韓国KTXはなぜこんなに事故が多いの!

新着

韓国の高速鉄道KTXは事故の歴史

韓国の高速鉄道KTXは事故の歴史の16年。安全意識が低い!熟練技術者がいない!これじゃ今後もKTXでは事故が続く予感!

韓国高速鉄道KTX,事故韓国高速鉄道KTX,事故 韓国高速鉄道KTX,事故 韓国高速鉄道KTX,事故 韓国高速鉄道KTX,事故

韓国高速鉄道KTX,事故,事故

韓国の高速鉄道KTXは開業以来事故だらけ

韓国の高速鉄道KTX、開業以来16年は事故の歴史。韓国の新幹線はフランスのTGVそのまま持ってきただけ、これじゃ今後もKTXでは事故が続く予感!

世界で5番目の高速鉄道国と自己評価する韓国ホコリのKTXは2004年開通した韓国国産技術の結晶の高速鉄道・・ではありません。KTXはふらんすのTGV移植版です。

フランスのTGVなら歴史もある、安定した技術とシステムで問題ないだろうと思いがちですが、これがなぜだか問題ばかり。何故こうも事故や故障が多いのでしょう。

KTのX事故につながる3要素

資料を集めて整理するうちに、大きな要素が3つあることに気づきました。
1、新幹線と在来線が同じ線路を走る
2. 放漫な韓国人の気質
3、TGV丸投げの技術とシステム

つまり、新幹線と在来線が同じ線路で入り乱れて走れば当然事故の確率が高くなる
日本は新幹線と在来線は別の軌道を走りますね。
また、車両メンテナンスもJRは保線や車両整備に極めて緻密な整備項目に時間をかけていますが、韓国は省略が多い。列車と線路があれば走ると思ってる
TGVのシステムそのままを韓国に移したので、高速鉄道に関する技術が韓国にない。保線・整備の熟練工がいない
それでは詳しく見ていきましょう。

◆韓国では、高速鉄道と在来線が同じ線路を走る

日本は、新幹線と在来線の線路が別で衝突両社が衝突することはあり得ません。
一方、韓国を含む他の国では新幹線と在来線が、同一線路を走ります。

韓国はイギリス、ドイツ、フランス、スイスなどのヨーロッパの軌幅は、原則として、「標準軌」(1435mm)を採用しています。
JRの在来線は、明治維新以来の「狭軌」(1067mm)です。

新幹線は、「標準軌」(1435mm)を採用しました。

新幹線のダイヤは正確で誤差は1分以内といわれますが、新幹線が在来線と混在して走らないということも正確な運行の1つの理由です。

 

韓国の在来線は、朝鮮総督府が管轄する鉄道として建設されました。
朝鮮半島での鉄道は、鷺梁津と済物浦間の鉄道を明治32年に開通させたことに始まります。
日本の建設した、韓国の鉄道は、「標準軌」(1435mm)です。
ちなみに、台湾は、韓国と異なり「狭軌」(1067mm)の鉄道を敷設しました。
台湾の新幹線は、日本の新幹線技術を導入していますから、台湾でも、新幹線と在来線は衝突しません。

ちなみに車体幅はKTXは約2.8m 新幹線はおよそ3.4m。見た目にもKTXは小さく感じます
KTX1、KTX山川,SRTともに、TGVと同じ在来線サイズの横幅の車内で、座席の配列では、特車は2+1配列です。A席が1人掛け(ソウル基準東側)です。1人で発券してもらうと1人掛けのことが多いです。普通車は日本の新幹線グリーン席と同じ2+2の配列になっています。稼働率は低く、あまり満席なることはないようです。

◆鉄道建設の歴史がない、TGV持ってきただけ

高速鉄道の実績豊かなTGV技術で、走るKTX、誰もがうまくいくと思っていましたが。

実際にはKTXは開業前からトラブル、事故続き。事故の歴史ががKTXの歴史ともいえます。

韓国の報道を見ると、改めてその頻度に驚きます。そして頻発する事故の原因は安全性軽視」と「技術不足」にあるとわかります。自国の技術で0から開発したものではなくTGVの完成しているパッケージを買ってきて動かすだけなのでアクシデントに即時対応できる技術がないのです。

長年高速鉄道にかかわって熟知したシステム設計者、整備熟練技術者や保線責任者がいない、これは致命的です。

◆放漫な物づくり体質

フランスのTGVの技術とシステムを導入したが、ここに韓国特有の気候と地形に対応する変更がなされなかったと思えること、また、鉄道運送にかかわる人の技術的、放漫な性格的問題がこうしたトラブルや事故に繋がっている

韓国流物づくりの考え方なのかもしれませんが、完成品を作るというより、使いながら完成に近づける流儀があるようです。
例えば国防関連の国産兵器生産でも同じですが、使用しながら不具合を改善して完成品にしていく、というのが韓流です。日本ではこういうのを粗製乱造と言います。

国産戦車ができた、国産ヘリができた、国産護衛艦ができたといっても実は半完成品で、使い始めると不具合や破損などの事故続き。それでも修理して再使用できるならいいんですが、手に負えそうにない場合は修理しないで部品どりに利用するとかのケースが多いです。兵装品も戦車や戦闘艦の砲身破裂、浸水、さびで作動しないなんて事故は多いと聞きます。高速鉄道もご多分に漏れず事故続き。

 

少し前韓国製スマホのバッテリーが発火する騒ぎがありましたが、最近は電気自動車用バッテリーで発火事故やリコールで世界中で韓国産バッテリーの評判を落としてます。
発火装置付きバッテリーなんか作っちゃダメでしょ!

TGVそのままつくったはずなのに車両事故率はTGVの4倍だとか。科学技術立国はあなたたちには無理、とは申しませんが、限りなく遠い、と言えるかもしれませんね

韓国の高速鉄道KTXは事故の歴史の16年。安全意識が低い!熟練技術者がいない!これじゃ今後もKTXでは事故が続く予感!
韓国経済電脳紙芝居

韓国経済と政治、日韓、米韓、中韓のニュース解説

すべての動画はこちらのYoutubeチャンネルで
電脳紙芝居ワールドニュース

 

タイトルとURLをコピーしました