5年、6年、12年の長期備蓄保存水。

5年、6年、12年の長期備蓄保存水。
もし、突然に大きな地震が来たらなたは何を持って非難するべきでしょうか。
何よりも先に抱えて非難すべきもの、それは「水」です。
国の内外で大きな地震のニュースなどが放映されていますが一週間以上経過して救出された人たちに共通するのは「水」があったことです。記事内に何度か出てきますが、人間が生存できる限度は水がなければ3日。食料がなければ30日と言われます。食べられなくとも30日は生きられます。水がなかったらわずか3日。4日目には命がなくなります。
大人が一日に必要とする水分量は3リットルです。体格差、男女差がありますので最低1日2リットルとお考えください。
地震が来た、津波が来る、裏山が崩れそうなとき何よりも先に抱えて非難すべきもの、それは「2リットルボトルの水」です。

想定外の災害が多発しています

東北地震、熊本大分地震、福岡朝倉の洪水、大阪北部地震に続いて広島岡山の山崩れ、さらに北海道胆振東部地震と近年立て続けに想定外の大きな災害が起きています。これは他人事ではなく、いつ自分の居住区でおきるかわかりません、いざ地震が来た、超大型台風が来たというとき、最低限もっておきたいもの、それは水です。

避難所に行く余裕があるなら何とかなりますが着の身着のまま家を飛び出さなければならないとき、何はなくとも確保しておくべきは飲料水です。

道路が寸断された、電気が止まった、水道が止まったというとき、食糧がなくても一月は生きられます。でも、水がなかったら4日目には命が終わります。水がなければわずか4日さえ生きることが難しいのです。救援隊が来るまでの3日生き延びるために絶対持っておくものそれが飲料水なのです。

突発的災害に備えて何よりも確保すべきは水です。
ミネラルウォーターをまとめて購入したい。
市街地か農村部か漁村部かによって異なりますが、災害が起こった場合、レスキューや自衛隊などの救援隊が来るまで平均3日です。
何も持たず避難した、家に閉じ込めらた。電気も点かない、水道も出ない、周りに人の声もしないまま最低3日は待たなければなりません。

家の中で孤立なら当日・翌日の食糧があるかも知れませんが山の中に逃げてそこから動けなくなっていたら、待っている間に命の火が消える場合もあります。

緊急時、最低1日2リットルの水が必要です

救援隊が来るまでの3日間、あなたの命を守る物は水です。食料がなくても(おなかは減るでしょうが)何も食べなくても30日ぐらいは生きていられます。でも水がなかったら4日目でアウトです。まずは2リットルボトルを抱えて離れましょう。災害が3日も4日も続くことは稀です、たいていは1日経てば状況がわかります。翌日明るいうちに危険な場所を避けて、ほかの保存水を取り出してください。

大きな災害でも救援隊がやってくるまでには平均3日です。まずは水さえあれば救援隊を待てます。

大人が一日に必要とする水分量は3リットルです。
体格差、男女差がありますので最低1日2リットルとお考えください。
 
とすれば、大人一人の3日分の飲み水として必要な量は最低量2リットルボトルで3本と言うことになります。
2人なら6本、3人なら9本備えることが必要です。

3人家族なら6本×3人の18本ということになります。
保存水には500mlボトルや2リットル6本入りケースがあります、12本入りケースがあります。
家の崩壊に備えて取り出せなくなる危険の分散に6本入りを3か所に分けておく、または12本入りを2か所に分けておくのがいいです。

台所の床下ストッカー、敷地の北端と南端、のように、万が一家が傾いて中に入れない場合も取り出せる場所がいいです。ホームセンターなどにプラスティックの物入れボックス(ストッカー)を安く売っています。この中に入れておけば段ボールも水も心配ありません。

5年保存水だと5年に一回入れ替えなければなりません。これはもうしょうがないです。
5年に一度でいいと考えるしかないです。
5年保存水、ぜひどうぞ!

驚異の保存水、最大12年の長期保存可能

突然の災害は命が助かることが第一、その次は「水」の確保。食物が摂れないより水を摂れない方が危険です。食物が摂れない状態でも水があれば30日は大丈夫です、水がなかったら3日以上生きるのが難しいのです。 また水があれば緊急食糧の調理も問題ありません。

東北、関東、熊本、大分、今度は鳥取、震度5を超える大きな地震が続いています。ゲリラ豪雨、局地的大雪、竜巻などこれまで心配だった地震・台風以外に突然やってくる災害が増えました。私のところは大丈夫、これがいけません。 道路が寸断されたら、水道管がやられたら救援隊到着までの3日間、生活に直結する最低限の水をご用意ください。洗顔や風呂の水ではありません、命をつなぐための飲み水です。

上は5年~12年の長期保存水の一例です。 洪水や大雪などでライフラインの電気ガス水道が止まっても、都市部だから近くにコンビニやスーパーがあるし・・・ それは少しアマイかもしれません。スーパーやお店も商品は被害をうけているでしょうし、もし被害が軽かったにしても直後にみなさん一斉に食糧、水の確保にうごきます。スーパーもコンビニも商品棚はからっぽになってしまってます。

ライフラインが復旧するまでに、または孤立した被災地に救援隊が水や食料を届けるまで最低3日はかかるとのことです。それまでの3日間使う生活に直結する最低限の水をご用意ください。 長期保存水は5年から12年保存できます。ミネラルウォーターは1年保存可能です。

薬剤で化学処理した水ではありません。高熱殺菌して密封した日本の水です。是非ご用意ください。

5年と1日目はもう飲めない?

保存水、備蓄水に関する多くの記事で同じこと説明していますので改めて書くまでもないかも知れませんが「確認」と言うことでここにも書いておきます。

5年保存水でもうすぐ5年、それじゃ5年と1日目はもう飲めない水?
そんなことはありませんね。

ほかの食品でも同じですが、賞味期限、消費期限には余裕も持った日付になっています。
保存水の場合も5年保存水は5年と3ヶ月、5年と5か月ぐらいの余裕があります。
5年を過ぎた保存水を使うときは開封されていないことを確認してください。
開封しない状態で直射日光にさらさない状態で保管していれば5年と半年ぐらいまでは大丈夫です。

ただし、開封されていない水でもちょっと心配なことがあります。それは匂い。
ペットボトルはミクロの世界で見るとほんの小さな穴があるんです。
水の分子は通れませんが気体は通れるほどの小さな穴。

例えば備蓄保存水の横に沢庵漬けの桶があった場合、わずかながら5年の間に沢庵の匂いが保存水に移ったりすることがあるようです。

保存水の一緒に匂いのきついものは置かないようにしてください。

基本的に開栓しなければ保存水は5年過ぎても腐りません。
あ、保存水の保存期間忘れてた、5年と2日経ってる、捨てなきゃ!ではありません。

水には軟水と硬水がある

毎日飲む水ではなく緊急用に保存する水です、軟水か硬水かどちらかでなければならないということはありませんが、水についての一般論「軟水・硬水」についてまとめておきます。

日本の水は軟水、欧米の水は硬水だといわれます。軟水と硬水の違いはカルシウムとマグネシウム(ミネラル)の含有量が少ない水が「軟水」となり、その逆で、カルシウムとマグネシウムの含有量が多い水が「硬水」となります。

石灰質の地層を長い時間をかけて地下水となった水が硬水です。お水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどのミネラルは、地層の中の岩石から時間をかけて水に溶け出したものです。これにより硬水はカルシウムとマグネシウムの含有量が比較的多いのが特徴です。ヨーロッパやアメリカの水は長い間地下水として地価の水脈にあありますので嶺れるの含有率が高い硬水になります、

これに反し、日本の水は国土が狭く山が高いため地下水も地層に長くとどまらず、地層のミネラルがほとんど含まれません。これが軟水です。

美容と基礎代謝をあげるには硬水が適しているといわれます。 通常の飲料水として硬水のミネラルウォーターを常飲される方も多いです。 硬水はのどごしが硬い、苦みがあると感じる人も少なくないようですが カルシウムやマグネシウムのミネラルが多く含まれているため、スポーツ後などミネラルを補給するには適しています。

また硬水には脂肪の吸収を抑制し腸を刺激して便秘を解消してくれる効果もあるといいます。美容や健康に配慮する場合は、硬水の方が効果が期待できるでしょう。 美容と健康効果もお望みでしたら以下のミネラルウォーターがおすすめですが、保存可能期間は通常1年です。

保存水とミネラルウォーターは違います!

保存水とミネラルウォーターの違いはご存知かとは思いますが、改めてご案内いたします。

ミネラルウォーターは生産国や生産メーカーによって多少異なりますので、ここでは一般的なミネラルウォーターは、と言うことでご理解ください。

ミネラルウォーターは水質検査された安全な地下水を濾過してボトリングしたものです。お水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどのミネラルは、濾過してもなくなりません。
ミネラルウォーターは熱処理はしません。汲み上げた水をそのものですが水質検査していますので1年~2年の保存は可能です。
保存水はミネラルウォ-ターを加熱殺菌処理してボトリングします。これで5年10年の保存が可能になります。
ミネラルウォーターをまとめて購入したい。

日本産のミネラルウォーターは軟水ですから味はありません。

保存水と言うと、保存料の入った化学的処理水と思われるかも知れませんが、保存料は一切入っておりません。5年、10年の長期備蓄保存水はミネラルウォーターを加熱処理し、さらに加熱殺菌した水をクリーンルームでボトリングしますので雑菌が侵入することもありません。

5年保存水があれば10年保存水もあるのはなぜでしょうか?
これは殺菌温度の違いです。通常、5年保存水は概ね70℃~80℃で殺菌
10年保存水は130℃での殺菌になります。
いろはす、い・ろ・は・す
ミネラルウォーターとフレーバー(味付き)があります。お間違えございませんようお願いします

保存水は自宅でも作れますが・・・

特殊な保存料は加えない、安全な水を加熱処理してボトルに詰めるだけ、と聞けば、それなら自宅でも保存水が作れると思われますね。

確かに、製造手順だけ見ればそう言えます。YouTubeでも保存水を作ってみた、という動画をいくつかみかけますね。
実際に動画を見ましたが、水の安全、ボトルの洗浄殺菌、加熱処理水のボトリング、雑菌を入れない閉栓などで、大丈夫じゃないねえが正直な感想です。加熱殺菌水を詰めるだけなんだと思うだけは非常に簡単ですが実際はどこかで衛生的な問題、つまり雑菌混入が起こりやすいのです。

自作の保存水を飲んで救急車のお世話になるといけません。保存水を作って数日で飲んでしまう分には問題ないですが長期保存はおやめください。おなか壊します。

お届けできる長期保存水500mlと2リットル

5年保存水、10年保存水には500mlボトルと2リットルボトルがあります。
500mlボトルはいざというとき、ほかの防災用品と一緒にリュックなどに入れてまとめて持ち出せる緊急用、2リットルボトルは自宅に分散させて保管しておく保管用という仕分けが妥当かと思います。

とりあえず非難したのが指定避難所なら自治体が用意した保存水や飲料水が用意されていますのでリュック一つでいいんですが、山にかけ上ったとなると500mlの水はすぐになくなっちゃいますね。

学校や施設、避難所などの備蓄保存には500mlで、必要な人は随時2本でももらえるようにできます。災害支援物資で届く水も500mlボトルが多いようです。荷物にならない、被災者に配りやすい利点があります。

個人の緊急避難にはせめて2リットルボトル1本抱えて逃げるほうが現実的です。
100人500人の大勢の人が集まる施設・避難所には500mlの保存水で 個人宅は2Lボトルでの備蓄保存をおすすめします。

5年保存水、から12年保存水

 


  • 高知沖海洋深層水12年備蓄保存水 2L×6本
  • 高知沖海洋深層水12年備蓄保存水 500ml×24本
  • 高知県室戸岬沖の海洋深層水を保存備蓄水にしました。ミネラルはそのまま塩分・雑菌を除去しています。通常の保存備蓄水は70℃殺菌ですがこちらは130℃の超高温殺菌。それで12年保存を可能にしました。2L×6本1ケースは1日最低限2Lとして二人3日分になります。
  • 霧島連山の備蓄5年保存水 2L×6本、2L×12本、2L×60本 ほか500mlも多数
  • 霧島連山の備蓄7保存水 2L×6本、2L×12本、2L×60本 ほか500mlも多数
  • 鹿児島と宮崎の県境にそそり立つ霧島連山の湧水を保存備蓄水にしました。霧島連山の雨がシラス台地に浸み込み濾過され、再び地上に湧き出たミネラル豊富な水を高温殺菌しています。500ml、2Lボトルがありますが備蓄水で保存される場合は2リットルボトルが管理しやすいです。
  • 山梨県大菩薩嶺水源の水 5年保存水 500ml ×24本
  • 山梨県大菩薩嶺水源の水 5年保存水 500ml ×48本
  • 防衛省備蓄用飲料水として、仙台駐屯地、福島郡山駐屯地、大村駐屯地への納入実績が有る「信頼」の長期保存水です。 天然水使用のミネラルウォーターの備蓄水は硬度23mg/Lとまさに超軟水です。山梨県大菩薩嶺水源の天然水。500ml、2Lボトルがあります
  • 山梨甲府の地下水 備蓄5年保存水 2L×12本
  • 山梨甲府の地下水 備蓄5年保存水 2L×24本
  • 市役所、学校法人、福祉介護施設、自治体、大手事業会社など、多くの公共機関や会社から選ばれている実績があります。保存期間表記の適正性について、「山梨県食品衛生協会」による水質検査を実施しております。長期保存に備えた強化段ボール入り、虫も侵入できません。
  • 新潟胎内側地下水 備蓄5年保存水 500ml ×48本 500ml ×240本
  • 新潟胎内側地下水 備蓄5年保存水 1.5L×80本 2L×60本ほかまとめ買いに最適
  • 磐梯朝日国立公園の飯豊(いいで)連峰の雪解け水を集め日本海に注ぐ“胎内川”の地下水を原水としてます。胎内川地域は良質の水の恩恵を受けてビールやワインの生産地にもなっているほどの水の名所です。500m、1.5L、2Lがあります。長期保存向け梱包をしています。
  • 山梨県山麓天然水 5年備蓄保存水 2L×6本、2L×24本、2L×60本、
  • 高知沖海洋深層水12年備蓄保存水 500ml×24本。500ml×240本 まとめ買いに最適
  • 甲州山梨山麓の天然水を高温殺菌にて無菌充填して賞味期限5年6か月の保存が可能な備蓄水にしています。食品安全システム認証規格のFSSC22000を認証取得し、毎月1度、定期的に放射能検査と水質検査を厚生労働大臣登録機関にて検査していますので安心です。
  •  
  • 霧島連山の備蓄 7年保存水 500ml×24本、500ml×48本、500ml×240本 
  • 霧島連山の備蓄 7保存水 2L×12本、2L×60本、ほかまとめ買いに最適
  • 鹿児島と宮崎の県境の霧島連山の湧水を保存備蓄水にしました。志布志市によって徹底管理され、高い基準をクリアしている水源の湧水を高温殺菌しています。500ml、2Lボトルがありますが備蓄水で保存される場合は2リットルボトルが管理しやすいです。
  • 高知県室戸岬沖370Mの海洋深層水を汲み上げて保存備蓄水にしました。ミネラルはそのまま塩分・雑菌を除去しています。通常の保存備蓄水は70℃殺菌ですがこちらは130℃の超高温殺菌。それで12年保存を可能にしました。2L×6本入り、500ml×24本入りがあります。

あとがき。予測不可能な地震が怖い

大型台風はあらかじめ通過コースが予測できて避難もできますが、地震は予知不可能です。
関東直下型地震、南海トラフ地震などの大きな地震が近いと言われますが、いつなのかは予測できません。また予想外の地区で大型自信が発生することもあります。日本の断層帯マップなんか見ると背中がぞっと冷えてきますね。
熊本益城の地震と北部大阪地震で被災直後の違いがありました。

熊本地震と北部大阪地震の違い-1 幹線道路の本数
熊本市街地から直線距離で東へ13キロ、人口33,000人の益城町
大阪市街地から直線距離で北東へ14キロ、人口370,000人の吹田市
益城町は農村地帯、吹田市は大阪の隣のベッドタウン

どちらの場合も地震発生直後から保存水のご注文が殺到しました。
しかし、熊本益城町の場合は益城町に至る道路が破壊され、お届けするにも数日かかりました。
地方の町は主要道路が使えなくなると応援隊も物資も入れません。迂回する道も使えなくなります。

大阪北部地震ではこの状況がありませんでした。
給水車もすぐに動けたようです。
水のご注文もほぼ通常の日数で吹田・高槻にお届けできています。都市部は大きな道が何本もあるので迂回して目的地に行けるんですね。地域の幹線道路本数の違いが復旧に影響します。

熊本地震と北部大阪地震の違い-1 ガス
もう一つの大きな違いはガス。
大阪北部地震では倒壊建物が少なかったです。
1995(平成7年)の阪神淡路地震以降耐震の建物が多くなっていたおかげかもしれません。
被災地の電気も半日内にほぼ復旧しました。これも配電ルート切り替えが短時間に実行できた都市部のありがたさでしょう。

しかし、電気は早期復旧できてもなかなか復旧できないのがガス、少なくとも1週間はかかるようです。
都市部は都市ガスです、ガス管が地下に埋められています。

ガスは阪神淡路地震の教訓から、各家庭のガスメーター部に非常遮断装置が付いていますので自動的にガスの元栓が締まります。ですが、地下のガス管にはガスが詰まっています。揺れによりガス管が破損してガスが漏れていることがあります。
安全かと思って不用意に火を点けると大爆発になりかねませんのでガス管埋設ルートをすべて点検し地下のガス漏れの有無を確認しなければなりません。

都市部の場合はガスが復旧するまで近くのスーパーやコンビニですぐ食べられるものが買えますがすぐに売り切れになります。

今回の北部大阪地震で特に感じたのはこのガスの問題です、
地震直後何とか無事に避難できた。最低限必要な水もある。翌日おなかがすいた、インスタントラーメンがある、無洗米がある、だけどお湯がない。

幸いなことに今はカセットコンロがあります。カセットコンロもすぐ取り出せる場所に置いておくべきですね。

大きな災害直後はご注文が集中して保存水が品切れ続出になります。またご注文いただいても搬送ロートが遮断されてお届け予定が大幅に狂うことになります。まさかうちには地震は来ないと思っても、2リットルボトル12本×2か所に分散で予期せぬ災害に備えてください。

備蓄長期保存水、まとめ買いはこちら

個人のお宅での保存水備蓄は24本でおよそ2800円ぐらいですが、事業所様、団体様になると100本から500本になったりしますね。これだけまとめて買うんだから少し安くならないの?ト思うのはあたりまえです。新規購入、期限での入れ替えにまとまった本数が必要でしたらご相談ください。水の利幅は微々たるものですが、まとめ買いにはご相談対応しています。

 

ショップで見つけたあの商品をまとめて大量に購入したい。
30個以上の注文・問い合わせはこちら ←ここから!