あなたのベッドも危ない?ベッドの湿気とカビ対策

あなたのベッドも危ない?ベッドの湿気とカビ対策

ベッドの関する質問を見ているとフロアベッドは湿気がたまりやすいですか?カビの対策を教えてくださいという質問が多いです。
たしかにマットレスの下は床板一枚でフロア、おまけにマットレスをフレーム板で囲ってるのでは湿気の逃げ場がないのがフロアベッドですね。
実は湿気とカビはフロアベッドだけの問題ではないんです、どのベッドもカビが生える恐れはあります。

でも大丈夫!通常の室内の湿気で一日でカビることはまずありません。
毎日のちょっとしたことでカビは防げます。要はマットレスを湿気を含ませたままにしないことです。

カビないすのこフロアベッド

ベッドにたまる湿気はどこから?

ベッドにカビがと言う場合、カビが生える場所のほとんどは床板とマットレスの接した面です。
こうした湿気の原因のなるものは寝ている間の汗です。

ヒトは寝ている間にも汗をかきます。汗・湿気はマットレスの中を通ってマットレスの底面へ。ここが板と接していたら湿気が行ける場所がなく溜まりやすく、そのまま放置していたらカビが生えやすくなります。

フロアベッドや4脚すのこベッドの場合はマットレスと床板のカビだけですが、BOX構造ではない収納ベッドの場合、床下には収納しているものがありますが、リネンや衣類などいざ使おうかというとき、引き出しを開けてみたら湿っていたり、うっすらとカビが生えてた、ということもあるようです。


上の主なベッドの図でも湿気がマットレスと床板の間に溜まりにくいのは「すのこベッド」だけですね。

湿気が気になる方は4脚すのこベッド、ロ^ベッドすのこ床板仕様、チェストベッドのすのこ床板仕様などで探してください。

ただ、すのこだからと安心はできません。
等間隔で隙間はあっても、すのこの板とベッドはくっついています。湿気たマットレスを載せたままだとやはりカビが心配です。

湿気とカビからマットレスを守るために

一念発起の大仕事は必要ありません。時々思い出してお掃除ついでにやるぐらいで大丈夫のベッドを湿気とカビから護る方法!

・シーツだけでなくベッドパッドを敷く
・ベッドを窓の近くに置く
・朝おきてすぐ掛布団を戻さない
・マットレスを立てかける
・エアコン、除湿器を使う
・除湿マットを敷く
・湿気を逃がしやすいベッドにする

ベッドパッドをお忘れなく

実は私もそうでしたが、19歳の歳、初めてベッドを買ったとき、ベッドとボックスシーツと毛布・掛布団を買って会計をお願いすると、店員さんに「パッドは?」と聞かれました。パッド?なんですか、それ。 説明を聞いて加えてもらいました。サービスにはなりませんでした。

初めてベッドを買うとき忘れやすいパッドはマットレスの上に敷いてその上にシーツを被せます。
ベッドの寝心地をよくすると同時に薄いシーツを透過する汗を吸い取ってくれます。
まずは汗はパッドで止めましょう。

マットレスと同じサイズでず。自宅でも洗濯できます。洗い替えに2枚あるといいですね。
マットレスに汗ジミ作る前にパッドをこまめに取り替えましょう。

 

ベッドの専門家とおっしゃる方のブログではベッドパッドと敷パッドをベツモノとして説明がしてあったりしますが特に別物と考える必要はありません。マットレスにパッドを敷いてシーツをかける。この場合敷パッドかベッドパッドか間違えたら大変ってことはありません。

パッドは洗濯できないマットレスを汚さないよう、汗の水分がマットレスに溜まらないようにするためのもので、マットレスの寝心地を柔らかくする効果もあります。

ちなみにマットレスの上に敷いてシーツをかけるバッドは「ベッドパッド」、これが基本ですね。
必要に応じてシーツの上に敷くもの、例えば冬用防寒パッドや夏用冷感パッドなどが敷パッドということになります。実際はベッドパッドも敷パッドと呼ばれることが多いです。

ベッドの配置を窓の近くにする


ベッドレイアウトで窓の横にベッドを置きます。
学校やお仕事で夜しか部屋に戻らない場合でも窓際配置なら日中、太陽がベッドを熱して湿気をとって乾燥させてくれます。
これなら湿気の心配、カビの心配もきわめてゼロに近くなります。

部屋の奥にベッドを置くと空気の移動がなくなり、日中も太陽の光が届かず湿り気もほぼそのままということに。
部屋の奥、薄暗い、湿気は充分、敷きっぱなし・・・、ベッドはカビの養殖場になりますね。

掃き出し窓の大きな窓の横はベスト!腰高窓でもやはり窓際がいいですね。
窓際にベッド、これを最優先にレイアウトしてみてください。

朝おきてすぐ掛布団を戻さない

一般に朝起きたら習慣的にやることで、シーツを伸ばして毛布・掛布団を戻して整えますね。
几帳面な人ほどやってると思いますが、実はコレ、やらないほうがいいんです。

寝ている間に放散させた汗の水分が掛布団やマットレスに籠っています。布団をかぶせると乾燥しにくくなります。
ベッドの湿気をとるという意味では、せいぜい毛布は被せるとしても、掛布団はベッドの端におり曲げておくのが正解です。

マットレスを立てかける

休みの日にはできればマットレスを立てかけて風を通すこと。
曇りや雨で窓を開けられない日でも室内で立てかけておくだけで湿気対策になります。

天気が良ければ窓をあけ、立てかける、もちろん床板に面していたほうを重点的に陽にあて、風を通します。
こんな便利なベッドもあります。床板の裏も風が通ります。


湿気を含んだマットレスと湿気を含んだ床板がくっついたまま、これがいけません。
ベッドにカビが生えた、という場合ほとんどがここ、マットレスと床板がくっついた部分です。

フローリングにマットレスを置いて寝る、フローリングに布団を敷いて寝るというケースも多いかも知れません。毎日布団を片付けているなら問題ないのですが敷きっぱなしはまずいです。こんなのがあります。
布団やマットレス直置き派の方に究極のスノコベッド! シングル~ダブルの3サイズ。

布団が干せるすのこベッドを見

エアコンを除湿モードにする、または除湿器を使う

賃貸でもたいていの部屋はエアコン装備でしょ。梅雨の湿っぽい日はエアコンを除湿モード運転に。
エアコンでなくても除湿器もありますね。かなり除湿してくれますよ。

家や部屋が立地の関係であまり陽があたらない、湿気の多い場所になっている場合がありますね。
そんな部屋では特にエアコン、除湿器をお使いください。

エアコンや除湿器がないときは扇風機で風を通すのも効果ありです。
マットレスを立てかけて床板にくっついていた面に風をあててください。
温熱でなくても風で大部分の湿気が乾燥します。

除湿マットを敷く

マットレスと床板の間に吸湿マットを敷いておく、これもお試しください
押入れにドライペッド、収納ベッドに防湿剤はもう常識なんですが、ベッドに除湿マットというのはあまり気づきませんね。

通常はベッドに湿気のたまりやすいマットレスと床板の間に敷きます。
なかにはベッドパッドとマットレスの間に敷いている方もおいでになるようです。
この場合も間違いではないので効果に問題はないようです。


吸湿シート、除湿マットを見る

汗かきでパジャマも一日で着替えるタイプの方は、マットレスを挟むようにベッドパッドの下とマットレスとすのこの間に2枚お使いになるほうがいいかも知れません。

今時の除湿マットは一回干してまた使えるタイプが多いですね。
吸湿マット・防湿剤とも近くのホームセンターに置いてあります。どうぞじゃんじゃんご利用ください。

ベッドに敷いたの忘れてしまっていたらダメですよ。

湿気を逃がしやすいベッドにする


すのこベッドを見る

今度ベッドを買い替えるとき、湿気やカビの心配が少ないベッドになさいませんか。
湿気やカビの心配が少ないベッドはベッドの下に充分な空間のあるベッドです、

フロアベッドはベッドが箱型に囲われているのでマットレスから降りてきた湿気が蒸散しにくいですね。
一番安心なのはオーソドックスな4脚ベッドです。

マットレスと床の間が30㎝、40㎝もの空間のあるベッドなら、マットレスから湿気が降りて来ても湿気が蒸散しやすくなります。空間があるということはベッド下のホコリが溜まり易いということですが、マットレスを頻繁に立てかけるよりは掃除機をかけるほうがラクかも知れません。

ベッド下に空間のあるベッド

▼すのこベッド
湿気が溜まらないベッド
オーソドックスなベッドスタイルの4脚ベッド。床板がすのこになっているのですのこベッドとも呼ばれます。

▼マットレスベッド
湿気が溜まらないベッド
ベッド用マットレスに台座を付け、4脚を付けたものです。

こうしたベッドも、ベッド下を収納代わりに使っていて空気が動きにくくなっていることもあります。
やはり時にはマットレスを上げて風を通すこれが一番です!

湿気が多い状態はダニも大喜び!

ベッドにカビが生えるのを気にするのは大変いいことです。
温度が高くカビが生える環境はカビだけでなくダニにとっても快適な温度と湿度なんです。

敷きっぱなしでマットレスを立てることもない、風を通すこともないなど湿気対策していないと、朝起きてみたら何か所も赤いポチポチができてるということになり、やがて噛まれると少し大きく硬く腫れていつまでもかゆみが退かない鬼ダニが登場します。

どんなご家庭にもダニは数十万単位でいるようですが、湿気対策や掃除ができていれば、小さな家ダニがほとんどです。家ダニはハウスダストの元凶になりますが人を刺すことはありません。

ただ、湿気対策、掃除ができていないと家ダニが増えてダニを食うダニが増えてきます。
この肉食系ダニが人も刺すんですね。

冬から使っているカーペットやラグなど毛足の長い織物はしっかり消毒と防虫しないと梅雨時はダニ好みの棲家になります、ご注意ください。

すでにカビが生えてしまっていたら!

ベッドにカビを映えさせない方法について書きましたがもうすでにぽつぽつと黒カビがあったら?

市販のカビ除去スプレーもいろいろあって、使い方を間違うとマットレスが色落ちして斑になったり。フレームやすのこの木材が傷んだりします。

最も安心できて効果的、近くのドラッグストアでも買えるのはアルコール(エタノール)。飲んだらダメです。

ここで覚えておいてていただきたいのはカビには無水エタノール(アルコール100%)ではなく80%の消毒エタノールを買うこと。100%のエタノールでおうちで80%に水で薄めてもいいんですが余計な手間ですね。

100%のほうがカビに効きそうですが、80%の濃度がカビには効くようです。水分を含まないエタノールは消毒には向かないとのこと。スリキズなどの消毒にも使えます。

マットレスなりすのこなりのカビの部分に80%エタノールを充分吹きかけておよそ1時間放置。その後湿った雑巾などでこすらず、軽く叩く感じで拭き取ってください。マットレスの水分はドライヤーで乾かすか風の当たる場所に置いて乾かします。

まだきれいに落ちてないようでしたらもう一度繰り返します。
アルコールがカビのたんぱく質を分解してくれます。

ただ、アルコールには漂白作用はないので、多少の黒ずみは残ることになります。

市販のカビ取り債では木にも布にも使える「カビホワイト」が評判はいいようです。
通販でしか買えないかも知れません。

ベッドを湿気とカビから護る方法のまとめ!

・シーツだけでなくベッドパッドを敷く
・ベッドを窓の近くに置く
・朝おきてすぐ掛布団を戻さない
・マットレスを立てかける


・エアコン、除湿器を使う
・除湿マットを敷く
・湿気を逃がしやすいベッドにする

【関連記事】カビないすのこフロアベッド

【SHOP】カビないすのこフロアベッド一覧
カビないすのこフロアベッド一覧
通常のベッドのすのこは無垢板または集成材の板で水分が板に沁み込みやすくなります。
カビないすのこのすのこ板はメラミン樹脂加工板、板の表面をメラミン樹脂でコーティングしています。

メラミン樹脂はテーブル天板やコタツの天板に使われる硬く。疵が付きにくい樹脂で水分が浸透できません。カビの菌糸が入り込めないってことになります。

すのこ板にカビは生えませんが、すのこ板とマットレスの接面は湿気がとどまりやすくマットレスにカビの可能性があります。カビないすのこベッドでもマットレスの接面が要注意ゾーンです。たまにはマットレスを立てかける、風を通す、除湿することお忘れなく。

 

ベッド関連記事