ネックレスとペンダントの違いと長さの違い

ネックレスとペンダントの違いと長さの違い

ダイヤモンドネックレス、ダイヤモンドペンダント、ダイヤモンドだけでなくネックレスとペンダントの違いってよくわかりませんよね。

知ってるからどうなの?という程度のお話ですが、知ってて損はないでしょうから、知っておきたい方は以下にお進みください。
ネックレスとペンダントの違いに続いてネックレスの長さについての解説をしています。

ネックレスとペンダントの違いはある?ない?

ネックレスとペンダントはベツモノ?実は違いはありません。首飾り(古~!)の総称がネックレスで、ネックレスの中にペンダントが含まれます。ネックレスとペンダントと使い分ける必要がある場合に「ネックレス」と「ペンダント」の区別があるぐらいです。

もう少し詳しく言うと。首飾りには主に二種類あって、例えばチェーンだけ、真珠だけ、ストーンだけのものがネックレスです。チェーンや皮紐・網紐などに別の飾りをぶら下げたものがペンダントです。

ペンダントの語源はPend です。宙に浮いている、ぶら下がっているという意味で 日本語でも一部でペンディングしようとか、ペンディングになったということがあります。Pendingするとは宙ぶらりんにする、つまりは保留にするということです。

ペンダントはPendのぶら下げるが語源となってネックレスにぶら下げる飾りがペンダントと呼ばれるようになったようです。ぶら下げる飾りそのものがペンダントヘッドですね。

画像で見るネックレスとペンダントの違い

どっちもネックレスでいいんです では記事が一行だけになっちゃいますので少しぜい肉をつけさせていただきます。ぶら下がっているペンダントヘッドがあるとないの違いを画像でご覧ください。

ぶら下がってる飾りがあるのはペンダント

ダイヤモンド+チェーンの場合は。

例えばこのダイヤネックレスの場合はプラチナチェーンにダイヤモンドのペンダントヘッド。ペンダントでありネックレスです。
ダイヤモンドネックレスでもダイヤモンドペンダントでもどちらでも間違いありません。
ダイヤモンドの着いたチェーンの装飾品はダイヤネックレス、ダイヤペンダントでいいんです。

2ctオーバルカットルビーペンダントネックレス - 拡大画像
きれいなルビーですね。これもルビーのペンダントであってルビーのネックレスでも間違いありません。

純プラチナ 計0.5ctダイヤモンドクロスペンダント(十字架ネックレス)約42cm - 拡大画像
ダイヤモンドのクロス、これもクロスのペンダントであってクロスのネックレスでも間違いありません。

ネックレス本体に何かぶら下がっていたらペンダントであってネックレスでもあるんです。

ぶら下がってる飾り(ヘッド)がないのはネックレス

下の画像の真珠の場合はネックレスとは言いますがペンダントとは言いません。

ペンダントと呼ぶべきヘッドがぶら下がってないですからパールの場合はネックレスです。

男性用のチェーンもネックレスとは言いますがペンダントとは言いませんね。
喜平8面カットネックレス

こちらは琥珀のネックレス、ペンダントではないですね

造幣局検定刻印入り 純金 k24 7連 ペタルネックレス チェーン

つまりネックレスはチェーンだけのものと、チェーンにヘッドを付けたものを含むいわゆる首飾りの総称です。
ペンダントはネックレスにヘッド(ペンダントヘッド)の付いたもの。この区別があるんです。ですからペンダントヘッドがある物をネックレスと呼ぶのはいいのですが、ペンダントヘッドのないネックレスをペンダントと呼ぶと???になっちゃいます。

首飾りの総称がネックレスです。その中でペンダントヘッドが付いている物がペンダント。
ペンダントをネックレスとは呼ぶけれどヘッドのないネックレスをペンダントとは呼びません。

これはネックレス?ペンダント?

少し意地悪な問題

見た目にぶら下がるものがなければネックレス、ぶら下がってるものがあればペンダントってわかりますが、例えばこんなアクセサリーはどっちなのでしょうか

8mm珠 アコヤ真珠 5ストーン ペンダント ネックレス - 拡大画像アコヤ真珠 ネックレス パールネックレス K18 ピンクゴールド 8mm 8ミリ珠 40cm 長さ調節可能(アジャスター付き) あこや真珠 ペンダント パール 本真珠 - 拡大画像
ぶら下がってないですね。でもチェーンだけじゃない。

お答えはペンダントです。
ぶら下がっていなくてもペンダント。その理由は飾りの重さでネックレスの形がV字になるから。

チェーンだけ、パールだけのネックレスは首に着けたとき緩やかなU字になります。
ネックレスに飾りをつけたペンダントはヘッドの重さでV字になります。

U字の物はネックレス、飾りがあってV字になる物はペンダント。この見分け方があります。

首に着けてU字になるのがネックレス
飾りの重さでV字になるのがペンダント

でもね、区別する方法も学術的に明確な定義があっての区別じゃありません。あくまで一般的な通説としての区分け・見分けです。どちらもネックレスでいいんです。先ほど書きました、ペンダントヘッドのないネックレスはペンダントとは言わない、ここを覚えといてください。

ネックレス(ペンダント)の長さのいろいろ

ネックレスが好きな女性にとって気になるのはネックレスの長さ、チョーカーとかプリンセスとか聞いても長さがよくわからない方には覚えておいたほうがいい呼び名と実際につけたイメージで解説しておきます。

チョーカー 35㎝

女性の平均的な首回りのサイズはおよそ31㎝=32㎝です。チョーカータイプのネックレスの長さはほぼ35㎝。首の付け根に軽く下がるぐらいの長さで、ペンダントトップを付けた場合も鎖骨より上の位置になります。

一般的にはこの下のプリンセスがネックレスの長さで標準的な長さになりますが、意識して短い長さのチョーカーにするのもおしゃれ!お嬢様向けの皮や布紐などのファッションネックレスにチョーカーが多いですね。

チョーカーは「首を絞める」という意味のチョークが語源になります。印象として首回りにピタッと巻き付いた印象です。

プリンセス 40㎝

プリンセスはおよそ40㎝~45㎝ほどの長さのネックレス。ペンダントヘッドの位置は鎖骨の下にになります。通常最も多いネックレスの長さがこのプリンセスタイプの40~45㎝です。

首回りに適度な余裕があり、顎の下にU字、V字ラインができますのでデコルテがすっきり見えます。毎日着けて楽しむにも、ワンピースでお出かけ、ブラウスで職場でも合わせやすく邪魔にならない長さです。

Wクレッセントスリーストーンペンダント   - 拡大画像

殿方から大切な方へのプレゼントにも、プリンセスタイプの40㎝~45㎝がおすすめです。

マチネ 50㎝

ネックレスの長さで「マチネ」とはあまり聞かない名前かも知れません。プリンセスとロングの中間にあたる長さでおよそ50㎝~60㎝ほどになります。

マチネとは、ミュージカルや演劇などの昼間の公演を意味するフランス語です。プリンセスよりドレッシーに華やかに装いたいときの長さになります。

日本でも歌舞伎座周辺などではおめかしされたちょっと前のお姉さま方が数人連れだっておいでになるのを見かけます。和服の方も多いですが、洋服ではマチネぐらいの長さのネックレスの重ね着けも多いですね。

おしゃれ用のやや大きなペンダントヘッドのネックレスには50㎝~60㎝ぐらいがおすすめです。

ダブルサークルモチーフ・シルバーペンダント 45cm チェーン付き ZZPS-556ox-c45 - 拡大画像Calvin Klein (カルバンクライン) KJ4NMN000100 ハートモチーフ ロング ネックレス ペンダント WARM - 拡大画像

オペラ 70㎝

マチネの夜バージョンがご存知のオペラになります。ネックレスの長さではおよそ70㎝~80㎝。もちろんオペラ1本ではなく重ね着けになるとは思いますが、ドレッシーに華やかに装うファッションに似合う長さです。

パーティやお呼ばれ、結婚式の二次会なと華やかな場所にドレスアップしてお出かけになるときはオペラ、マチネのネックレス重ね着けが似合います。

まさかとは思いますが持っているネックレス全部着けたイメージにならないよう、ネックレスのテイストを統一してください。異素材。のネックレスを加えるならトーンを合わせて一本ぐらい。

ロング.ロープ 100㎝

オペラより長い1メートル前後の長さのネックレスから一般にロングネックレスと言われる長いネックレスになります。1メートルをそのままというよりは垂れる長さを変えて二重に、時には三重にして着ける使い方が多いと思います。

残念ながら1メートルのプラチナネックレス、K18ネックレスなどをお着けになったご婦人にお会いしたことがありませんが、お若い女性のカジュアルなファッションでロングネックレスは時々見かけますね。ドレッシーにというよりファッショナブルにというイメージでした。

毎日着けるネックレスは40~45㎝のプリンセスタイプがちょうどいい
ドレッシーな装いにはマチネやロングの二重三重重ねで豪華に華やかに。
ゴチャゴチャになりすぎないようネックレスの素材・テイストを統一するのがおすすめ。

ネックレスショップをご覧になるならここからどうぞ

普段使いのダイヤモンドネックレスダイヤモンドペンダント真珠ペンダント冠婚葬祭に真珠ネックレス

ダイヤモンド関連記事
ダイヤモンド関連記事はジュエリー販売経験者が担当しています。
0.3ctダイヤネックレスが安い