セミダブルベッドを6畳に置くとどうなりますか?

セミダブルベッドを6畳に置くとどうなりますか?
ローベッドセミダブル
セミダブルベッドを6畳の寝室に配置するレイアウトのご参考に。
部屋の中央に置いたらどんな感じ?ベッドの両脇はどれくらいアキができる?
セミダブルベッドを壁に付けたら横はどれだけの空き?家具は置ける?
この配置でベッドのメンテナンスに支障ない?
あなたの知りたいこと、ご確認ください。

6畳にセミダブルベッド


まずはセミダブルベッドのサイズから。

セミダブルベッドは120cm幅です。
長さは標準的なヘッドボート付きで215cm
パネルボード付きで200cm
薄型ヘッドボード付きで205cmほどになります

ちなみに6畳の部屋は360cm×270cmが標準です。
ただし、壁の中心から壁の中心までの寸法ですから実際は10cmほど短いのが実寸になります。
きっちり配置しなければならない場合はメジャーで計測してください

すっきり広く感じる配置の基本的ポイントは

入り口から窓までの視界を遮らない
入り口から窓までの間に物を置かない
正方形・長方形で何も置かないスペースを作る
大きい家具・背の高い家具は入口の壁に置く

  
ベッドと家具の配置の仕方で部屋の雰囲気、使い勝手が大きく変わります。

6畳の部屋にセミダブルを配置する基本レイアウト

1K・ワンルーム・6畳寝室にチェストベッドセミダブルを配置する基本レイアウトの3パターンです。
あまり広くはない6畳一間もベッドや家具の配置によってゆったり感が作れます。

4脚ベッドやフロアベッドでしたら引き出しがないので左右のアキは気にしなくていいのですが、収納ベッドは引き出しを開けるスペースが必要です。ベッドのすぐ横に家具を置くことができない場合があります。

収納ベッドの引き出しはベッドの左右どちら側でも取り付けできますので引き出しの向きは気にしなくて大丈夫ですが引き出しの横に引き出して使う幅が必要になりますので、ベッド幅ぎりぎりとか狭い場所への配置にはご注意ください。

6畳にセミダブルベッドをレイアウトした部屋のイメージ見取り図

セミダブルベッドの占める割合、配置した残りスペースの寸法などは間取り図でご確認ください。
パースの向きは部屋への入口からベランダに向いています。足元から窓まで360cm、部屋の横幅は270cmということになります。

6畳、セミダブルベッド配置例-1

 

 ローベッドセミダブル

基本的配置例の一つです。ベランダに抜ける動線が大きくまっすぐで6畳の狭さも感じさせないレイアウト例。
6畳で狭さを感じないためには部屋の視界を遮らない、見える家具は低くする、何も置かないスペースを広くとる、これがポイントです。
ですから 大きめの家具、コートハンガー、上着を掛けておくパイプハンバーなどは入口左の壁に沿わせて配置すれば入口から視界を遮る物がないようにします。実際は入口の左右の壁に背の高い家具があっても視界には入らないので広がりと奥行きのある部屋になります。ベッドの反対側の壁に背に低いローボードやローチェストがいいですね。
6畳の部屋とセミダブルベッド、同じ縮尺での間取り図です。
6畳の部屋をなるべく広くしたいならソファはあまり必要ないと思います。
最低限初めに揃えたい家具に、ベッド、チェストのほかにテーブルがあります。
ソファーではなくローテーブルと座椅子がおすすめです。この位置でなくても窓際へも簡単に移動できます。

右側の壁に1メートルほど窓から離して最低限の家具としてテレビ(台)と小さなタンスを入れております。
横幅270cmに シングルベッド・セミダブルベッドを置いてもまだ余裕があります。
休日の天気のいい日にまったりしたいときは窓際の開けておいたスペースにソファーなど持ってきてのんびりできます。

セミダブルベッド(120cm×215cm)を壁につけた配置ですとベッドの横に150cmのアキ、
ベッドのフットから壁の間に145cmのアキができます。

ベッド側の壁に着けた家具は背が高くても視界に入らず圧迫感はありませんが、右の壁の家具はローチェストなどの低い家具がいいです。できれば家具の奥行幅と高さを揃えるとかなりすっきりです。

このベッドがチェストベッド、収納ベッドでも収納物の出し入れに問題はありません。
この配置だとベッドの右側は窓の陽射しがあたる向きでもありますからベッド下や引き出し内に湿気が溜まる心配もない、出し入れも広く引き出しを開けて使えて便利。いいレイアウトです。

6畳、セミダブルベッド配置例-2

窓は遮らない配置が基本ですが、どこかに広い場所を開けたいとか、窓越しの陽射しを全面に受けて目覚めたいなどのご希望の場合はこのレイアウトがいいですね。

ローベッドセミダブル
標準サイズ215cmのベッドではベッドのフットと壁の間は55cmの広さがあります。
これだけのアキがあればベランダへの動線も問題なし。
窓際に大きなベッドを寄せると。手前のドアからベッドまで240cmもの広い空間があって、横も家具で50cmとったとしても220cmの幅です。正方形に近い広い空間ができます。
6畳にセミダブルを置く実寸での縮尺間取り図です
何も置かない(図では小さなテーブルがあります)240cm×220cmの空間、
部屋を広く見せる効果が大きいです。大きな家具は入口ドアの右の壁に寄せておけば視界的にも邪魔にならず部屋の狭さは感じません。
240cm×220cmの空間がうれしいですね、
友達呼んでもテーブル囲んで4・5人は大丈夫、狭苦しさはありませんね。
ベッド下の収納物が丸見えで生活感丸見えってことにはなりません
窓の横なのでベッドに陽射しがあたる位置ですからマットレスやチェスト内に湿気が溜まる心配もないです。

6畳、セミダブルベッド配置例-3

収納ベッドだとしても物の出し入れも広く引き出しを開けて使えて便利。いいレイアウトです。

ベッドも家具もすべて片方の壁側にまとめるレイアウトの例です。
ローベッドセミダブル
テレビ台一つだけ右の壁に配置してみました。
パースではイメージしかわかりませんが下の図で寸法をご確認ください。入口からベランダ窓まで360cm×150cmの広さの大きな空間ができます。部屋の右半分を自由に使うレイアウトです。
間取り図で見るとこうなります
部屋の入口から窓まで150cm幅の空間が延びて、ほんとにこれが6畳かと思うほどの解放感、広がりのあるレイアウトです。
低いテーブルを置いても 視界を遮らないので狭さは感じません。
もちろん大きめの家具は入り口横の壁、少し大きいのはベッドの足元に固めます、
引き出し収納付きの家具では引き出しの幅×引き出しの奥行の2/3ぐらいの場所がないと出し入れが面倒です。
引き出し付き家具の前は引き出しの出し入れでほかの家具が置けなくなりますことご留意ください。
この配置だとベッドの右側は窓の陽射しがあたる向きでもありますからチェスト内に湿気が溜まる心配もない、チェストの出し入れも広く引き出しを開けて使えて便利。いいレイアウトです。
セミダブルは一人で使うベッドということでセミシングルやシングルと同じく壁に着ける配置としています。
ダブルベッドやクイーンベッドは二人のベッドで、通常ベッドの両側からベッドに入る、ベッドから出る動作ができる配置を考えてのレイアウトになります。

 

暮らし始めると荷物が増えるから大きめの家具でミニマムに

ローベッドセミダブル

上のレイアウトはセミダブルベッドと必要最小限の家具があるとしてのレイアウトです。
暮らし始めると家具が増えるでしょう。家具の数は増やさないで収納量を確保するには小型家具をいくつも買わないことです。かといって何でもかんでも大きな家具にするとうっとおしい狭い部屋になります。
寝室に入る入口から見て室内に大きな家具が視界に入らないレイアウトがおすすめ。
ひとつ大きな洋服ダンスまたはクローゼットを買ってそれを入口横の壁に配置します。
女性の場合はきっとチェストが必要でしょう。チェスとは4段か5段の高さで2台揃えれば収納は完璧!
男性はあれこれ小物が増えます、仕事や学校に関連した本も増えるでしょう、これらを一つの家具で収納する大型ラックがあればいいですね。
セミシングルベッドの幅120cm、ラックやデスクは90cm幅で見当つけていただければ310cmで収まります。

6畳にセミダブルでは壁際に大きな収納がおすすめ

6畳に120㎝×215㎝のセミダブルベッドを置く場合、縦置き、横置き配置のどの場合も家具スペースをミニマムにすることがポイント。そしてなるべく視界に入らない配置にすることです。

となれば、収納容量の小型家具を減らして縦型クローゼットタイプと小型チェストの組み合わせがおすすめです。縦型の大きな家具でも部屋の入り口の壁際なら視界に入らず圧迫感はありません。

右の壁のクローゼットがほぼ50cm幅(奥行)として、家具と家具のコーナーに50cm×50cmほどのスペースがでいます。ポールハンガー置きや掃除機置き、カーペット置きなどに使えますね

ローベッドセミダブル

ローベッドセミダブル
360cmの壁の沿わせて配置するか、270cmの壁に沿わせるか、窓際にするか、実際には部屋の間取りやコンセントの位置なども関係しますので、参考事例としてアレンジを加えてください。

6畳にセミダブルベッドを置くポイントのまとめ

360cm×270cmの6畳の部屋にダブルベッドでも、収納家具を少なくすれば意外と窮屈じゃありません。
ご覧ください、360cmの壁にヘッドをつけて寸法を同じ縮尺にしてみました。
シングル、セミダブル、ダブル、6畳の部屋ではそれぞれこんな感じの大きさです
ダブルでも6畳の半分はあきます、余裕ですね。

たとえ8畳でも部屋が狭いと感じる原因は
・視界が遮られる
・視界の中に大きな家具がある
・動線が直線ではない
・どこにも広い(長い)スペースがない

これなんです。

逆を言えば

・視界が広い
・視界の中に大きな家具がない
・動線を直線にする
・何も置かない広いスペース、長いスペースを確保する

ここに気をつけてベッド・家具を配置すれば6畳にでも「せまい!」にはなりません。

部屋を広く感じさせる、レイアウトにする原則
・中途半端な大きさの家具をいくつも置かない

・大きな家具は入口両脇の壁に着ける
・室内の見える家具はロータイプで色と高さを揃える
ローベッドセミダブルをご覧になるならここから

セミダブルサイズのおすすめローベッド、フロアベッド

スタイリッシュで格安、マットレス付きセミダブルベッド、3万円~4万円台
高級なベッドじゃなくていい、マットレス付きでかっこよくて激安なセミダブルをください!という方にはこれ!
造りのいい多機能ベッドで人気のセミダブルベッドはこちらのベッドです。
間接照明付き、コンセント付き、手間のかかったデザインヘッドボード。マットレスを置く床板が湿気対策のすのこ仕様になっているベッドもあります。低価格でも寝心地がいいと評判のボンネルコイル、ポケットコイルレギュラーマットレス付きをご案内します。

ベッド関連記事