お洒落でリーズナブル、時々二人のセミダブルベッド

お洒落でリーズナブル、時々二人のセミダブルベッド
エレガントなおすすめベッド カラーはブラックorホワイト

特に低価格でなくていい、それなりにきちんと造ってあってデザインのいいセミダブルベッドが欲しい。
2代目、3代目のベッド買い替えでしたら、ベドのことも詳しくなっておいででしょうから、値段勝負ではなく質のいい、デザインのいいセミダブルベッドのローベッド・フロアベッドをご紹介します。

ゴージャスでエレガントなセミダブル

セミダブルが欲しいけど今回はお値段重視なの、という場合は激安セミダブルベッド一覧をご覧ください。2万円台・3万円台からのセミダブルベッドをまとめてご紹介しています。

セミダブルは120cmの幅になります。ヘッドボード付きベッドの長さは215㎝です。セミダブルはシングルよりおよそ20cm広くなりますが、実際はずいぶん広くゆったり感じます。ゆっくり眠りたいからセミダブルを選ばれるケースも多いです。

シングルの予定でもセミダブルでこの価格ならセミダブルにしようということもあるようです。
シングルでもセミダブルでもいいなということでしたらゆったり眠れるセミダブルサイズがおすすめです。

セミダブルベッドは一人用のゆったりベッドです。

2万円激安セミダブル
人で使うベッドとして120cm幅はゆったりですがお二人でお使いになるには狭すぎるでしょう。

「ダブル」という文字で2人用ベッドかと思われそうですがお二人用のベッドとしては狭いです。

セミダブルベッドという名前の[ダブル]が勘違いを招くようで、セミダブルはダブルよりちょっと狭いだけの二人用ベッドだと思われがちですがセミダブルで二人おやすみになるのはかなり窮屈です。愛し合って毎日びったりくっついておやすみのご夫婦にはそれでいいかもしれませんが。セミダブルは120cm、一人の幅は60cmしかありません。一人ベッドで最も幅が狭いセミシングルでも85cmです。

寝返りもせずおやすみになるならセミダブルで何とかなるかもしれませんが、セミダブルだと寝返りする余裕がありません。寝返りするとお隣に腕や足があたる、下手すると落ちる「身動きとれない」ベッドになります。

旅行で一晩たまたまセミダブルに二人で寝ることになった場合は別として、毎日お使いになるご自宅のベッドでご夫婦のベッドとしてはダブルベッドさえ十分広いとは言えませんが、二人のベッドはダブルからがおすすめです。

ネットの相談サイトのベッドコーナーでたまに見かけます。夫婦のベッドにセミダブルを買って失敗したというようなのを。通販では係員が横で説明できませんのでここで申し上げます。「セミダブル=ワイドシングルの一人用ベッド」とご理解ください

マットレスはポケットコイルがおすすめ!

ゆったり心地よく眠るには柔らかい感触のマットレスであるポケットコイルがおすすめです。
この下でおすすめするセミダブルの多くがマットレスの入れ替えになって新マットレスシリーズになり、高密度ポケットコイルがセットに加わりました。

新マットレスシリーズの高密度プレミアムポケットコイルマットレスはマットレスのコイルの線径が変わりました。
ポケットコイルの平均的な線径はほぼ2.0mmです。スタンダードポケットコイル、国産カバーポケットコイルの線径は2.0mmです。

新マットレスシリーズのプレミアポケットマットレスのコイルの線径は1.4mm。細いですね。しなやかに伸縮して体をホールドします。
そしてスタンダードポケットコイルマットレスのおよそ倍以上の超高密度コイル数!
線径の細いコイルでコイル総数を増やした高級・高密度ポケットコイルマットレスです。

ちなみにセミダブルベッドのマットレスでは、
スタンダードポケットコイル(線径2.0mm)、セミダブルマットレスのコイル数は465個
プレミアムポケットコイル(線径1.4mm)、セミダブルマットレスのコイル数は1118個

国産カバーポケットコイル(線径2.0mm)、セミダブルマットレスのコイル数は465個です。
プレミアムポケットコイルマットレスのコイル数1333個はほかのダブルサイズマットレスのコイル数2倍以上です。

さらに、マットレスの寝心地を左右する要素の詰め物にソフトウレタンを贅沢に重ねました。詰め物はコイルと背中の間にあってベッド表層で柔らかな感触にするクッション層です。低価格マットレスではこの詰め物はフェルトとウレタンの2層ぐらいになりますが、プレミアムはご覧の通り高密度ウレタン、通気性ウレタン、ソフトウレタン、樹脂綿を重ねています!

これだけの高品質マットレスが付いてもお値段はほぼ据え置き。おすすめし甲斐のあるマットレスです。

 

セミダブルベッド、6畳レイアウトのご参考に

1K・ワンルーム・6畳寝室にセミダブルを配置する基本レイアウトの3パターンです。

広くはない6畳一間もベッドや家具の配置によってゆったり感が作れます。
そのポイントは
・ドアからベランダへの動線を広く開ける
・窓を家具で塞がない
・なるべく片方の壁にベッドと家具をまとめる
この3ポイントを抑えて配置すれば「狭い部屋」ではなくなります。

セミダブルベッド配置図セミダブルベッドレイアウト図><img src=

セミダブルベッド6畳のレイアウト-1

 

 

6畳の部屋とセミダブルベッドレイアウト

左はオーソドックスな配置の一つですね。ベランダに抜ける動線が大きくまっすぐで6畳の狭さも感じさせないレイアウト例。ベッドの反対側の壁に背に低いローボードやローチェストがいいですね。大きめの家具、コートハンガー、上着を掛けておくパイプハンバーなどは入口左の壁に沿わせて配置すれば入口から視界を遮る物のない広がりと奥行きのある部屋になります。

一人暮らしの部屋に一人用のコンパクトなソファはあまり必要ないと思いますが、セミシングルベッドなら6畳でも余裕ですからソファーがあってもいいですね。

右側の壁に最低限の家具としてテレビ(台)と小さなタンスを入れておりますが、実際にはほかの家具もありますのでもっと狭くなりますがシングル・セミダブルベッドはまだ余裕があります。休日の天気のいい日にまったりしたいときは窓際の開けておいたスペースにソファーなど持ってきてのんびりできます。

収納家具の幅はいわゆるタンスはほぼ45cmの幅(奥行)です。
整理ダンスなどは30cmの奥行から40cmぐらいでいろいろ。間取り図内の家具は30cmぐらいの奥行の家具として配置しています。

セミダブルベッド(120cm×215cm)を壁につけた配置ですとベッドの横に150cmのアキ、ベッドのフットから壁の間に145cmのアキができます。もしもベッドと家具とソファーも置きたいときはこんな感じでいかがでしょうか。

ベッド側の家具菜背が高くても視界に入らず圧迫感はありませんが、右の壁の家具はローチェストなどの低い家具がいいです。できれば家具の奥行幅と高さを揃えるとかなりすっきりです。

セミダブルベッド6畳のレイアウト-2

原則として窓は遮らない配置が基本ですが、どこかに広い場所を開けたいとか、窓越しの陽射しを全面に受けて目覚めたいなどのご希望の場合はこのレイアウトですね。
ローベッドセミダブル
何も置かない(図では小さなテーブルがあります)240cm×220cmの空間、

標準サイズ215cmのベッドのと壁の間は55cmの広さがあります。
これだけのアキがあればベランダへの動線も問題なし。窓際に大きなベッドを寄せると。ドアからベッドまで240cmもの広い空間があって、横も家具で50cmとったとしても220cmの幅です。

部屋を広く見せる効果が大きいです。大きな家具は入口ドアの右の壁に寄せておけば視界的にも邪魔にならず部屋の狭さは感じません。

240cm×220cmの空間がうれしいですね、友達呼んでもテーブル囲んで4・5人は大丈夫、狭苦しさはありませんね。

セミダブルベッド6畳のレイアウト-3

ベッドも家具もすべて片方の壁側にまとめるレイアウトの例です。
ローベッドセミダブル
間取り図で見るとこうなります
テレビやDVD見るのにこれだけは横にあったほうがいいのかな、とテレビ台一つだけ右の壁に配置してみました。
パースではイメージしかわかりませんが下の図で寸法をご確認ください。入口からベランダ窓まで360cm×150cmの広さの大きな空間ができます。部屋の右半分を自由に使うレイアウトです。

部屋の入口から窓まで150cm幅の空間が延びて、ほんとにこれが6畳かと思うほどの解放感、広がりのあるレイアウトです。もちろん大きめの家具は入り口横、少し大きいのはベッドの足元に固めます。引き出し収納付きの家具では引き出しの幅×引き出しの奥行の2/3ぐらいの場所がないと出し入れが面倒です。引き出し付き家具の前は引き出しの出し入れでほかの家具が置けなくなりますことご留意ください。

セミダブルは一人で使うベッドということでセミシングルやシングルと同じく壁に着ける配置としています。

ダブルベッドやクイーンベッドは二人のベッドで、通常ベッドの両側からベッドに入る、ベッドから出る動作ができる配置を考えてのレイアウトになります。

おすすめ!窓際配置が湿気対策にもなる

ローベッドセミダブル
ひとり暮らしの場合、日ごろは部屋には誰もいないでしょうからこの窓際レイアウトがおすすめです、
上のレイアウトの2番目です。

セミダブルの場合はベッドからドアまで240cmのアキができます。なるべきここに何も置かないようにしたらいいですね。

ベッドは窓に寄せて配置しています。ベッドの種類にもよりますが、ベッドの大敵は湿気です。

こまめな方でも週に一度マットレスを立てかけるってことはできないかもしれません。出かけている間長時間除湿器をONにしていたりエアコンを除湿モード運転にしておくのも電気代の無駄ですよね

このレイアウトなら日中誰もいなくても、天気が良ければ窓越しの陽射しで熱が湿気を蒸散してくれます。
部屋の奥の壁際とはベッドの乾燥具合がずいぶん違います。

6畳にセミダブルベッド2台置くとどうなる?

日本での平均的な寝室にお使いの部屋の多くは6畳、次に8畳かと思います。
6畳に夫婦のベッドにセミダブルを2台置いたらどうなるか、あんまり余裕ないんじゃないのぐらいはイメージできますが実際には頭で考えてるだけではよくわからないですね。6畳にセミダブル2台はこんな感じです。

6畳と8畳の部屋の広さの違い

まずは部屋の広さの違い。ベッド2台について、6畳ではきついけど8畳なら大丈夫という説明が多くなりますが、そもそも6畳と8畳がどう違うかわからないと文字の説明ではクリアに理解できにくいですよね。

6畳の部屋は360㎝×270㎝の長方形、8畳の部屋は360㎝×360㎝の正方形です。
6畳だとセミダブルベッド2台のほかに家具を置きたいときベッド配置が制限されます。8畳の部屋だとベッド配置は制限されず、家具も数台余裕で置けます。


6畳にセミダブル2台。セミダブル2台(120㎝×2台)で240㎝、単純計算ですが部屋の入口からベッドまで120㎝の空きができます。家具を置きたい場合はこのスペースに置くことになります。ベッドの横に60~90㎝幅の家具一台、入口の壁に120㎝幅の家具か60㎝幅の家具2台が置けます。扉式収納家具、引き出しの収納でも出し入れに問題なしですが、せいぜい60㎝幅の家具3台が限度です。

8畳にセミダブル2台。セミダブル2台の横のあきスペースは上の6畳と同じです。8畳になると、8畳では通路にしかできなかったベッドのフットの空きスペース、およそ50㎝が140㎝になります。上の8畳の図の点線で囲んだ部分が6畳との違いです。点線部分は360㎝×90㎝ですから収納家具やドレッサー、ソファ、デスクなんかも置ける余裕があります。

6畳も8畳もベッド2台並べた横のサイズは同じです。8畳ではベッドの足元が90㎝広くなって家具置きも心配しなくていいことになります。

6畳のセミダブルベッド2台の配置

6畳と8畳の違いが分かったところで現実に6畳にセミダブルを2台置くのはどんな配置があるかご覧ください。上の6畳の間取りではセミダブルベッド2台を左の窓に寄せてなるべく家具も置くパターンです。ほかにセミダブルベッド2台を6畳部屋のセンターに配置、セミダブルを2台を6畳の部屋でツインにする配置ができます。

6畳部屋のセミダブルベッド2台の窓寄せ配置

6畳にセミダブルベッド2台
360㎝の壁にベッドのヘッドを着けて2台並べて窓際に寄せた場青です。
先ほど簡単に説明しましたがこの図がイメージがわかりやすいでしょうか。部屋のドアからベッドまで120㎝。6畳になるべく家具も置きたい場合は2台くっつけて窓寄せ配置が広いスペースができます。

収納量の大きい大型収納家具をおすすめということでサンプルに背の高いクローゼットタイプにしていますが参考のイメージをいうことです。ベッド横に一台、壁際に一台、幅が狭ければ2台の家具がおけます。これなら扉を開ける、引き出しを開けるにも支障なしです。

シングル2台の記事でも書きましたが、窓際のベッドの出入り、ベッドメイクやシーツ取り換えがやや不便になります。

また、収納ベッド、チェストベッドのセミダブル2台がご予定の場合、引き出しを出して衣類などを出し入れするスペースが必用だということを忘れがちです。引き出しの奥行はほぼ40㎝です。引き出しに入れる、引き出しから取り出すには40㎝手前に引き出さなくてはなりません。さらに引き出しの出し入れをする人のスペースも必要です。

つまり、引き出し収納タイプのベッドではおよそ80㎝はベッドの横にスペースが必要になります。
ということは・・壁寄せ配置にしたいなら収納ベッドでないほうがいいということになりますね。

6畳部屋のセミダブルベッド2台のセンター配置


6畳寝室に家具は入れなくてもいい場合は窓とドアの真ん中に2台並べがいいです。ベッドの出入り、ベッドメイクやシーツ取り換えそれぞれのベッドの横からできるのでラク!ベッドの横にローボードを置く余裕もあります。なるべく家具は置きたくないけどしょうがないのよ、という方は上の窓寄せでご検討ください。

ここでもベッドが収納ベッドならどうなのかが関係しますね。もし収納ベッド2台でほかの家具がないなら、両サイド60㎝のアキがありますから、多少窮屈な姿勢になりますが引き出しの出し入れができます。

上の図でベッド横に60㎝チェストがありますが、収納ベッド2台ではチェストが引き出し出し入れの支障になります。
チェストを置いたほうが都合がいいか、チェストを置かないで収納ベッド二つにするか、今夜ご夫婦でご相談くださいね。

6畳部屋のセミダブルベッド2台のツイン配置


ご夫婦の生活リズムが違う場合、お父さんのイビキがうるさくて、とかいう場合はこれ、セミダブルのツインで。
ベッドの間を50㎝離してキャビネットを挟んで並べた場合、ベッドの幅は290㎝になります、ドアからベッドまで70㎝です。ベッドの横に60㎝幅の家具が入る計算ですが、ぎりぎりの寸法なので必ず60㎝幅の家具が置けますとは言えません。この配置で新しく家具を買う場合は実際にメジャーで寸法を確認して下さい。

セミシングルをツインにするメリットはそれぞれのベッドの出入りやシーツ取り換えなどのベッドケアがベッドの横からできること。勤務時間の関係で 帰宅が遅いご主人、またはその逆でもすやすやおやすみの方を起こしてしまうことはありません。

さて、ここでも収納ベッドにするか収納なしのベッドかも考えておかなければなりませんが、ベッドの間に50㎝のキャビネットを置いてツインにすると引き出しの出し入れが自由にできるスペースは右のベッドだけということになります。図では60㎝チェストが置けますとしていますがスペースがあるとしても出し入れに必要な最少限の幅です。

左は収納なし、右は収納ありのベッドだとベッドデザインが違うことになりますね。
基本的に引き出しの収納ベッドは難しいレイアウトです。

この下でご案内していますウッドベッド、すのこベッドはベッドの高さが調整できてベッド下にたくさんの収納ができます。
収納物は見えてかまわないのよ!よ、でしたらすのこベッド・ウッドベッドのセミダブルもじっくりご覧ください。

6畳にセミダブルベッド2台は基本的に問題ないのですが、収納家具をどうするかによって状況が変わります。
ご予定のベッドが引き出し出し入れタイプの収納ベッドでしたらほかの家具との兼ね合いがポイントになります。

これがおすすめ!おしゃれなセミダブルローベッド。

低いスタイルだけどフレームの高さにすのこ床板があるベッド。マットレスの底に溜まり易い湿気も拡散するのでフロアベッドでは湿気が心配の方にローベッドがおすすめ。マットレスがフレームと同じサイズなのでフレームもピッタリ、マットレスもピッタリくっつきます。

フロアベッドの弱点であるサイドボードのクネクネをコの字ワイヤーで補強して解決したベッドです。

▼フロアベッドの床板をすのこにしてフレームのクネクネも補強した今最もお買い上げの多いセミダブル!
おすすめ格安セミダブルベッド

▼フロアベッドの弱点をなくした高床すのこローベッド、高品質でも激安!湿気が気になる方は必見!
格安セミダブルベッド

▼好評のすのこフロアベッド、湿気対策とクネクネ解消。高品質でも激安!

これがおすすめ!おしゃれなセミダブルフロアベッド。

ひとつのセミダブルをご案内すると一時品切れでエラーになったりしますので同じデザインのベッドの別サイズも含まれた一覧に移動します。コレいい!と思うベッドをクリックしてください。※フロアベッドは2台ピッタリくっつけるのができません、ツインでご利用ください。

▼縦長間接照明で人気のクレセント。ちょっとリッチなゆったりセミダブルベッド
お洒落なセミダブルベッド

▼スタイリッシュなシングル、セミダブル、ダブル、クイーンのサイズ ESPERANZA。格安フロアベッド
格安フロアローベッド

▼すのこ床板ローベッドセミダブル!斜め向き縦長間接照明と女性に人気の隠しキャビネットのshelly!
格安セミダブルベッド

これがおすすめ!おしゃれなセミダブル収納ベッド。

6畳にベッド2台だと収納が足りないってことになりやすいので、収納家具は減らしてベッド下を収納に利用する引き出し付き収納ベッド。このベッドは部屋の隅に重ねるしかなかったかさ張る箱や収納ケースもベッド下に置けて、表からは見えないので製菓罹患のない寝室にできること。

引き出し収納なので引き出しを出し入れするスペースをあけておく必要があります。2台ベッドのどちらも収納ベッドにする場合、セミダブル2台のレイアウトではセンター配置に限定されます。

▼デザインがオシャレ!黒とウォルナットの2トーン収納ベッド
6畳にセミダブル2台

▼フロアを傷つける心配のないキャスター付きで人気。収納ベッドでトップセールス!
セミダブルベッド2台の収納ベッド

▼縦長照明付きで格安、人気のロングラン収納ベッド。
セミダブル収納ベッド2台

これがおすすめ!おしゃれなセミダブルすのこベッド。

マットレスを載せる床板がスノコで床との間に高さを各尾↓ベッドの本流スタイルのベッドです。シンプルなウッドベッドは装飾なしでベッドの硬さが変えられるタイプが人気。新婚さんの2台ベッドにもお買い上げが多いようです。ベッド下は収納に使えます。もう一つのすのこベッドは落ち着いたエレガントなステーションベッド。4本脚でモダンなデザインのお洒落なベッドが多いです。収納が必要ないなら個人的にはステーションベッドの2台がおすすめです。

▼ウッドベッドではずっとトップクラスのお買い上げの多いベッド。布団でもマットレスでも2WAYで。
ウッドベッドセミダブル

▼ステーションベッドでは低価格で買い上げの多いベッド。シンプルで2台並べもすっきりとしてきれい!
低価格スノコステーションベッド

▼ステーションベッドではワンランク上の仕事が施されたベッド。大人の寝室にはこれがおすすめ!
スタイリッシュなセミダブルすのこステーションベッド

まだあるおすすめ!セミダブル。マットレスベッド。

通常のベッドサイズ(ベッドの長さ215㎝)のセミダブルベッドのあるベッドを厳選して3台ずつご案内しています。
最近はやりのヘッドレスベッドはマットレスの長さ195㎝ですから6畳の部屋のセミダブルを二つでも、ベッドの足元に余裕のある圧迫感のない部屋になります。ヘッドレスベッドでお買い上げの多いのがマットレスベッド。マットレスに台座と脚が付いた軽いベッドです。

セミダブルサイズが少なく、シングルサイズがメインになりますので参考程度にご覧ください。画像リンクしておきます。

 

セミダブルベッドで一番おい愛上げが多いベッドは・・

2018年お買い上げが多いベッドランキング
2017年と大きく様変わりしました(2018 12/15アップ)

ベッド関連記事

セミダブルベッドをショップで下見するなら

セミダブル収納ベッド セミダブル4脚すのこベッド フロアベッドセミダブル一覧 マットレスベッドセミダブル一覧