お洒落でリーズナブルなセミダブルベッド

お洒落でリーズナブルなセミダブルベッド

特に低価格でなくていい、それなりにきちんと造ってあってデザインのいいセミダブルベッドが欲しい。
2代目、3代目のベッド買い替えでしたら、ベドのことも詳しくなっておいででしょうから、値段勝負ではなく質のいい、デザインのいいセミダブルベッドのローベッド・フロアベッドをご紹介します。

セミダブルが欲しいけど今回はお値段重視なの、という場合は激安セミダブルベッド一覧をご覧ください。2万円台・3万円台からのセミダブルベッドをまとめてご紹介しています。

セミダブルは120cmの幅になります。ヘッドボード付きベッドの長さは215㎝です。セミダブルはシングルよりおよそ20cm広くなりますが、実際はずいぶん広くゆったり感じます。ゆっくり眠りたいからセミダブルを選ばれるケースも多いです。

シングルの予定でもセミダブルでこの価格ならセミダブルにしようということもあるようです。
シングルでもセミダブルでもいいなということでしたらゆったり眠れるセミダブルサイズがおすすめです。

2万円激安セミダブル

セミダブルベッドは一人用のゆったりベッドです。

一人で使うベッドとして120cm幅はゆったりですがお二人でお使いになるには狭すぎるでしょう。
「ダブル」という文字で2人用ベッドかと思われそうですがお二人用のベッドとしては狭いです。

セミダブルベッドという名前の[ダブル]が勘違いを招くようで、セミダブルはダブルよりちょっと狭いだけの二人用ベッドだと思われがちですがセミダブルで二人おやすみになるのはかなり窮屈です。愛し合って毎日びったりくっついておやすみのご夫婦にはそれでいいかもしれませんが。セミダブルは120cm、一人の幅は60cmしかありません。一人ベッドで最も幅が狭いセミシングルでも85cmです。

寝返りもせずおやすみになるならセミダブルで何とかなるかもしれませんが、セミダブルだと寝返りする余裕がありません。寝返りするとお隣に腕や足があたる、下手すると落ちる「身動きとれない」ベッドになります。

旅行で一晩たまたまセミダブルに二人で寝ることになった場合は別として、毎日お使いになるご自宅のベッドでご夫婦のベッドとしてはダブルベッドさえ十分広いとは言えませんが、二人のベッドはダブルからがおすすめです。

ネットの相談サイトのベッドコーナーでたまに見かけます。夫婦のベッドにセミダブルを買って失敗したというようなのを。通販では係員が横で説明できませんのでここで申し上げます。「セミダブル=ワイドシングルの一人用ベッド」とご理解ください

マットレスはポケットコイルがおすすめ!

ゆったり心地よく眠るには柔らかい感触のマットレスであるポケットコイルがおすすめです。
この下でおすすめするセミダブルの多くがマットレスの入れ替えになって新マットレスシリーズになり、高密度ポケットコイルがセットに加わりました。

新マットレスシリーズの高密度プレミアムポケットコイルマットレスはマットレスのコイルの線径が変わりました。
ポケットコイルの平均的な線径はほぼ2.0mmです。スタンダードポケットコイル、国産カバーポケットコイルの線径は2.0mmです。

新マットレスシリーズのプレミアポケットマットレスのコイルの線径は1.4mm。細いですね。しなやかに伸縮して体をホールドします。
そしてスタンダードポケットコイルマットレスのおよそ倍以上の超高密度コイル数!
線径の細いコイルでコイル総数を増やした高級・高密度ポケットコイルマットレスです。

ちなみにセミダブルベッドのマットレスでは、
スタンダードポケットコイル(線径2.0mm)、セミダブルマットレスのコイル数は465個
プレミアムポケットコイル(線径1.4mm)、セミダブルマットレスのコイル数は1118個

国産カバーポケットコイル(線径2.0mm)、セミダブルマットレスのコイル数は465個です。
プレミアムポケットコイルマットレスのコイル数1333個はほかのダブルサイズマットレスのコイル数2倍以上です。

さらに、マットレスの寝心地を左右する要素の詰め物にソフトウレタンを贅沢に重ねました。詰め物はコイルと背中の間にあってベッド表層で柔らかな感触にするクッション層です。低価格マットレスではこの詰め物はフェルトとウレタンの2層ぐらいになりますが、プレミアムはご覧の通り高密度ウレタン、通気性ウレタン、ソフトウレタン、樹脂綿を重ねています!

これだけの高品質マットレスが付いてもお値段はほぼ据え置き。おすすめし甲斐のあるマットレスです。

これがおすすめ!おしゃれなベッド、セミダブル。

ひとつのセミダブルをご案内すると一時品切れでエラーになったりしますので同じデザインのベッドの別サイズも含まれた一覧に移動します。コレいい!と思うベッドをクリックしてください。

▼縦長間接照明で人気のクレセント。ちょっとリッチなゆったりセミダブルベッド
お洒落なセミダブルベッド

▼スタイリッシュなシングル、セミダブル、ダブル、クイーンのサイズ ESPERANZA。格安フロアローベッド
格安フロアローベッド

▼すのこ床板ローベッドセミダブル!斜め向き縦長間接照明と女性に人気の隠しキャビネットのshelly!
格安セミダブルベッド

▼ヘッドレス、井桁フレームのステージタイプ。和室にも、モダンな洋室にも似合うカッコいいベッドです。
格安セミダブルベッド

▼フロアベッドの弱点をなくした高床すのこローベッド、高品質でも激安!湿気が気になる方は必見!
格安セミダブルベッド

▼大好評、ゴージャス&エレガントなプリーツ加工のベッド。価格を抑えたすのこローベッドでデビュー!
セミダブルベッド

▼照明付き低価格フロアベッド!フレームは低価格でもマットレスで寝心地は最上級にできます!
スタイリッシュなセミダブルベッド

▼両サイドに上と横を照らす照明付き。実は小物入れ隠しキャビネットもあるんです。格安セミダブル
格安セミダブルベッド

▼ヘッドは棚付き、2口コンセント×2付き。オシャレで機能的。おすすめのかっこいいセミダブル
格安セミダブルベッド

▼大人好みの端正なスタイル。ウィングの付いたかっこいいステージベッドです。シングル~ダブル格安ベッド
お洒落なセミダブルベッド

セミダブルベッド、6畳レイアウトのご参考に

1K・ワンルーム・6畳寝室にセミダブルを配置する基本レイアウトの3パターンです。

広くはない6畳一間もベッドや家具の配置によってゆったり感が作れます。
そのポイントは
・ドアからベランダへの動線を広く開ける
・窓を家具で塞がない
・なるべく片方の壁にベッドと家具をまとめる
この3ポイントを抑えて配置すれば「狭い部屋」ではなくなります。

セミダブルベッド配置図セミダブルベッドレイアウト図><img src=

セミダブルベッド6畳のレイアウト-1

 

 

6畳の部屋とセミダブルベッドレイアウト

左はオーソドックスな配置の一つですね。ベランダに抜ける動線が大きくまっすぐで6畳の狭さも感じさせないレイアウト例。ベッドの反対側の壁に背に低いローボードやローチェストがいいですね。大きめの家具、コートハンガー、上着を掛けておくパイプハンバーなどは入口左の壁に沿わせて配置すれば入口から視界を遮る物のない広がりと奥行きのある部屋になります。

一人暮らしの部屋に一人用のコンパクトなソファはあまり必要ないと思いますが、セミシングルベッドなら6畳でも余裕ですからソファーがあってもいいですね。

右側の壁に最低限の家具としてテレビ(台)と小さなタンスを入れておりますが、実際にはほかの家具もありますのでもっと狭くなりますがシングル・セミダブルベッドはまだ余裕があります。休日の天気のいい日にまったりしたいときは窓際の開けておいたスペースにソファーなど持ってきてのんびりできます。

収納家具の幅はいわゆるタンスはほぼ45cmの幅(奥行)です。
整理ダンスなどは30cmの奥行から40cmぐらいでいろいろ。間取り図内の家具は30cmぐらいの奥行の家具として配置しています。

セミダブルベッド(120cm×215cm)を壁につけた配置ですとベッドの横に150cmのアキ、ベッドのフットから壁の間に145cmのアキができます。もしもベッドと家具とソファーも置きたいときはこんな感じでいかがでしょうか。

ベッド側の家具菜背が高くても視界に入らず圧迫感はありませんが、右の壁の家具はローチェストなどの低い家具がいいです。できれば家具の奥行幅と高さを揃えるとかなりすっきりです。

セミダブルベッド6畳のレイアウト-2

原則として窓は遮らない配置が基本ですが、どこかに広い場所を開けたいとか、窓越しの陽射しを全面に受けて目覚めたいなどのご希望の場合はこのレイアウトですね。
ローベッドセミダブル
何も置かない(図では小さなテーブルがあります)240cm×220cmの空間、

標準サイズ215cmのベッドのと壁の間は55cmの広さがあります。
これだけのアキがあればベランダへの動線も問題なし。窓際に大きなベッドを寄せると。ドアからベッドまで240cmもの広い空間があって、横も家具で50cmとったとしても220cmの幅です。

部屋を広く見せる効果が大きいです。大きな家具は入口ドアの右の壁に寄せておけば視界的にも邪魔にならず部屋の狭さは感じません。

240cm×220cmの空間がうれしいですね、友達呼んでもテーブル囲んで4・5人は大丈夫、狭苦しさはありませんね。

セミダブルベッド6畳のレイアウト-3

ベッドも家具もすべて片方の壁側にまとめるレイアウトの例です。
ローベッドセミダブル
間取り図で見るとこうなります
テレビやDVD見るのにこれだけは横にあったほうがいいのかな、とテレビ台一つだけ右の壁に配置してみました。
パースではイメージしかわかりませんが下の図で寸法をご確認ください。入口からベランダ窓まで360cm×150cmの広さの大きな空間ができます。部屋の右半分を自由に使うレイアウトです。

部屋の入口から窓まで150cm幅の空間が延びて、ほんとにこれが6畳かと思うほどの解放感、広がりのあるレイアウトです。もちろん大きめの家具は入り口横、少し大きいのはベッドの足元に固めます。引き出し収納付きの家具では引き出しの幅×引き出しの奥行の2/3ぐらいの場所がないと出し入れが面倒です。引き出し付き家具の前は引き出しの出し入れでほかの家具が置けなくなりますことご留意ください。

セミダブルは一人で使うベッドということでセミシングルやシングルと同じく壁に着ける配置としています。

ダブルベッドやクイーンベッドは二人のベッドで、通常ベッドの両側からベッドに入る、ベッドから出る動作ができる配置を考えてのレイアウトになります。

おすすめ!窓際配置が湿気対策にもなる

ローベッドセミダブル
ひとり暮らしの場合、日ごろは部屋には誰もいないでしょうからこの窓際レイアウトがおすすめです、
上のレイアウトの2番目です。

セミダブルの場合はベッドからドアまで240cmのアキができます。なるべきここに何も置かないようにしたらいいですね。

ベッドは窓に寄せて配置しています。ベッドの種類にもよりますが、ベッドの大敵は湿気です。

こまめな方でも週に一度マットレスを立てかけるってことはできないかもしれません。出かけている間長時間除湿器をONにしていたりエアコンを除湿モード運転にしておくのも電気代の無駄ですよね

このレイアウトなら日中誰もいなくても、天気が良ければ窓越しの陽射しで熱が湿気を蒸散してくれます。
部屋の奥の壁際とはベッドの乾燥具合がずいぶん違います。
クイーンベッド
セミダブルベッドはこちらからご覧ください、ショップにリンクしています。

2万円3万円台激安セミダブルベッドを見る

セミダブルローベッド一覧を見る