シングルとセミダブル、セミダブル2台は6畳における?

シングルとセミダブル、セミダブル2台は6畳における?

一人ゆっくり眠るベッドにセミダブルをお使いになる方が増えてます。ご夫婦のベッドもシングル2台からシングルとセミダブル、セミダブルとセミダブルのベッド2台にしたいというケースも増えています。そこで気になるのが部屋と配置の寸法ですね。

寝室が6畳の場合、シングルとセミダブル、セミダブルとセミダブルはどれくらい部屋を占領するのか、ほかの家具は置けるのか。また寝室が8畳の場合ならどうなのか検証しておきましょう。ここを見ておけば、どのベッドを選んだほうがいいかわかるでしょう!

6畳・8畳の部屋とベッドの寸法

定番解説、部屋の寸法とベッドのサイズ、まずは基本的な部屋の寸法とベッドサイズから確認しておきます。

部屋の寸法は全国一率ではないんですが基本は江戸間の寸法で、6畳は360㎝×270㎝、8畳は360㎝×360㎝です。ただしこの寸法は柱の中心から中心までの寸法になりますので、実際はおよそ5㎝ほどそれぞれ狭くなります。
およその寸法がわかればいいのでここでは6畳は360㎝×270㎝、8畳は360㎝×360㎝といたします。

6畳と8畳の広さの違い。畳2枚横につないだ広さ(90×360㎝)8畳が広くなります。

ベッドサイズは一般的なヘッドボード付きで、
シングルベッドは100㎝幅×215㎝の長さ。

セミダブルベッドは幅120㎝×215㎝の長さです。

シングルベッドとセミダブルベッドを並べると幅は220㎝、
セミダブルベッドとセミダブルベッドを並べると幅は240㎝です。

6畳にシングルとセミダブルベッド二つ

6畳にセミダブルベッド二つの場合の余裕は
シングルベッドは100㎝幅、セミダブルベッドは120㎝で、二つで220㎝です。
旦那様が大柄な体格でこの組み合わせにされるご夫婦が多いようです。シングル二つに次いでお買い求めの多いのがシングルとセミダブルの組み合わせです。360㎝の壁に220㎝のベッドを着けるとベッドの両脇にはそれぞれ70㎝のあきスペースですね。

収納家具は置けますが置く場所によって収納が使いにくい場合もありそうです。というのも、収納家具ですから引き出しを開けての出し入れが必要になります。収納家具と同じ幅の40㎝ぐらいは出し入れの作業に必要ですね。ということは、収納家具と引き出しの出し入れスペースでおよそ100㎝占めることになりますので家具の配置をよく考えて置く位置を変えてください。

この場合も8畳部屋でしたらベッドのフットから手前に145㎝のスペースがありますから家具を置けますのでベッドの横に家具を置かなくてもいいことになります。6畳寝室にも家具を置きたい場合はシングルベッド2台かセミシングル2台が窮屈にならなくておすすめです。

6畳にセミダブルベッド二つ

6畳にセミダブルベッド二つの場合の余裕
360㎝の壁にセミダブルベッド二つの240㎝。ベッドを部屋の中央に置けばベッド左右の60㎝ずつのスペース、窓際に寄せれば家具を置けるスペースになる120㎝の広さが空きます。中央か窓寄せ配置かはベッドルームに家具を置く必要があるかないかによりますね。

セミダブルふたつ並べた広さの240㎝ベッドのセンター配置では左右のベッドのどこからでもベッドに入る、ベッドからで出ることができます。シーツの取り換えやベッドメイクも何の不都合もないのですが、セミダブル2台、ダブルとシングル二つでの240㎝になるとベッド横に収納家具は置けても出し入れができないことになります。この場合はベッド2台を窓寄せにしてください。

片方に寄せると窓側のベッドサイドが空きのない配置になります。ベッドに入る、出る、シーツの取り換え作業も右のベッドからまたはベッドの足元からと言うことになりますが。どうしてもほかの部屋に置けない家具があるなら窓寄せレイアウトでお考えください。

セミダブル二つと家具も置ける片寄せレイアウト

窓寄せ配置にすればセミダブルベッド二つの240㎝の大きなベッドでも6畳に家具が置ける余裕ができます。

ベッド二つの幅が240㎝以上になると家具をどうするかがポイントなんですね。
ひとつのご提案はベッドをヘッドレス(ヘッドボードのないベッド)かパネルボードのコンパクトなベッドにすること。

通常のベッドの長さは215㎝。ヘッドレスベッドだとほぼマットレスの長さの195㎝。パネルボードのベッドだと200㎝です。ベッドの足元に20㎝~25㎝のスペースが増やせます。上の図で足元の55㎝が80㎝になったら使い勝手のいい6畳になります。薄型収納家具が置ける、引き出しの出し入れもできるようになります。

8畳寝室ならベッドの横の寸法は同じで変わりませんが、足元に360㎝×145㎝のスペースがありますので家具も十分置ける広さです。
6畳は360㎝×270㎝、8畳は360㎝×360㎝です。下の左の図の6畳のベッドの足元に90㎝×360㎝のスペース(右の図の茶色い部分)が加わりますので家具を置くにも十分なスペースです。

引き出し収納タイプはデッドスペースができてしまいます

以上でご案内しているシングルとセミダブル、セミダブルとセミダブルのベッド2台並べはベッドタイプを考慮せずに一般的な100㎝と120㎝のベッドサイズでの説明でした。

ここで忘れてはならないのが収納ベッドの場合、引き出し収納ベッド、チェストベッドの場合はベッド幅プラス、引き出しの出し入れスペースが必要になることです。

引き出しを閉じているときは不都合はないのですが、引き出しの収納の出し入れにはほぼ引き出しの奥行と同じくらいのスペースが必要で、さらに収納の出し入れをする人のスペースも必要になります。

引き出しの奥行はおよそ45㎝。出し入れする人のスペースも少なくとも50㎝は必要です。となると、ベッドサイドにおよそ100㎝のスパースを開けておかなければならないってことになります。

グルとセミダブルの両方が収納ベッドなら、ベッド二つで220㎝、ベッドの左右には70㎝のスペースですからほぼいっぱいいっぱいです。セミダブルとセミダブルの2台では240㎝ですから。ベッドの両脇は60㎝のスペース。出し入れする人のスペースがないと言うことになります。

2杯の引き出しをヘッド側の引き出しとフット側の引き出しと片方ずつ出し入れすれば使えないことはないですが、ちょっと窮屈ですね。

やっぱり壁寄せ配置で収納家具を置くほうがいいかも

こしてみると、シグルとセミダブル、セミダブルとセミダブルの2台にする場合は引き出し収納ベッドではないベッドを壁(上の図の場合は窓)に寄せて、引き出しのために開けておかなければならないデッドスペースをなくして、幅120㎝を有効に使ったほうがよさそうです。

8畳の寝室の場合は無理してベッドの横に収納家具を置かなくても、2倍のベッドのフットに140㎝×360㎝のスペースがありますので家具はこのスペースに充分置けます。

シングル、セミダブル、2台並べにおすすめのベッド!

6畳にしろ8畳にしろ、なるべく広いアキスペースを作ることが実際の動き、見た目の広がりで快適さに繋がります。大きなベッドをコンパクトなベッドにするのもその一つ。

コンパクトなベッドはまずヘッドボードのないヘッドレスか、フラットヘッドボードのベッドですね。ヘッドボード付きだとおよそ215㎝の長さですがヘッドレスだとマットレスの長さの195㎝。フラットヘッドボード付きでおよそ200㎝になります。

ベッドのフットから壁まで70㎝のスペースが取れますから、ベランダへの行き来はラクチンです。

ヘッドレスのシングルとセミダブル、マットレスベッド

ヘッドレスベッドでマットレスの長さがベッドの長さと言えばマットレスベッド。
ベッド用のマットレスに台座と脚を付けて一体化されたベッド。ベッドフレームがないので軽い。立てかけてのお掃除もラクです。ベッドだからしっかりしたフレームがあってマットレスを載せて・・というのは昭和のお話し。ライフスタイルの合わせて、いろんなベッドがえらべるんです。

ベッドフレームとマットレスが一体になったショートで軽い低価格帯で丈夫なベッド。マットレス一体ベッドなのでマットレスを買い足す必要はありません

マットレスベッド
▲自宅で洗濯ができるカバーリングパッドシーツ付き、またはパッド・ボックスシーツ付きマットレスベッドなどがあります。ベッドサイズは195㎝マットレスサイズと180㎝ショートサイズがあります。180㎝ショートは女子の一人暮らしにおすすめですが男性でも165㎝の身長ぐらいまでならサイズ的に大丈夫です。左右2分割タイプは模様替えや移動、お掃除でも軽く動かせるのでか弱い女子に好評です。

マットレスベッドワンルーム用
▲マットレスベッドはフレームの台座とマットレスが一体のため、もしマットレスが破損したらマットレスだけを交換することができません。このボトムベッドは台座とマットレスは分離しています。破損で交換、マットレスの寝心地を変えたくなっても普通のベッドと同じく入れ替えができます。台座から湿気が逃げやすい構造になっているので湿気も気にしなくて大丈夫。マットレスセットで2万円ちょっとと格安!

 

マットレスベッドセミダブル

▲4脚マットレスベッドのセミダブルになります。マットレスに脚を付けたベッドで軽く、ヘッドなしデザインでコンパクト。冬は窓際に、夏は部屋の奥になど、配置換えや模様替えするのが楽しみなご夫婦にゆったりセミダブル2台。

ヘッドレス、薄型ヘッドのすのこベッド

ナチュラルな木のぬくもりと木の香りがお好きなご夫婦にシンプルなスノコベッド。4本脚または6本脚でベッドの下は空間です。湿気の多い日本でもこのタイプのすのこベッドは湿気対策としては安心なベッド。ベッド下は収納にも利用できます。できれば収納物は見えないほうがいいかも知れませんが、他人様が見学にやってくることはないでしょうから。

桐・檜のベッド
▲シンプルな構造で木の香りのするウッドベッド。ヘッドボードなし、薄型ヘッドボード付き、パイン、桐、檜などご予算やお好みで選んでいただけます。シングルマットレス二つ並べれば、夫婦のベッドに、ツインでコテージのような部屋にもできます。ウッドベッドはベッド下は空間ですので収納に利用できます。ナチュラル志向のご夫婦におすすめです。

セミダブル2台並べにおすすめ。

▲おしゃれなヘッドレスウッドベッド、すのこベッドです。ウッドベッド。ヘッドボードなし、脚を取り替えて16㎝と26㎝に高さが和えられます。脚を使えないでローベッドにもできます。シングルとセミダブル、セミダブルとセミダブルで2台ピッタリくっつけて大きなベッドでおやすみください。

4脚すのこベッドセミダブル
▲デザインでアラブすのこステーションベッド。いわゆる4脚ベッドで、ベッドの下は空間です。コンセント、棚付き薄型ヘッドボードでベッド全体の長さは206㎝。シングルとセミダブル、セミダブルとセミダブルの2台並べがかっこいい!少し高価になるステーションベッドでもボトムプライスゾーンになります。

ローベッドのセミダブルもおすすめです

フロアベッドでは湿気が心配の方に床とマットレスの間に高さとすのこがあるローベッドがおすすめ。フロアベッドですとフレームがマットレスの外になるため2台のベッドがくっつきませんがローベッドはマットレスがフレームと同じサイズなのでフレームもピッタリ、マットレスもピッタリくっつきます。(Breezeはピッタリにできません)


▲フロアベッドの床板をすのこにしてフレームのクネクネも補強した今最もお買い上げの多いセミダブル!
フロアベッドの大きな弱点、湿気、すきま、ぐらつきを解消しました。すのこフロアベッドなのでマットレスがくっつきませんがワンランク上の造りでボトムプライスのおすすめベッドです。


▲フロアベッドの湿気。クネクネの弱点をなくしどーベッドになった高床すのこローベッド、高品質でも激安!湿気が気になる方は必見!マットレスはベッドサイズと同じなのでベッドもマットレスもくっつきます。初めから連結タイプがよろしければ
連結ベッド200㎝のフラッコをご覧ください

ゴージャスなセミダブル2台ベッド
▲大好評、ゴージャス&エレガントなプリーツ加工のベッド。価格を抑えたすのこローベッドでデビュー!もうちょっとデザインに気を使ったおしゃれなベッドをお探しのご夫婦にごらんいただきたいベッドです。マットレスをのせる床板はスノコで湿気も心配ありません。

シングルとセミダブル、セミダブルとセミダブルの2台並べで増々かっこいいベッドになります!

赤ちゃんができてもこのサイズなら・・

夫婦二人のベッドからやがて赤ちゃんができて、大きくなってゆくことを考えれば、シングルとセミダブルの220㎝幅、セミダブルとセミダブル2台の240㎝はパパママとお子さん2人まで一緒に寝られるサイズになります。子供ができた、ベッドはどうしようか、パパは布団で寝てちょうだい!てなこともないですね。

ベッド2台と連結ベッドはどっちがいいのかというご質問もありますが、ベッドがずれないという点では連結ベッドでしょうか。でもベッドで運動会するわけじゃないのでそう大きく開くものでもありません。気が付いた時点ですぐ直せるから気にならないという方も多いです。

個別に2台ベッドにしてずれが気になるときは百均で連結バンドを買って脚と脚、またはサイドフレームとサイドフレームを固定してみてはどうでしょう。

シングルとセミダブルベッドの連結 セミダブルとセミダブルの連結 6畳にシングルとセミダブルベッド
6畳にセミダブルベッドふたつ 8畳にシングルとセミダブルベッド 8畳にセミダブルベッドふたつ