコンパクトに仕上がっていますから狭いワンルームも広く使えます。

一人暮らしの部屋を広く使う、収納家具を少なくするには最適なベッド。コンパクトながら大容量。ワンルームの収納家具はこのベッドだけでほとんど収納できてしまうでしょう。

ガス圧跳ね上げ、丸ごと収納スペースベッド


大きな空間に自由に詰め込めます。長物かさばりものもメイン
マットレスを置く床板全体を持ち上げるタイプです。ガス圧で女性でも簡単にもちあげられるようになっています。ご覧のように仕切りのない大きな箱。

ベッドの下がまるまる物入れ。長いものかさばるものもすべてOK。肌着や下着の収納には向きません、別途タンスが必要になります。

引出し付き収納ベッド・・出し入れが楽な引出し付きとフリー収納スペース。
構造上収納スペースの中央に仕切り板があり長物が収納できません。
引き出しをベッドの下に置くタイプでホコリ対策はなされておりません。

収納ベッド4タイプのそれぞれのメリットとデメリット

収納ベッド4タイプの特徴でわかる主な違いは

チェスト組み込みベッド・ホコリが入らない引出しと長物かさばりものもOKのフリースペースがある。

引出し付き収納ベッド・・出し入れが楽な引出し付きとフリー収納スペース。構造的に長物が難しい。

2段チェストベッド・ホコリが入らない引出しと高さに応じたかさばり物が入るスリースペースがある。

ガス圧跳ね上げ収納ベッド・・・大きな空間に自由に詰め込めます。長物かさばりものもOK、だけど小分けできない。

ではメリットとデメリットを詳しく!

チェストベッド(1段チェスト)のメリットとデメリット

工場で組み立てが完成したBOX構造ローチェストを組み込むベッドはローチェスト・ベンチチェストといわれる形の箪笥をそのままベッドに組み込むので埃が入りにくい引出し収納ベッドですです。

タンスを組み込んでベッドのフレームとしても利用しますので構造的に頑丈になります。
またベッドの周囲はぐるりと隙間なく囲まれますのでベッドの横やヘッドボードの下から埃や湿気が入り込まない利点もあります。


収納は平均的に引き出し2杯または3杯とその反対側にフリー収納スペース。
構造的にベッド中央に仕切り板を必要とはしないので長方形×ベッドの高さですからカーペットなどの長いものも収納できます。

ワンルームの一人暮らしの方に人気のベッドは引き出しが2段、通常は浅い引き出し4杯と深い引き出し1杯の5杯の引き出しになります。収納家具にマットレスを載せたベッドと言ってもいいぐらいですね。

このまま販売できるクオリティのローチェストをベッドに組み込んだのがチェストベッドです

 

一段チェストベッドのメリット

組立が複雑なタンスとヘッドボードは工場完成品でお届けします。タンス(ベンチチェスト・長ダンス)を組み込みますのでベッド全体の組立てが簡単。ベッドの強度が増すということ。

それになにより、単独でも商品になる造りのチェストですから虫や埃が入りにくい。ですから肌着・下着・タオル。ランジェリーなど直接肌に重ねる衣類な路も安心して収納できます。

またフリースペースに仕切りはありませんので長尺物も収納できます。
サイドフレームも床までですので、横から、ヘッドボードの下からホコリが入ってくることもありません。

一段チェストベッドのデメリット

チェスト1段のベッドに特にデメリットになるものはありません。タンスと同じ構造の引き出しで収納されたものをホコリと湿気から護ります。

しっかり作られた分、お値段的にややお高くなります。例えばシングルのボンネルコイルマットレス付きでチェストベッドは5万円、引き出し収納ベッドはおよそ3万円です。

ベッドの出費をなるべく安く上げたいとご希望の方にはデメリットかもしれません。

チェストベッドのメリットとデメリットまとめ
・ヘッドボードとチェストは完成品で組み立てがラク。構造的にも頑丈
・引き出しはタンスの引き出しと同じBOX構造、ホコリと湿気に強い。
・フリースペースには190㎝ほどの長物も収納できる

・しっかり作られた分重くて移動が大変、お値段も高くなる

引出し付き収納ベッドのメリットとデメリット

収納ベッドでお買上げの中心はこれ、「引出しタイプの収納ベッド」です。
ベッドの下の右半分に引出し、左半分がフリースペースというベッドです。
引き出しの位置は左右どちらでも可能です。比較的低価格もポイント!

引出し付き収納ベッドのメリット

引出し付き収納ベッドは、日常の物の出し入れは引き出しの開け閉めだけ、布団をのけて、マットレスを上げてという肉体労働はありません。

引出しは通常2ハイまたは3杯です。種類別に分けて必要な引出しだけの開け閉めで用が足ります。毎日取り出したり入れたりするものがベッド下の引き出しで間に合う、これはありがたいですよね。

引き出しの反対側はフリー収納スペースです。ベッドの床板までの高さでかさばる物の収納に利用できます。

季節ものは箱やプラ収納BOXに入れてベッド下のフリー収納に置けば、部屋もすっきり、生活感も消えるということに。

引き出しの幅(奥行)はどのサイズも同じなので、ベッドサイズが大きいほどフリー収納スペースも広くなります。

室内に家具をあれこれ置きたくない寝室などに収納ベッドがおすすめです。

引出し付き収納ベッドのデメリット、

引出し付き収納ベッドは簡単に言うと引出しの木箱をベッド下に置くタイプ。引出しにはフタ・囲いがないのでベッド下のホコリが引出しに入りやすくなります。

あと半分のフリー収納スペースに床板を支えるための仕切りが入ります。このため長物の収納ができません。

チェストベッドの場合はタンスタイプの引き出しですから肌着や下着もおすすめできますが、引き出し付き収納ベッドは下着・肌着はおすすめしにくいです。

肌着下着は別の家具がある、本やCD、DVDや子供のおもちゃなんかが収納できればいい場合はこれでOKです。

引き出し付き収納ベッドはデザインが豊富です。ワンルームの女子向けショートサイズセミシングルから、大人の寝室向けクイーンサイズ、キングサイズまでおすすめのベッドがございます。
デザイン豊富な収納ベッドショップもご覧ください

引き出し付き収納ベッドのメリットデメリットのまとめ
・収納の出し入れが簡単。
・収納物が消えないので生活感のないすっきりした部屋にできる。
・長尺物は収納できないが箱物がフリースペースに収納できる
・長期間出し入れがないと引き出しにもホコリが溜まりやすい

2段チエスト収納ベッドのメリットとデメリット

チェスト組み込み収納ベッドでワンルームの一人暮らしの方向けにデザインされているのがこちら、2段チェストの収納ベッド。ベッドサイズはセミシングルから。

ワンルームの一人暮らしの方のお買上げが多い2段収納なのでどのベッドもセミシングルからです。

ベッドの中はこんな感じです。

2段チェストになりますので平均的なベッドのマットレス面より高くなり50~55cmほどのマットレス面になります。その高さの分、収納量も倍増。引き出し収納も2段5杯の引き出しになり、長いものもかさばる物も収納できるフリー収納スペースも深さが平均40cmぐらいと大容量になります。

埃や湿気に津酔うチェストをベッドに組み込みます。ワンルーム暮らしに最低限必要な肌着、下着も衣類はすべて収納できるほど。「ワンルーム一人暮らしにおすすめの収納ベッド」でもご案内していますが、一人暮らし女子にはまず一番におすすめする収納ベッドです。

2段チェスト収納ベッドのメリット

・大型収納スペースにホコリが溜まりにくい
・引出しに埃が入らない
・引出しに湿気がたまりにくい
・肌着下着も安心して引出しに収納できる
・長物、かさばる物は大型収納スペースにまとめて収納できる
・一人暮らしの部屋はこのベッド1台で収納できる大量収納
・タンス組み込みなのでベッドの強度が頑丈。
・組立てが簡単(ネジはわずか10本ぐらい)
・コンパクトサイズで部屋が広く使えます

一人暮らし女子のお買い上げが多いのでも少し詳しくご案内します

大型収納スペースにホコリが溜まりにくい
引出し収納ベッドの場合はヘッドボードの下、引き出しの反対側が空間になっており部屋のホコリがたまりやすいです。

チェストベッドは四方がベッドフレームで囲われたタンスと同じBOX構造、フリー収納スペースもマットレスを載せる床板がフタになりますので大きな収納スペースにも埃が入りにくい作りです。

引出しに埃が入らない、引出しに湿気がたまりにくい
完成品のチェストを組み込みますので引出しを開けっ放しにしない限りホコリが入り込む心配がありません。

マットレスの下がスノコなら湿気が収納スペースや引出しに溜まりやすいですが付か板を敷きますので湿気も大丈夫です

※マットレスと床板の接面は湿気が溜まりやすくなりますので週に1・2度はマットレスを上げて風を通してください。

肌着下着も安心して収納できる引出し
引出し収納ベッドや跳ね上げ収納ベッドではおすすめできない大切なポイント、それがデリケートな肌着下着も安心して収納できること。
ベッド下にある物引き出しはきちんと作られたタンスです。ですから肌着・下着・タオル。ランジェリーなど直接肌に重ねる衣類なども安心して収納できます。

長物、かさばる物は大型収納スペースにまとめて収納できる
チェストの反対側はベッドの長さの大きな収納スペース。仕切りがありませんのでほぼマットレスの長さと同じ長尺物も収納できます。冬しか使わないもの、夏しか使わないものやバッグ、トランクなども収納できます。季節の衣類もクリアボックスに入れてこのスペースへ収納できます。

一人暮らしの部屋はこのベッド1台で収納できる大量収納
肌着や下着用に別の整理ダンスお買う必要はありません、また、部屋の隅に立てかけておくしかなかった長物やかさ張る物、ベッド下が見えるとせっかくの部屋が生活感でダサくなるクリアケースなどもみ~んなベッドの下、一人暮らしの収納はこのベッド1台でおさまってしまうでしょう。

2段チェスト収納ベッドのデメリット

2段チェスト収納ベッド、1段チェスト収納ベッドとも、ベッドとしてのデメリットらしきものが考えつきません。

強いて書くなら、ほかのベッドより価格だ高くなります。ほかのベッドのシングルマットれる月は25000円ぐらいですが2段チェストは45000円ぐらいからです。

また、引き出しが2段になるので2段チェストではおやすみになるベッドのマットレス面が50~55cmぐらいになること、この2つぐらいです。

でも、考えてみれば、2段チェスト収納ベッドはローチェストと大型収納庫とベッドの3つをまとめて買ったようなのものですからお得ですよね!

通常のベッドならマットレス面の高さはおよそ40~45cmです。2段チェストは10センチ高くなることでチェストの収納量、フリースペースの収納量が大きく増えますので収納目的でチェストベッドをお選びになるなら大量収納の2段チェスト収納ベッドがおすすめ!

セミダシングルかシングルかどちらがいいかについてはあなたのお部屋次第です。
スクウェアで凹凸がない間取りならどちらでも大丈夫ですが、変形間取りやベッド設置場所が限定される場合はセミシングルのショートベッドがちょうどいい場合があります。

2段チェストベッドのメリットとデメリット(かなり簡単に)まとめ
・ヘッドボードとチェストは完成品で組み立てがラク。構造的にも頑丈
・引き出しはタンスの引き出しと同じBOX構造、ホコリと湿気に強い。
・フリースペースには長物も収納できる
・2段5杯の引き出しに小分け収納できる
・高さが高くなった分収納量も大きくなる

・しっかり作られた分重くて移動が大変、お値段も高くなる
・2段の引き出しなのでベッド面が高くなる

ガス圧跳ね上げ丸ごと収納ベッドのメリットとデメリット

跳ね上げ収納ベッドのメリット


跳ね上げ式収納ベッドは、ベッド下の空間をそのまま丸ごと収納スペースとして使えること。横1メートル(ベッド幅)、長さ2メートル、高さ30センチほどの大容量収納スペースを自由に利用できます。

カーペット・ラグの長いもの、たまにしか使わないトランク、カバンなどのかさ張る荷物も問題なしで余裕の収納量です。季節の服などもクリアボックスに分けてこの大空間に整列させることができます。

マットレス、蒲団もそのまま、床板ごと持ち上げられるようガス圧ダンパーが装備されますので女性でも片手で簡単に開閉できます。とにかくいろいろベッド下に収納したいご希望にはこのベッドがおすすめ!

跳ね上げ式収納ベッドのデメリット


跳ね上げ式は仕切りのない大きな箱に大小問わず収納することになりますので、整理して入れておかないと後で取り出したいときが大変です。

手前に収納したものは問題ないのですが、奥にいれたものを取り出す場合に手前の荷を一度出さないと奥の物が取り出せない不便さもあります。

引き出しがないので小分けで収納ができません。毎日取り換える小物や下着・肌着タオル入れなどは別に家具が必要になります。

小分けできる収納家具は別にあれば、部屋に置くと邪魔になる物、クローゼットに入りきれなくなった箱物など、あまり出し入れしない物の収納がメインでしたらガス圧跳ね上げ式収納ベッドがおすすめです。

跳ね上げ式丸ごと収納ベッド、メリットデメリットのまとめ
・ベッド下全面、仕切りなしの大量収納
ガス圧なのでマットレスごと女性でも簡単に開閉できる
・縦開き横開きがありレイアウトに合わせたベッドが選べる

・小分け収納ができない
・縦開きは特に、奥の物が取り出しにくい

いろんなデザインの収納ベッドがあります、ショップでご覧ください

引き出し付き収納ベッド 大人のチェストベッド ワンルームにはこのベッド跳ね上げ収納ベッド

収納ベッド4タイプの使いやすさランキング


収納ベッド4タイプの収納量、のメリットデメリットと、使いやすさで総合的におすすめ度をランキングするとこうなります。
総合的な評価はご参考ランキングです。お客様がどんな収納ベッドをご希望なのか、個別項目の評価を優先されたほうがご希望通りの収納ベッドタイプになります。
収納ベッドは それぞれの構造により収納機能に違いがありますので目的に合う収納ベッドをお選びください。

評価ポイントは収納量、長物収納、かさばるものの収納、肌着下着の収納が可能か、引き出しにホコリが溜まらないかの5項目です。それぞれの項目について5段階評価しております。

とにかく何でも入る大容量収納が希望なら「収容量」の評価が高い収納ベッドを、
タンスとしてデリケートな衣類も直接引き出しに収納したいなら「肌着収納」「ホコリ対策」の評価が高いベッドがおすすめです。

収納ベッドの総合的ランキング

1位、2段チェスト収納ベッド
2位、1段チェスト収納ベッド
3位、跳ね上げ収納ベッド
4位、引出し付き収納ベッド

■ランキング1位と2位の1段チェストベッドと2段チェストベッドの違いは収納スペースの高さの違い。10~15㎝の高さの違いが引き出しの違いとかさばるものの収容力の大きな差になります。

収納量、出し入れのしやすさ、ホコリ対策などのポイントで総合評価が高いのはチェストベッドです。衣類は別に収納家具がある方は長物、かさ張る物のトランクルームがわりに跳ね上げ式収納ベッドがいいかもしれません。

CDやDVD、本などの収納がメインでしたら引出し付き収納が割安でオススメになります。

■収納ベッドランキング4位の跳ね上げ式収納ベッドはベッドの下がまるまるフリー収納に使える大きな箱になります。マットレスを置く床板が蓋になりますのでホコリの心配はありません。

カーペットなどの長物や大きめの収納ケースやトランクなども自由に詰め込めます。細かい仕切りのない、なんでも収納できる大容量がメリットですが、衣類や小物の整理には向きません。

クリアケースや段ボールに詰めてベッド下に置くことになります。出し入れの都度布団などを床板ごと持ち上げる手間がかかり、ガス圧の器具が故障した場合の対応が難しい難点があります。

■引き出し付き収納ベッドはベッド下は4脚ベッドやマットレスベッドと同じ空間に引き出しを置くものとお考えください。ホコリがたまりやすい構造で、真ん中に仕切り板があるためチェストベッドでは可能な長いものの収納ができません。

総合的におすすめの収納ベッドはチェストベッド

長物、かさばりものが収納できるのはチェストベッドも跳ね上げ収納ベッドも同じですが、跳ね上げ式ベッドには肌着・下着を入れるホコリの入らない引き出しがないんですねえ。もう一つ収納タンスを買い足さなければならなくなりります。

お使いになる身になって収納ベッドを総合的に評価すれば、やはりチェストベッドがトップです。

これから収納ベッド購入をお考えなら チェストベッド(チェスト組み込みベッド)をおすすめします。
ホコリのはいらないチェストと長物も収納できる大きなスペースを区分して使えて便利

1段チェス収納ベッドか2段チェスト収納ベッドか

チェストベッドには1段チェストベッドと収納量倍増の2段チェストベッドがございます。

1段チェストベッドと2段チェストベッドの違いは引き出しの数とベッドの高さの違い。

1段チェストベッドは2杯、およそ90㎝×奥行45㎝のワイドな引き出しまたは60㎝幅×45㎝の3杯の引き出しです。2段チェストベッドはおよそ60㎝幅の浅深5杯の引き出しになります。

ほぼ15センチの高さの違いが引き出しの数の違いとかさばるものの収容力の大きな差になります。

ご自分の部屋で収納したいものの種類や大きさ、長さなどお考えの上1段か2段かお第一候補でお気に入りベッドをおさががしください。

予算の都合でチェストベッドでないほうがいいなら

キャスター付き引き出しの収納ベッド

ショップでいろんなベッドを見るならここから

チェストベッドセミシングル一覧

チェストベッドシングル一覧

収納ベッドセミシングル一覧

収納ベッドシングル一覧

丸ごと収納ベッドシングル横開き一覧

ベッド関連記事