一人のベッド、シングルかセミダブルかで迷ったらここ!

一人のベッド、シングルかセミダブルかで迷ったらここ!

初めて一人暮らしを始めるときのベッドはセミシングルかシングルが殆どでしょう。

数年経って、学生時代のベッドから買い替えようとするとき、シングルにするかセミダブルにするかで迷うときがあります、部屋も実質5畳の1Rからキッチン付き1K6畳に代わることになっているかも知れませんね。

シングルかセミダブルかどっちにしようかなと迷うのは少し贅沢な悩みですが、部屋のスペースも、通帳にも少し余裕ができたらセミダブルのゆったり感は是非味わってみたいものです。

セミダブルベッドマットレス付き
人気の縦長照明付き格安フロアベッド、セミダブル

配置図を交えながらご説明します。シングルかセミダブルかのご参考に。

6畳の部屋とシングル、セミダブルのベッドサイズ

まずは6畳の部屋の広さとベッドサイズの確認から。

京間、江戸間とかで多少サイズが違いますが標準的な6畳は360㎝×270㎝です。この寸法は壁の芯から壁の芯までの寸法なので実質5㎝ぐらい短くなりますが、ここではわかりやすく360㎝×270㎝とします。

ベッドのサイズはシングルベッドヘッドボード付きで100㎝幅×215㎝の長さ。セミダブルはシングルより20㎝幅が広くなります。長さは同じで120㎝幅×215㎝です。

下の図で6畳に置いたシングルベッドとセミダブル(薄い茶色・点線)の場合の寸法をご覧ください。
部屋の入口からベッドまで、シングルは260㎝、セミダブルは240㎝になります。
空きスペースが極端に狭くなることはありません、20㎝の違いです。

窓の位置、出入り口ドアの位置にもよりますが、上の図のようにベッド一つはシングルサイズもセミダブルもさほど圧迫感はありません。

家具を置くとしての基本レイアウト

ベッドを買い替える頃には初め2つぐらいだった家具も4つか5つになっているかも知れません。家具があるとしてのレイアウトです。

シングルベッドと家具のある6畳レイアウト

平均的な家具としてテレビ(台)と小さなタンスを3台と座卓・ミニテーブル入れております。シングル・セミダブルベッドはまだ余裕があります。

ベランダの窓と平行にベッドを置く(横型配置)とベランダの窓んす違勅にベッドを置く縦型配置があります。ベッドと家具と同じ数でも横型配置と縦型配置で部屋の雰囲気・使い勝手が変わりますね。

セミダブルベッドと家具のある6畳レイアウト

縦型と横型配置のセミダブルベッドの場合です。空き寸法が20㎝ずつ狭くなりますが、窮屈そう・・な感じではないでしょう!?

窮屈そうでないのは家具はまとめて置く、何もない広いスペースを確保するレイアウトだからです。

横型は家具は壁に寄せてまとめて入口のドアからベッドまでほぼ正方形の広いスペース、縦型レイアウトでは入り口ドアからベランダの窓まで長方形のスペースが確保されて奥行ある空間があります。

実際はまだほかにあれこれ家具があるでしょうが、必要以上に増やさない、空間を確保する、を心がけていればすっきり部屋になっているはずです。

・シングルベッドとセミダブルベッドのサイズの違いはベッド幅20㎝
・大きさの違いによる圧迫感、狭苦しさはありません。
・家具は壁に寄せて何もないスペースをなるべく広く確保する

シングル、セミダブルの使用感

スペースの問題の次はベッドとしての使用感ですね。
シングルベッドの広さは100cm幅、セミダブルベッドは120cmです。大人が掌を広げた幅ぐらいの違いですが実際の使用感はセミダブルが20㎝以上広く感じます。

とりあえず買った最初の一台はおそらくシングルベッドでしょう。
いかがですか、もう少し広いほうがいいなと感じられたことありませんか?
特に男性は寝返りも子供みたいに大きく動くので何度かベッドから落ちた経験のある方も少なくはないです。

平均的に、寝返りも考慮して大人一人に必要なベッドの幅は80㎝と言われます。セミシングルベッドの広さですね。
平均的にはシングルの100㎝は充分なはずなんです。ベッドから落ちるあなたが悪い!(^▽^)/

ベッドから落ちる方はあと20㎝あればもう落ちないでしょう。

それほど寝相が悪くなくても120㎝のゆったり感はシアワセを感じさせるゆとりの広さです。

いつもは一人、時々二人でも大丈夫なセミダブル

ちょっと大きめのマットレスにゆったり眠る満足感はセミダブルでなければ無理です。

それに、入社したてから数年たってステディな人ができて、時々二人で一つのベッドになると、いよいよシングルでは眠れません。一年に一度なら二人でシングルベッドもアリでしょうが、月に一度から週に一度、週に二度となるとシングルでは翌日が大変。

セミダブルでも本当は二人では狭いです。セミダブルはゆったり一人用ベッドです。常に二人のベッドならぎりぎりダブルベッドからですよね。週に一度、週に二度ぐらいなら抱き合って寝てもセミダブルで大丈夫!

いつもは一人の場合も、セミダブルベッドの広めのゆったりサイズは少し贅沢してる満足感の中でおやすみいただけます。
時々二人の予定はまだないのよ、という方もプチ贅沢な満足感を味わってください。

シングルでもいいしセミダブルでもいい状況でしたらセミダブルがおすすめです。

・ゆったりサイズに一人で寝るプチ贅沢間がいい!
・時々なら二人でも極端に窮屈でなく寝られる

シングルかセミダブルか、次の課題はお値段です

シングルベッドにするかセミダブルベッドにするか、部屋のスペースに問題なし、できればゆったり眠るベッドにしたい。

最後はシングルとセミダブルのお値段の差ですね。


例えば格安なフロアベッドですとシングル1万円台、セミダブル2万円台からになります、ボンネルコイルスタンダードマットレスが付いてこの価格です。


収納付きベッドですとシングルでおよそ3万円、セミダブルでほぼ4万円ということになります。同じくボンネルコイルスタンダードマットレスが付いての価格です。


4脚ステーションベッドでは、シングルでおよそ3万円台、セミダブルで4万円台です。同じくボンネルコイルスタンダードマットレスが付いての価格です。

同じマットレスだとするとシングルベッドとで見ダブルベッドのお値段の違いはほぼ1万円ぐらいの差です。
いずれも税・送料込みの価格ですから意外に安いでしょ!?

マットレス次第で同じベッドでも価格差が6万円7万円違うのもありますが、これまでのお客様のご感想でもマットレスは特にお褒めの言葉をいただいています。スタンダードなボンネルコイルか柔らかめのポケットコイルがお手頃でお勧めです。

買い替える前のマットレスがボンネルコイルのマットレスでもう少し柔らかいマットレスにしたいときはポケットコイルマットレスにかえてみてください。もう少し硬いほうがいい場合はボンネルのハードタイプがあります。

・同じボンネルマットレスだとして、シングルサイズとセミダブルサイズの価格差はおよそ1万円
・少し柔らかいマットレスにするならポケットコイル、硬いマットレスにしたいならボンネルのハードタイプ

結婚しても2台ベッドで使えて無駄にはなりません

結婚を控えている、またはこの部屋を夫婦の寝室にするという場合、シングルベッド、セミダブルベッドはお互いのベッドをそのまま夫婦のベッドで2台並べて使えます。

シングル二つで200㎝、シングルとセミダブルで220㎝、どちらもセミダブルなら240㎝の幅になります。これでいけば赤ちゃんができても親子3人はOKの広さです。サイズ的には6畳でもまだ少し余裕はあります。

シングルベッド2台置いた場合のサイズと空き寸法です

6畳にベッド二つ、シングルベッドの場合
シングルベッド2台200㎝を360㎝に置くので単純計算で160㎝の空きになります。

ベッドを部屋の中央に配置すると両脇80㎝のスペース。家具を置く余裕はあります。
家具が収納家具の場合扉を開く、または引き出しを開けるために家具の手前に40㎝ぐらいのスペースが必要になります。

収納家具の奥行幅はおよそ45㎝ですから引き出し開け閉めのスペースをとると80㎝は最小限必要なスペースで、両脇80㎝の空きは収納家具がギリギリ置けるスペースってことになります。

・シングル2台を6畳の中央に置いた場合、両脇に家具は置けるスペースはある。
・スペースはあるけれど、収納の出し入れがギリギリ

6畳にベッド二つ、シングルベッドの場合
ベッドの両脇を空ける必要がない場合は窓側に寄せる配置がおすすめです。
単純計算の160㎝の空きスペースができますので収納家具も余裕で置けます。

図では窓にピッタリの配置になっていますが、シーツの取り換えやベッドメイク、お掃除で窓際のベッドがやりにくくなります。ベッドメイク、お掃除がやりやすくするために窓から40㎝~50㎝空ければ窓側のベッドもベッドメイク、お掃除がラクです。

・シングル2台を窓側に寄せて配置すると160㎝の広い空きスペースができる。
・窓から40~50㎝離せばベッドメイク、お掃除がラクにできる。
・赤ちゃんができてもシングル2台は親子3人のベッドに広さは無理がない

セミダブル2台になった場合のサイズと空き寸法です


セミダブル2台の240㎝になった場合、単純計算で120㎝の空きになります。
部屋の中央に2台を置いたら両脇60㎝です。図のようにベッドの横に50㎝ぐらいのサイドテーブルが置ける計算ですがシングルの図のように右の壁に置くと収納の出し入れが難しくなります。

70㎝幅、90㎝幅の収納家具はこの中央配置では余裕がないと思ってください。


どうしても家具をベッドの部屋に置く必要があるときは窓寄せのレイアウトで。

部屋の入口からベッドまで120㎝ですからチェストを置いても70㎝のよゆう。引き出しの開け閉めも問題ありません。
上の図ではベッドは窓にピッタリくっついてます。この場合、シングル2台の場合で説明した、ベッドメイク、お掃除スペースがありません。窓とベッドの間にスパースをとりたい場合は30㎝が限度になります。

・収納家具を寝室に置きたい場合はセミダブル2台は窓側に寄せる。
・窓に着けるか、30㎝空けるかは、お掃除やベッドメイク担当者のお考え次第。
・赤ちゃんができて双子だったとしてもセミダブル2台は親子4人に無理がない広さです。

ベッドを持ち寄る場合は高さの違いにご注意

独身の頃使っていたベッドを持ち寄る場合、シングル2台、セミダブル2台、シングルとセミダブルの2台でもサイズ的にはOKですがおなじタイプのシングル2台だからといてベッドの高さは同じではないことがあります。

極端な例で、同じ脚付きステーションベッドだとしても、マットレスの種類がボンネルとポケットコイルで違えばマットレスの厚さが異なり、ベッドの高さ3㎝~5㎝違うこともあります。

大人二人の場合は、段差のあるベッド2台くっつけても御用が棲んだらすぐ横でぐっすり寝ることができますが、段差があると多分真ん中で寝ることになる赤ちゃんが寝にくいですね。高反発や低反発、の薄型マットレスで段差を合わせるなど、なんか工夫してください。

シングルベッドかセミダブルベッドかのまとめ

シングルベッドにするかセミダブルベッドにするか、部屋の広さに対するベッドの占有面積はそんなに変わりませんが、使用感は全然違います。

出張などでビジネスホテルを利用しますが最近は一人の宿泊もそこそこのホテルではシングルではなくダブルサイズのベッドが多くなりました。メジャーを持っていないので正確なベッド幅はわかりませんがダブルベッドサイズかアメリカで言うフル(137㎝幅)かと思います。もうちょっと安い部屋でよかったかなと思いながらも、大きなベッドで寝るのは気持ちいいものです。

よく言われるように人生の1/3はベッドの中です。物理的サイズの余裕とちょっと贅沢してる精神的満足感での1/3の人生をゆとりの人生になさいませ。ご予算に合えばセミダブルをおすすめします。

セミダブルでもベッドデザイン、ベッドタイプによってマットレス付き2万円台から4万円台まで、ゴージャスなデザインではもう少し高くなります。いずれにしてもベッドは永久に使うわけではないと思います、また買い替える可能性が高いですので高額なベッドよりそこそこのお値段で充分でしょう。

セミダブルベッドをショップで下見するならこちら

セミダブル収納ベッド セミダブル4脚すのこベッド フロアベッドセミダブル一覧 マットレスベッドセミダブル一覧

ベッド関連記事