衝撃的価格差!リプロダクトチェアと正規品の違い!

衝撃的価格差!リプロダクトチェアと正規品の違い!

デザイナーズチェアリプロダクト、イームズチェア、セブンチェア、LC2,マリンチェアなどをご紹介しています。
リビングに、ダイニングに誰もが知っている世界的デザイナーデザインの椅子とソファ、あったらいいですねえ。

椅子を検索してると記事や画像で「リプロダクト」の表示が目につきます。このサイトでも人気のリプロダクトチェアをご紹介していますのでリプロダクトについて少し詳しく解説してみます。

リプロダクトチェアはオリジナル正規品のデザインと見分けがつかないのがほとんどですが価格が大きく違いますね。例えばオリジナルチェアは50万円、リプロダクトは5万円のように。違うのは価格だけ?いえ、素材や品質も少し違います。

リプロダクトとは

リプロダクトとは、意匠権、特許権の切れた製品を他の制作者がオリジナルをもとに製作したものです。
ジェネリックともいわれます。医薬品のCMでご存知かと思いますが、特許の切れた医薬品をほかの薬品メーカーが同じ成分で製造販売していますね。リプロダクトとジェネリックは同意で用いられています。

いわゆるコピー商品と違うのは、あくまで意匠権の切れた後に制作されるもので、通常およそ20年ほどの期間は複製はできません。20年経過後も意匠権、版権所有者は再登録できますが、意匠権、版権の再登録が為されなかったもののデザインは共有財産扱いとなり誰でも同じものが作れる(リプロダクト)できるようになります。

意匠権が切れた後は旧権利利所有者から訴えられたりすることはありませんが、正規品として製造販売すると、偽ブランドになりますので、「リプロダクト」「ジェネリック」と明記して製造・販売します。

正規オリジナルメーカーや、その販売者にとっては、リプロダクトはコピー品と言われるかも知れませんが、違法な「偽コピー」ではなく「リプロダクト」です。オリジナルに忠実に素材やデザインで再製作したもの、また最新の素材に変えてデザインをそのまま再製作したものがあります。

正規品かリプロダクトか

少し前の世代の方々の間でよく言われる「いいものは財産」「一生もの」「子や孫に遺す」という価値観がありました。
今はあまり聞かなくなりましたが、テーブルや椅子、そのほかの家具でも「一生もの」「子や孫に遺す財産」とお考えの方もおいでになるかも知れません。

オリジナルのホンモノをずっと使い続けたいと思う方はリプロダクトには興味ないでしょう。60年・70年前当時からから現在まで制作販売をしている会社の正規輸入品、または中古再生品をおすすめしますが、インテリア雑誌で見て気になってた、レストランにこの椅子があった、我が家にも欲しいなという方にとっては、お気に入りチェアが手ごろな価格で買えるリプロダクトはありがたいですよね。
デザイナーズリプロダクトチェア
アントチェアのリプロダクトダイニングチェア
デザイナーズリプロダクトチェア
イームズDSWのリプロダクトダイニングチェア

有名デザイナーチェアだから欲しいというよりカッコいいから欲しい、デザインがいいから欲しいということで、60年70年前のデザインながらも斬新なリプロダクトが好評です。さすがに世界的大ヒットチェアはデザインが素晴らしい!

正規品とリプロダクトの価格の違い

ウェグナーデザインのチェア、コルビジェのソファなどのリプロダクトご案内ページがあります。関連ページかカテゴリーから詳細はそちらでご確認していただけますが正規品とリプロダクトでの価格差は大きいです。

例えばウェグナーの代表作「The Chair」は、正規品で一脚60万円~70万円。リプロダクトは一脚5万円前後。
デザイナーズリプロダクトチェア

コルビジェの代表作LC2ソファは 正規品で100万円、リプロダクトは本革で15万円、PUで5万円ほどです。
デザイナーズリプロダクトチェア

正規オリジナルの50万円がリプロダクトは5万円、100万円がリプロダクトは10万円・・・およそ1/10です。

この価格差どおりの品質の差があるのか、それは私にはわかりません。
正規品販売関係者は価格差どおりの品質の差、価値の差があるというでしょう。
リプロダクト販売関係者は価格差どおりの品質の差、価値の差はないというでしょう。

正規品とリプロダクトの品質の違い

正規品とリプロダクトで品質は違うのでしょうか。違う!と言うのが正しいかも知れません。もちろんオリジナルに忠実に素材からホゾの穴の開け方、組み立てまで同じと言うものがあるかも知れませんが、全く同じ素材と作り方のリプロダクトはまだ見たことがありません。コストダウンのため、または技術進歩のため外見は同じだけど素材や留め方などが違うのがほとんどです。

ウッドチェアの場合、オリジナルチェアには世界の銘木といわれるウォールナット、チーク、マホガニーの木が使われていることが多いですがリプロダクトでは高級木材のオークやタモ、アッシュが多くなります。家庭用家具に多いパイン、ラバーウッドを使っているのは少ないです。パイン、ラバーウッドを使っていればグンと安いはずです。

リプロダクトとの比較
左の2点は正規のGE-290、右の2点はリプロダクトです。

北欧ソファー で検索してみるとかなり多く出てくるのが上のソファー「ハンス・ウェグナーのGE-290」正規ライセンスの直売店でおよそ40万円。リプロダクトでおよそ4万円です。100%同じではありません。背面の背枠が違ったり、クッション材が違ったり、木の材質が違ったりします。

デザインが好きで一生ものにしたいと思えば40万円でも惜しくはないでしょう。デザインがすき、でも20年も30年も使うかはわからない、それなら4万円のリプロダクトで充分ではないでしょうか。

私たちが物を買い求める場合の尺度は品質もですが、その人の価値観に依る部分が大きいです。
個人的にはリプロダクト大歓迎派です。もしかして多少座り心地ちが違うかも知れない、耐久性が違うかも知れないけれど、お気に入りのデザインが格安に買えるならそれがいい。自分の部屋に、我が家のリビングダイニングに存在感のあるデザイナーズチェアがある、リプロダクトでも好みの椅子がある満足感があります。

リプロダクトが高品質の場合もある

リプロダクトで販売されている有名デザイナーの世界的ヒットした椅子はほとんどがミッドセンチュリー(1950年代)のものです。製品のデビュー当時最高品質の素材でも60年後・70年後の現代ではもっと高品質の素材が開発されてリプロダクトに使われていたりしています。

例えばメッキ技術、ウレタン製造技術、プラスティックの硬度や柔軟性など、現在のほうが当時より質のいい素材があり、新しい素材に変えたリプロダクトチェアやソファになっています。ですからオリジナルが高品質でリプロダクトが低品質と一概には言えないこともあります。

ただ、デザイナーズチェアの正規品の制作ビデオなんかを見るとやはりかなり細かく丁寧に作っています。1950年代当時よりも機械化されて「切る、削る」などは機械がやるようですが、曲げる、組みたてる、仕上げるの肝心なところは職人さんの手作業です。これを見たら少々高くてもいいと思っちゃいますね。

あまりに激安のリプロダクトは・・

同じ型番、同じデザインのリプロダクトでも中にはあまりに安いものもあります。ある意味価格は正直ですから多分安いなりの価値・品質なのだと思います。

正規品はシリアルナンバーが付いて、購入後20年のアフターフォローがあったりしますが、リプロダクトでは一般の家具と同じでアフターフォローはないものがほとんどです。正規品でも長年使えばヘタリは出てきます。10年使ってメーカー保証を受けて修理してあと10年使うか、リプロダクトで5年使えれば充分で買い替えるか、ご本人のお考え方次第です。

ネットでの買い物は実際に実物に座る、触ってみることができないのが難点ですね。ひとつの目安は、リプロダクトでも製品詳細やデザイン、仕様が詳細に画像入りで説明されているものから選んだほうがいいです。制作販売側の誠意、どの程度きちんと作っているか、製品制作ポイントなどがわかります。ただ画像1・2点だけ、の商品は安くても問題外ですね。判断材料なしですから。
部屋やお店の飾り、商品レイアウトに使うだけなら激安リプロダクトがお役に立ちます。

LC2とバルセロナチェア、高品質リプロダクトを見る

※価格および価格帯は記事投稿日現在のものです。

ノンブランドのお洒落なソファーここから 

ソファーショップCELLENA

ブログ内リビングダイニング関連記事