イスラエルとパレスチナの戦争が激化するワケ

新着
CREATOR: gd-jpeg v1.0 (using IJG JPEG v80), quality = 82
イスラエルパレスチナ戦争。イスラエル軍とパレスチナ解放戦線の領土と聖地エルサレムをめぐる終わらない戦争再燃。なぜ激烈な戦争が続くのかを解説!

イスラエル軍とパレスチナ解放戦線の終わらない戦争。

夜空にロケット弾が飛び、それを迎撃するミサイルの映像がニュースで流れた。パレスチナ武装戦線とイスラエルの戦争である。

イスラエルのミサイル防空システムアイアンドームは、10キロ内に接近した迎撃対象を90%の確率で破壊する全天候型対空ミサイルシステムです

イスラエルとパレスチナはなぜ何十年も戦争するのかについては、紀元前からのいざこざがある。直接的な原因は第二次大戦終了時にパレスチナに国連がイスラエル建国を認めたこと。ここにユダヤ教国とイスラム教国の妥協できない戦いが再燃する。

エルサレムは政治、歴史、宗教全ての面で、イスラエルとパレスチナの幅広い対立の中心に位置する。

旧市街の真ん中にある「神殿の丘」は、世界中のユダヤ人にとってユダヤ教の最も神聖とされる一方イスラム教徒にとっても大切な場所だ。

そこには古代のユダヤ神殿が置かれていたほか、「岩のドーム」とアルアクサ・モスクというイスラム教の2つの聖地が存在するからだ。

エルサレムはユダヤ教とイスラム教の聖地である。その聖地が他教徒に奪われることはイスラエルもパレスチナも絶対に許せない

パレスチナ人の住むところがなくなる

そしてイスラエルが1967年の中東戦争で東エルサレムを奪回したことを記念する「エルサレム・デー」だった今月10日、ハマスと武装組織「イスラム聖戦(PIJ)」はエルサレムと周辺地域に向けてロケット弾攻撃を行った。

これ以後戦闘は激しさを増し、パレスチナ武装組織側はテルアビブにロケット弾を打ち込む一方、イスラエルは数百回にわたってガザを空爆している。

10日以降、ガザ地区ではイスラエルの空爆委より10人の子供を含む30人以上が死亡、イスラエル側にも3人の死者が出た。

ハマスの軍事部門「エゼディン・アル・カッサム旅団」は、もしイスラエルがガザ地区の民間人が住む高層住宅を標的にし続けるならば、テルアビブに攻撃を仕掛けると計画した。一方のイスラエルも、地上部隊を投入すると、現地メディアは伝える。

ここ数週間、エルサレムでは暴力的な衝突がエスカレートしており、今回の激しい攻撃の応酬に発展した。エルサレムでは、イスラエルのユダヤ人とイスラム教徒のパレスチナ人との間で緊張が高まっている。

4月中旬以降、東エルサレムで夜間にパレスチナ人とイスラエル警察の衝突が起きた。

イスラエル警察側がパレスチナ人の集会を阻止するため旧市街の入り口の1つ、ダマスカス門にバリケードを設置して封鎖したためだ。

パレスチナ人はバリケードを集会の自由に対する制限措置とみなし、警察は秩序維持のために配置についていると主張した。

さらに緊張を高めたのは、エルサレムで暮らす複数のパレスチナ人家族の立ち退きを求められ、イスラエルの裁判所がユダヤ人の主張を支持する判決を下したことだった。

衝突は旧市街のアルアクサ・モスクがある地域にも拡大。この地域や旧市街近辺の衝突により、ここ数日で数百人のパレスチナ人が負傷している。

続きはyoutubeでイスラエルとパレスチナの終わらない戦争

イスラエルパレスチナ戦争。イスラエル軍とパレスチナ解放戦線の領土と聖地エルサレムをめぐる終わらない戦争再燃。なぜ激烈な戦争が続くのかを解説!
スポンサーリンク
新着
mimozacellenaをフォローする
韓国経済ウォッチ。紙芝居ニュースから
タイトルとURLをコピーしました